スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼休みコラム(細胞再生・研究)

昨日、確か・・・哲也さんがやっていたニュースの特集番組は 
人間の体の各器官の臓器再生現場、研究の場がテーマだった。
受精後、細胞が分裂を繰り返し1つ1つの細胞が、臓器になり、血管になり、神経をつかさどるものになり、体の隅々の部分を形成していくのだが、
受精後のまもない細胞(幹細胞)は、「まだ体のどの機能になるかも決まっていない状態の細胞」の研究が進んでいる。
その幹細胞の状態を利用し、体の再生したい部分の細胞にするという研究。
驚いた。
そんな受精後まもない細胞を使って、・・・医療と研究と進化具合に。
細胞研究する際に利用する「幹細胞」は 日本では「不妊治療での受精卵のみ」を使用しているとのこと。
当然、「人になる可能性がある細胞」を使う。
明らかに・・  自然の摂理に反している。
研究する際にはつねに「幹細胞は もしかしたら人を形成していく可能性があったかもしれない」というのを
頭にいれて研究しているとのこと。

研究により技術が進めば、
細胞の臓器再生利用により、命を救われる人もたくさんでる。
大やけどをしても、皮膚の一部の細胞を利用し、細胞を培養することにより
自分の皮膚が再生。
皮膚移植が可能。

生命力、、細胞たった1つから人が生まれることは神秘的。
しかしその遺伝子を また人により操作できてしまうという 非摂理的な現状も怖い。

参考資料:http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/bio_ES.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。