スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回ツールド八ヶ岳【レース参戦記】

前日の様子を見る
●レースがスタートする。

スタートは各カテゴリごとに 順番に数分おきのスタートである。
出走順は、男性のチャンピオンクラス、男性の各カテゴリ、女性のA・B・エリートクラス一斉、MTBクラス、ヘビー級クラス。
9時からスタートするものの女性クラスは9:18のスタートである。

 ***さぁ、レーススタートだぁ!***
やはり いつものごとくスタート直後に、早いメンバーが小さな集団が飛び出る形となる。人数は10人いないか程度か?
八ヶ岳のスタート後の斜度はゆるやかなほうなので、着いていくべきか?
しかし私にとっては 明らかにオーバーペースである。
よく考えて。今ここで飛ばしたらその先が持たない。
以前のなんくるのTTで、「度素人丸出しの最初から全力」をやったばかり。
そう思い、ある程度前方の方々は見送る形でのスタートとなった。
今の力ではついていけないどころか、途中でつぶれるのは間違いないのである・・・。
そうこうしているうちに 女性はあっという間にばらけ、数名がちらほらと・・・。
そしてあっという間に、なんとなく周辺が寂しい感じになってしまった・・・。
25kmのヒルクライムは やはり長いのであるが、黙々と走り今回はシッティングばかり。ダンシングを多様に使う私としては珍しい。
なぜか分からないが、シッティングのほうが踏める。
もしや?前日のクリート取替えやポジション合わせの影響だろうか?もしくは普段MTBばかりだからロードに慣れてない?(笑;)
かといって、そこまでポジションも「違和感もなく体調も万全」といったところである。
レースはいつ何度やってもきついもんは きつい。 
心拍をみれば190オーバー。 
その割にはいつもにくらべて息が荒くないので、心拍には余裕があるようだ。
はっきりいって レースでここまで息がゼーゼーいわないのはハジメテカモ。。
前半スタートで無理に突っ走らなかった成果であろうか?
そのうち前方の女性が数名落ちてきて、捕らえる また 捕らえる。
「落ち狩り作戦だ。」(爆)
 スタート直後から明らかに予想を遥かに越えるハイペースのままゴールまで進む女性もいるのだが、前半早すぎたのだろうと思われる女性は落ちてくる。
あまり誰がどうこうと意識して覚えてないのだが、とにかくダレずに走ること。
八千穂高原スキー場から5km手前くらいだろうか。
意識すると同じ女性が周辺にいることに気づいた。
私が無意識に抜かし、そのままついてきていたのであろうか。
しばらく走ると、私より3分後にスタートしたMTBの部で出場しているシノラーが私に追いついてきた。少々会話。
彼が私を抜かし、その彼を追う女性。そのままその女性に抜かされる形となった。
「これを逃しちゃならん!」と思い、私はその女性の後についた。
彼女のパワーある走りを追いかけながら。
そこで少々ペースアップ走行。
シノラー。続いて、知らぬ女性、私の3人で走る形になった。
しばらくするとシノラーのスピードが落ちてきたので、その知らない女性が先行する形に。、私とその女性の二人になり、周囲に落ちてきている男性をとっ捕まえては走る、捕まえては走るという形になっていた。
八千穂高原スキー場のあたりにきて、「私はもうそろそろゴールなのかしらぁ?」
なんて とんでもない勘違いをしながら彼女を追い抜いた。
スキー場あたりで15km地点だったらしいが・・・
その先は長いことは言うまでもない。
その後のゴール手前までの行程は、ずっと私が先行し、彼女が後方にいる形となった・・・。
たまに後ろを振り向けば、
いる。 まだいる。 まだいる。
常にいる・・

「視野から消えて欲しい”」というのは本音!・・・消えてくれません(もちろんちぎれて欲しいという意味ですが)
(まるで去年の塩原レースの再現???いや、塩原よりは私の心肺機能にはゆとりがあったし、切羽も全然詰まってはいなかった)
つまりこれって 最後までもつれるってわけ?と内心思いながら走る。早くきりたいなー。千切れてくれよーってかんじでした。
かといって自分的にペースを落とすということも出来ず、逆にペースをあげることも出来なかった。
これが今の現状。
そして いやな予感。そう、ゴールの手前で絶対しかけてくる。
って そんなのは、わかりきってるんだけどねぇ・・・笑。
そこでどう対応すべきか、私の選択はこのまま逃げ切るだった。
このままペースを落としたら、もう復活できないんじゃないかと思ったから。
結局、悪い予感はあたり、、、最後手前、2km??あるかないか?
彼女が全力で前にあがってきた。
きたよきたよきたよー。やっぱりーー!
彼女がダンシングでいくのでわたしもいこうとしたが、
でも私にの足には力は一切残っていなかった。
むしろ全く動かないのである。
気持ちではすごく追いかけたい、「こんなところで!悔しいという気持ち」。
だけど、
乳酸が全然除去できない、動かない。全然動かない・・・。

sDSCF0006.jpg

そんな気持ちとは裏腹に、やはり気持ちどおりに体は動かずおわってしまった・・。
自分自身でおどろおきました。
レース途中、仲間のたろこさんが山頂付近で応援してくれていたモータースポーツ
ありがとう。嬉しいよー。もうやだ~(悲しい顔)
 こんな苦しいところで やさしい応援コール揺れるハート
でもね、たろこさんがどの辺りにいたのか、私がレースの展開のどのあたりだったのか、
漠然としていて覚えていないのですよね・・・(笑)
山頂付近なのは分かってるんですけど。なんか広場のあたりだったかな。
その後、しばらく走るとゴール手前の広場では 先にゴールしていたミノールさんの声援。
そしてゴールをめがけ走り 無事ゴールをしたグッド(上向き矢印)
動かない足をなんとか動かしながら・・・。

今回は心拍よりも、ゴール手前数キロで足が終わってしまった。
八ヶ岳では 心拍Ave190程度をキープ、苦しくは無かった。
でも私に追いかける力は無く ゴールしてみれば2位とは1分弱も差があるから
全敗でごわす・・・ぅ。
いやはや~、こりゃー まだまだこれからですな~。!!
そしてココまで突き放す、ってこの2位の方の力。 凄いです。ぴかぴか(新しい)
きっといろいろ工夫してトレーニングしてきている そんな方々がレースに出場すれば山ほどいる
大会出るたびに、毎回毎回おもうんですよね~(笑)
人と比べるなんてキリがないし、人と争うことばかりに執着はしたくはないけど、でもこれは競技。そして悔しいとおもう気持ちがあってこそ。。(その方のレースに対する位置づけにより 当然、完走、順位、タイム違ってくるのは前提ですが)
そりゃ、いくら温厚の私でも 負ければ悔しいとおもう気持ちがあるのは当然。
かといって競争心をむき出しに出すようなことはしてませんが・・・。
そりゃどんなことでも 負けたら悔しいもんです!
競技する上で順位がつく以上、やはりそういう悔しさとか 次は!って思う気持ちが生まれるから、きりがなく大会に臨むってところがあるんですよね。
じゃなきゃ、レースなんて出場しないとおもうし・・・
不思議だよぉ~。

さて
2位との差。1分18秒。、、、どんな形であれ負けていたであろう力の差。&現実!なのであります。
ということで 八ヶ岳レースでは非常に良いレースが出来たと思います。
今シーズンそして「これから徐々に上げるには」 良いレースでした。
そして 肝心な!八ヶ岳の優勝者との差は2分11秒
これはけして今のタイムから、出せないタイムではない!!と思う所存。わーい(嬉しい顔)
良い目安として、これからバリバリ力をあげていきたい。
そう思った瞬間でした(笑)
なんかだか凄く前向きになれたレースでした。
少なくとも去年よりかは力はついてきているのは、自分でも実感している部分があるし、小さな進歩であろうとも嬉しい。
私なりに今までは無理だと思っていた表彰台にあがれるようになってきました。ぴかぴか(新しい)

そして仲間内のとどさんも見事 良い結果じゃないですか☆
最初完走すら出来るかどうか・・・なんて いってたけど、、、無事初のヒルクライムを終え、
それどころか来年は入賞を目指しても良いですね。
そしてミノールさんはおしくも8位。
ミノールさんの本番はJ。
こういった模擬レースに出場して調整。
いろいろ試して本番ですね!次回のJサポート徹底的に頑張りまぁすね手(グー)
 今回のレース結果は見事3位で滑り込みました☆
sDSCF0013.jpg

賞品は以下のような感じ。
手作りのお皿が入っていました。
わたしはこれ、せっかくなんで食材入れに使わせていただきます(飾りません!実用的に食器としてつかいまっせ)

sDSCF0014.jpg sDSCF0017.jpg

sDSCF0015.jpg

レースリザルト(1部掲載。残りは全部本家HPにアップします)

男性チャンピオンクラス
男性Dクラス

・ エリート女性

女性一般A

女性一般B

MTB男性

MTB女性

bicycle21cup(ヘビークラス)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レースお疲れ様でした。
やはり春の初レースは「ハァーハァー」してその負荷についていけませんねぇ。

ゲスト参加の竹谷さんもあのタイムですが恐らくまだまだ本調子ではないかとおもいます。

No title



ゆこさん2位 おめでとうございます!

写真みてびっくりです。まだ雪が残っているのですね。
順位が良くても、ゆこさんのなかで
、、、、 って思ったとことは、またきっと
バネにしますねー。 そういうコですから ゆこさんは。

ヒルクライムのレースで良いスタートきれましたね。
おつかれさまです。
次は、富士ヒルクライムですねー☆


No title

ゆこさん、ミノールさんお疲れ様でした。
パワー溢れる走りに刺激を受けましたよ~
ゆこさん本当に覚えていない??
私の応援した場所は、スキー場の手前200~300mくらいの所です。
橋のちょっと先。
あの後の麦草峠へ行く交通規制のあった道がキツイですね。これでもかって感じで坂が続いていましたね。
シーズンも始まったばっかり、どんどん調子を上げてテッペン目指して頑張ってください!!

No title

ゆこぱん
3位おめでとう・・・。

女子の場合は年齢が高い方が強いんだね。
一般Bの[なるしま-橋本さん]とは10分も差があるんだよ。
この前チーム練で甲武トンネルを越えたとき、なるしまチームが上野原側~甲武トンネルのヒルクライム練をやっていて、その中に戸井女史もいて男性に混じって軽くこなしていた。

だから目標は上を目指すということで『2分』短縮ではなく『10分』としましょう。
結果として『10分』が達成できなくても『2分』は達成できるかもね。
まず同年代の攻略、次は全世代の攻略かな。

ゆこぱんのライバル達もあちこちのレースで頑張っているよ。
むちゃはダメだけど、頑張って下さい。

No title

今シーズン初レースで3位おめでとう!!
天候にも恵まれて、仲間もいて楽しさ、苦しさが伝わってきました。
まだまだこれから。
色々と楽しみだね。お疲れ様!

No title

ミノールさん
 みのさんの本番はJだもの。どのレースにたいしても、ベストコンディションというのは難しい!本調子にもっていくのは メインとするレースで、ですね。これから連戦、大変だけど体壊さないようにいこう!
八ヶ岳のスペシャルゲストも今が調整時期なんですよね。もうJ1戦が目の前ですもんね。

トリコさんへ
酉子さん、応援ありがとうございます。嬉しいです☆ 今回のレース。ホント良いレースでした。 順位は抜きとしても、今回はなんだか冷静に乗れた気がするのです。
いつもただ、必死すぎて最初で使い切るレースペースを 少しは冷静に対処できたかなぁとか。
次回は富士ではありますが、八ヶ岳みたいな快晴だといいなぁ~。

たろこさんへ
 久しぶりにタロタロさんと会えてうれしかったなー。それにたろご両親にもあえて。感激!!!! たろご両親とご挨拶したとき、たろこさんが帰省したときに並ぶ 豪勢な料理があたまに浮かびました!!レース前なのに!!(爆)これは マジです。

うん。やっぱレース中ってどうも・・意識がもうろうとしてるようで、どこでどうだったとか 記憶があいまいなんですよね・・。
でもしっかり声がとどきましたぁ♪

No title

風さんへ
遅ればせながら 今シーズン第1戦をむかえました。そうそう!!そうなんですよね。Bカテゴリの強いこと強いこと!!
そうそう あのなる○の女性の方は、そりゃもう見るからに強さがつたわってきました。
当然ながらスタート直後に綺麗さっぱり姿がなく。。。。
そうですね!!
遠慮気味な発言でしたが気持ちは10分短縮。(というか意識はそちらにあるんですが、現実は非常にとおぃ~)
そりゃもう、そのタイムってすごい憧れ。
この世界になってくると 一皮どころか、4、5皮は大剥けする必要性ありですね。

珍さんへ
コメント39です!!ようやくシーズンインしたよー 早い人はもうとっくにレースに出場しているようだけど 遅ればせながら。
地道のこつこつ派なので、今後もその予定でゆくよ~ぉ~。
もちろん無理しない程度にね。

No title

お疲れ様でした。
3位入賞おめでとうございます!
でも、悔しさが伝わってきました。
このレースを糧にしてまた一段上に登って下さい。
“2分”なんて、頑張ればすぐですよ!
もっともっと上を狙っていきましょう!

No title

お疲れ様でした。
3位入賞おめでとう!
やっぱキンはすごいね~~~

オレも初めてのヒルクライムとしては自分では満足いく走りが出来ました。
天気も最高だったし、出場して良かったと思います。

今後については・・・
ヒルクライム引退?
自分のブログで決意表明? するかも。

No title

matsu先生へ
 Matsuさんは、何も言わなくとも、きちんと黙々ととれこなしてますね~必ずどこかで会うし!っということで、富士ではよろしくお願いします。
今回は(というかいつものことだけど)仲間内は少ないのですが、仲間の代表の気持ちでいく所存です(笑)

とどさんへ
お疲れ様ー なんでも最初は不安。すごくわかるよー ロングのトライアスロンもすごく怖かったし、ショートもはじめては不安だらけだったし、、、遠泳もおぼれるんじゃないかと不安だらけだったし。。
私も初のヒルクライムはすごく不安だったし。当初はトラの練習の一環でのヒルクライムだったけど 今では主体的になっているのでどうなるかって分からないものですねー。
村山トッシーさんも あんな強豪であのタイムはホントすごい~。
決意表明??前向きな決意表明を期待します~!

No title

んーー写真のフォーム、やっぱ 他の人とくらべると、むりがあるなぁ。。。
けっこうサドルの前にすわってこれか。。。
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。