スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第5回】富士ヒルクライム2008.6.1(2)レースレポート

レース当日 2008.6.1
http://www.fujihc.jp/

朝、雲が厚いものの、快晴になるらしい。
早朝はやはり寒い。着込んで会場近くの駐車場へむかう。
荷物を預けたりしていたら6時になった。そのままアップにむかう。
30分程、会場周辺を走った。
スタート地点へ戻ると人の山々。それはそうだ。参加者名簿を見ると参加人数が4700人となっており毎年増え続ける一方のレースである。
(実際は4300人完走?)
スタート地点で構えていたらYOU CANのNさんと遭遇(^^)
ずっとスタートを切るまでNさんと話をしていたので。緊張がほぐれたから良かったかな。

*** チャンピオンクラスのスタート2分後に「女子」が一斉にスタートをきる。****
スタート直後は計測地点までパレード走行。
 先頭スタートではあったものの 「計測地点までは急ぐ必要は無かろう」とマイペースに走る。
今年は明らかにスタート後のペースが遅かった。いつもなら そこそこなペースで トップ選手の方が計測する前から行くからだ。
そんな私は去年は付いていけず、後方からの追い上げ作戦となったわけだ。
ということで、今年は 周囲が特別前にでる気配もなく・・・
*** 計測地点を通過 ****
ここからペースをあげた。
前にいた数名を抜かしすぐにトップになる。それどころか後続が離れて単独で先頭をいくことになった・・・。
「飛ばしすぎなのだろうか?」
全速力なんてつもりは全然ない。(レース中はテンションが高くなるから自覚症状無しでハイペースになるというから…。)
数名は一緒に走ると思っただけに意外な展開である。
しばらく走り後ろをみると 後方の選手は見える。でも来ないといったところだろうか。
ヒルクラレースで初めての単独先頭の経験である。
先導車だけがしっかりと私についてきていた。
(併走されるんだ、知らなかった。)と 内心思いつつ・・・ 
そのまま一合目の標識を8確か)トップ通過したような?
当然このまま行かないことは分かっていた。
ひろみさんが来ないわけがなかろうが(笑)
前日に挨拶したときから悟っていた(笑)
『気持ちで負けてはいけない』と言うのは百も承知だが 私があえて意識していたのは彼女だけなので^^;
っということで、予想通りに、後方から彼女だけが凄い勢いで追い上げてきて、軽くパスされた。
さらに 先導者も一緒に前方に消えてゆく・・・。

先導者が見放して走り去る姿は・・・結構かなしいもんがあります、見捨てられた~っってかんじで。

しばらくは彼女の後ろ姿を見つつも ヤハリ数段の実力の差はあからさまであった。
そして「 優勝するってホントに凄いことだな」っと改めて思ったときでもあった。

それからの全行程は一人旅であった。
このまま行けば準優勝。
このまま行きたい
せめて・・・
前をおう気持ちはケシテ忘れずに持ちながらはしる
3号目あたりまでは この状態だったか?
しかし甘くは無い、さらに 女性に一名抜かされた。
必死に追いかける力がなかった・・・ いや 実力がない・・・
足が残って無いわけでもない・・・
『あのペースで走ることができない 』ただそれだけであった。
追い抜かされることは 鮮明に記憶が残る
自分が追い抜くことは あまり覚えてないのに・・・
そのまま3位で走行する。
その後は 後続ライバルがどれだけ追い上げてくるかだ。
しかし追い上げてくるメンバーは男性クラスばかりであった。

四号目過ぎたあたりから
私の周辺に女性がもう一名きているという認識ができた。
彼女(?)に抜かれたら 表彰台は消えてしまう。
どうしても3位をキープしたかった。
しかし その女性(?)は私を追い上げそのまま抜かして、山頂付近まで見える範囲にいたのだった。。
前方にみえるその方を 視野にいれつつ走るも追いつかない。追いつきそうになってもまた前へ行ってしまう。
く、くそー。
それでも追い付かず・・・

「山岳賞TTゾーン後の平地あたり? いや、ゴール手前の平地あたり」で はじめてタイムを意識した。
やばい このままではタイム更新ができない・・・

最後の坂を走り絞りゴール!!

タイムが1分近く落ち 落胆した・・・
『今まで 私はやった気になっていたのか』と・・・
課題と同時に 自転車をはじめて 『壁である時期』と捉えた。
停滞期というべきであろうか。
全ての競技に共通して存在し、 ダイエットでも存在する停滞期
でも受け入れて前に進もう。

s-DSC02078.jpg

ゴール後の五合目は快晴であった
色々な方々とおしゃべりをしていたら、長いこと山頂にいたんじゃないかと思う。時間がたつのは あっという間だった。

下山後 吉田うどんを食べていたら、MATSU先生が登場。
MATSUさんは入賞狙いだったのですが、やはり納得のいく結果ではなかった模様。
つづいてノブさん しばらくしてナガセさんも合流した。
マキシモで実業団登録したという T子さんとも久しぶりに挨拶をかわした。
そういえば 結構周りは実業団登録していくなあ と ふと思う。私も気持ちが据わったら してみたいような気がしなくもない。

ッとおもいつつ・・・

リザルトをみたら 『女子総合3位』であった。
今回のレース、自分の位置がよく分かっていたものの、4位だとばかり思っていたので・・・
つまり、抜かされたと思っていた女性のどちらかが「男性」だったってことだろうか?
男性なのに女性と勘違いしたようだ。


結果論としては表彰台に入れたのは嬉しい。
だけど去年の自分に負けたのは悔しい。
少しでも 昔の自分を越えられたら 表彰台の気持ちもかわるだろうに。そう思ったのでした。

また挑戦していきたい。

表彰へ続く・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆこぱんさん、3位入賞おめでとうございます!!今朝、月曜日の山梨日日新聞を見て、女子3位にゆこぱんさんが入賞しているのを見つけました。
もうヒルクライム入賞の常連ですね。入賞するといろいろな賞品ももらえるし、メンバー、調子によっては優勝も狙える位置なので、楽しい時期でないでしょうか?!
次のレースも優勝目指して頑張って下さい。

No title

なんと、途中まで先導車を従えていたんですね。
さすが、姫!

画像活用いただきありがとうございます。
かじっている写真も是非!

No title

お疲れ様でした。
&入賞おめでとうございます。

私は、情けない・・・。
入賞を狙うなど、大きな事を言っていたわりには、全く思った走りが出来ませんでした。
入賞できなかった悔しさ、タイム更新が出来なかった悔しさ、もありますが、「思った通りの走りが
全く出来なかった事」が一番悔しいです。
理由は、なんとなくわかってきました。

お互い、ここを乗り越えて、ワンランク上へ行きましょう。
ゆこさんは、表彰台の真ん中へ、私は入賞圏内へ、来年リベンジしましょう!

No title

☆もっち様
ありがとうございます!
〔山梨新聞〕に掲載されてるのですね~。
ビックイベントがおわってしまいましたが、引き続き、ランクアップを目指して ちょー遅咲きになろうとも、続けていこうとおもいます♪
乗鞍お会いできるのを楽しみにしています!


☆nobu様
画像ありがとうございます!早速つかいました~。 
ではでは、「かじっている写真」も恥ずかしながら ちっこく掲載します(笑)

>今後とも「姫」でよろしゅう(笑)
> あ。来年も宿お願いしますm( )m

☆Matsu 様

理由がわかったこと>大きな収穫ではないでしょうか。失敗なくして成功なしとげられず? ってかんじかなぁ。
色々失敗があったほうが人間、豊かになっていいかと思います♪

お互い次もがんばりましょうね
よろしくお願いしますー。


No title

またまた入賞おめでとうー!
しかもポディウム!!
タイムが去年を上回れなかったのは条件が悪かったとか。
バトルする時間が少なかったとか、向かい風が多かったとか、金星とか月の影響で重力が大きかったとか・・・
タイムの伸び率悪い人、今回多くないっすかね。

No title

天気が良くて良かったですな
3位ですか!
おめでとうございます!!!
これから上に上がるのがとても難しいですが、ご自分が納得できるよう、尚一層の精進を期待してマッスル!

お邪魔様!

No title

★スケ殿
天候状況により確かにタイム差はかわってきますね。スケ殿のいうとおり、レース後選手と話をしていたら「タイムが落ちている人」は多かったように思えます。

だけど やっぱソンナ中でもタイム更新してる人はしているので・・
それに私のタイムだと まだ伸ばせる範囲だとおもっているし・・・

殻を打ち破りたいナァ~。


★奥武蔵爺殿
2週間前の爺殿主催のレースのお陰で、そのまま(月末時期なのにもかかわらず)体調を崩すことなく もってこれました。
やっぱ あのタイミングでのレースはベリグットでした♪
一味パワーも 拍車をかけて力となっているのかも♪

そして、爺殿のおっしゃるとおおりで、こっからですね。。。
ここが結構分かれ道だったりするのかも(笑)


気長にやっていこうーっておもっていますー。

No title

表彰台さすがです!お疲れ様でした。ゆこぱんさんに付いていくつもりが、スタート直後のスピード、「あれには付いて行けん…」と後ろから眺めてしまいました。フレームもまだ替えたばかりですし、検討事項も多いのでは?お互い上を目指して積み重ねていきましょう!(^^)!

No title

お疲れ様でした!
 レース環境 体調によってかわりますよね
ちなみに平地基調は全然駄目なことが私の場合わかりました^^; 私は八ヶ岳ではベスト更新したものの 機材をかえても早くならないこと実体を証明してしまったかも^^;
確かに導入してから半年たってないですし これから徐々にバイクを生かしていければいいなあ~と思います(^_^)
お互いまたはしりにいきましょうね(^_^)
いつも良い刺激をもらっています!

うまく折り合いつけて
やっていくしかないですよね(^^)
次のレースも宜しくお願いいたしますm(__)m
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。