スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手意識の克服と反動

ここ最近「克服してきているのかな?」と感じてきているダウンヒル。

 以前が本当に下手過ぎて普通にすら走れないレベルでした。

・・・「ちょっとした進歩」がやたら大きく感じて、「凄い嬉しい」のである。
何故かっていうと・・・ 
自分にとっての「苦手意識」だったり「欠点だ」と強く思っていることなので、正直辛いのだ・・・。心のウエイトを占めるのです。欠点って。
走っていても下山があるとおもうと、気が重かったりして。
『私は上るから誰か下山してほしい』なんて思うくらいでした(笑)
(ふつーは逆なんだけどねぇ・・・)

なんでこうも「出来いない」のだろう。っていう意識が凄く掘り込まれていてその苦手意識が軽減されることって ものすごく嬉しい。
出来なかったことが出来ると嬉しいじゃないですか!!
考えてみるとヒルクライムのときもそうだったな。
坂を見るとうんざりで、皆で走りにいっても足をひっぱる。ひっぱるという気負いが大きかったな。それが少しずつ上れるようになってくると嬉しくてたまらなく、気が狂ったように上りにいったような・・・。
そんな単純なことなんですよね・・・。
だから苦手意識が強いほど「克服できる」とその反動って凄い大きいとおもう。元から出来ちゃう人よりね。

ダウンヒルについては 先々週にその異変に気づく。
いつもの奥武蔵での下山。
ミノールさんと差ほど離れることなく下山したのだ。
自分でもビックリした。ミノール氏も驚いていた。
「いつも」は、毎度 私の下山が遅すぎるので「何かあったんじゃないだろうか?」と心配をされ 上り返してくるパターンなのです。
以前だと手が疲れて一度とまって休むときがあったりしてさ。。。
なんだろう。よくわからなかった。
ただ下山したあと、「なんか私調子よくない?なんでこんなにスムーズに下れるんだろう」って思わずいっちゃった。

空気圧だろうか?
自転車自体が変わったからか?

半信半疑だったので また翌週になれば元の状態にもどるかもしれないな。と思っていた。

しかしこないだの、八ヶ岳の下山も比較的スムーズであった。
やっぱり以前にくらべたら 凄い違う
普通の人化してきているかな。。。そして下りが快適で気持ちいいと感じた。


バイク自体が相当 自分のポジションとあっている要因が大きいのだろう。じゃなきゃこんなに年月たっても克服されてなかったのは。。。。。

怖さが減った。
ブレーキのかける量が減ってきた。


とくに怖さが減った要因はでかい。
以前のバイクは「前のめりポジション」だったので「怖くてがちがちに体が硬直していた」のがだいぶ減ったのだ。
ハンドル操作も難しかった。
ステムはたったの5センチで操作性は悪いし、それに前傾が加われば怖いのは当たり前。
急坂になるほど怖さは増した。



下りが快適だな~っておもえるようになると、上るのがさらに楽しくなる。自転車自体がもっと好きになる。
根本的なことが出来ないと非常につらい。

もし本当に改善されてきたのなら 本当に何よりも嬉しい。
下山の快適さ、コーナリングの気持ちよさ。そんなのを全く知らなかったから。その感覚が快適楽しいって思えるのは別世界だ。私にとって。。。

だけど、、、私は 普通レベルになってきただけなので 少しずつテクニックが付いていくといいな。
まだ激下りやぼこぼこ道は 怖いですから・・・さすがに。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こつがつかめてきたのかもしれないですね。
あとはバイクが乗りやすいって言うのもあるかも。

私も、先日替えたフレームになったとたん、かなり普通の人に近く下れるようになりました。
(普通の人から見れば、“まだまだ”ですが)
ものすごくバイクが安定していて、今まで下ハン持って下っていたところが、ブラケット持って下れるようになりました。
ただ、私の場合は、バイクによっているところが多分にあるので、気を抜かず、今までと同じ程度のペースで下ることにしています(安全度が増したと考えています)。
油断大敵です! 下りは特に。
お互い気をつけて楽しみましょう。

No title

>>今まで下ハン持って下っていたところが、ブラケット持って下れるようになりました。

未だ、、、下をもてないのですよね。^^;
操作できないというか。でも練習ですね。
これから徐々に入れていくようにしてみよう。

確かに、、、私たちが走るところは、自転車専用道路ではないですし 常に細心の注意を払わなくては!!下山でこけて怪我して棒にふらないようきをつえましょう。
ちょっと、調子にのるときが一番キケンなのですよね。(車の運転も!)

MATSUさんバイク拝見できるの楽しみにしてまーす

No title

ゆこぱんださん、ちょっと失礼します。

MATSUさん
フレームを替えたとたんって・・・
新しいロードを買ったってことですか?

No title

ゆこさん、すみませんお借りします。

nobuさんへ。
フレームのみ替えました。
実は、都民の森TTで、2回連続昨年の平均タイムを3分縮める記録が出たもので、
いい気になって、フレームの物色を始めました。
フレームでもパワーアップして、一気に富士ヒルクライムで入賞を狙いに行こうと
たくらんだわけです。
ところが、裏目に出て、フレームを替えた途端どうも上手く回せなくなり
一気に3分ダウンしてしまいました。
(3分短縮が幻だったともいう)

といった具合で、完成車購入ではなく、“07モデルの中古フレームを購入”したわけです・・・。

No title

「この場をいくらでも借りちゃってくださいませ」(笑) 全然OKですよん♪

 matsuさんへ
なれるまでは やっぱ多少時間かかりますよね。
やっぱ以前と全然違うのだし(私にも言えること)
良いっ!っておもうけど ほんとに 一致するには何度ものって微調整するしないですよね。
しっくりくるまでには、、、試行錯誤?

私もちょっとパニックになりますもん。
MTB、以前バイク、今のバイク。
固定してのってないもんだから、ちょっと混乱するのですよぉー。どれがベストなのかも分からなくなるし。。。^^;
サドルもしょっちゅう変更してて、どれがいいのかまだ定まっておらず。

でも乗りやすいです!!!
しっくりくれば あっという間ですよね。

No title

久しぶりに読ませてもらっています。
自転車の下りって個人差が大きいですね。
上手い人と上手くない人の差が歴然、これは素人からホビーレーサーからトッププロまでのどのレベルでもありますね。
私はロード始めた頃は「真夏の下りは」好きでした。が峠や山方面を毎週末走ってた頃(あ~もう迷いなく過去形を選択)はどんな下りもあまり好きじゃなくなりました。
で5年ほど前に久々に新しいカーボンフレ-ムにはじめてのキシリウム(でしたよね、キシリトールがガム。何かこのへんも今やあまり興味薄なのですが)に代えたら、のぼりや平地は思ったほど差がなかったのですが、下りが楽しくなったこと。今でも覚えているのは、あの大垂水峠の相模湖側下りのゴツゴツでさえ心地よく思えたのでした。
今・・もちろん下りは好きではありませんし、平地は飽きるし、上り・・・昔は結構速かったはずですが。。。スキーしてても「下りが怖い」ので、時々我ながら??マークが浮かんだりします。何で楽しいはずののぼりにゴンドラ乗って、怖い下りだけ降りてるのでしょうか、なんて。
長くなりましたが、下りに関して言えば「機材とポジションがフィットする」ことが最大の楽しく早く下れる要因で、テクニックは一生(あまり)変わらないものですね。

No title

楽しく乗れる要因>>一番大事なところです。ちょっとした「不快」は重なると「苦痛」になったりするし・・・。サドルとかも合わないと「おでき」とか出来たりして、苦痛で乗っていることも楽しめなくなる。 1つ1つ掘り起こしていくと、ポジションの小さな大切さが よーやっとわかってきてます(遅い?笑)
メンタルでも同じこと。

なんか自転車を通して、考えさせられてわかったことが多いかなって思います。

くだり、未だ好きではないですけどでも、楽になるだけやはりさらに楽しめますねー♪

PS門さんの淡々と上る姿が思い起こされました(笑) なつかしー。

No title

MATSUさんの
<<<<油断大敵です!下りは特に。>>>>
というのはあのマツさんが書いているのでしょうか??
もしそうならそろそろ「油断」も限界に近いと思うので、早急にバイク修理をしたほうがいいかと思います。

No title

いえいえいえ。

matsuさんはmatsuさんでも、matsu先生の方です。。
なにせ合宿でもmatsuだらけで 頭がいたくなりそーですね。

合宿にいたmatsuは、「松くん」と「松茶さん」です。 
恐怖のバイクを持参してきたのは「松くん」のほうです。

今回、無事に帰宅できたので 幸いでしたが、、、 あのバイクのまま乗るのはもう100パーセントやめたほうがいいですよね。

合宿の時みなに言われていたので、さすがに 替えてくれるといいのですが。。。。。

No title

それは失礼しました、そしておおいに納得。
「松くん」「松茶さん」「MATSU先生」、今回ちゃんと学んだのですが・・。ゆこぱんさんが呼ぶときと、本人が書くときとの微妙な違いがあることを忘れてました。
「先生」とはなかなか自分ではつけないですよね。

No title

ちなみに・・・「なんくるないさ」というロードチームにもう一名matsuさんがいるのですよ・・・。

そのため、皆さん、混乱される模様です。。笑
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。