スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ中の突然死

ふと、ヤフーニュースをチェックしていると飛びついた記事は以下

トライアスロン出場の63歳男性、競泳中に突然死・・・

 (続きの記事は文末の「続きを読むをクリック」してください)

そう、佐渡トライアスロンで起こった事故である
去年私は佐渡ロングに出場したこともあり過酷なレースなことは私自身が身をもって体験はしている。
 今年は出なかったにせよ、他人事ではない。
どんな競技にせよありえることだし 良く耳にすること
突然起こる事故をどう事前に自ら把握するべきか。
無理しない・体調管理 等々・・当たり前のことではあるのだが、見極めは難しい
「今日は心拍があがらないから体調不良だ。じゃぁレースやめよう」ってわけにもいかない。多少の風邪だったら出ている。大会だからこそ多少無理することすらある。寝不足だって出たりする。
この日のためにと思えばなおさらであろう。
ただ、こういうケースはレースだけじゃなく普段の練習時でも良く耳にする死亡事故だ。

突然死詳細
以下を読む限り、ひとまず生活習慣・ストレス等改善して、健康的な生活をして普段からきをつけよう。ってことだなぁ・・。

http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000369.html

■突然死って?

「ううっ!」と痛みを感じ、様態が急変してしまう。ある日突然のごとくやってくる死。
事故や自殺などの外因性の原因がなく、それまでまったく病気がないか、あっても安定した状態にありすぐに悪化する気配がなかったのに、突然病気が発症して24時間以内に死んでしまう場合」を突然死と呼んでいる。とくに、発病から1時間以内に亡くなってしまったケースを「瞬間死」ということもある。

突然死を起こす直接の原因の約半数は心臓。残りは脳(くも膜下出血や脳内出血、脳梗塞など)や呼吸器系に原因があると言われている。

実際に突然死した人の実態を把握するのはとても難しい。なぜなら、突然死というのが死亡の原因ではなく、死に方の問題だからだ。ただ、突然死する人は意外に多く、亡くなる人の5人に1人が病気を発症して24時間以内に亡くなっているとも言われている。

■突然死はどんな状況で起こるのか

予防医学の専門家・川村孝氏(京都大学保健管理センター長)らが、愛知県内の勤労者男女約20万人を対象に、1989年から7年間にわたって調査した中に、突然死した264人のデータがある。


● 40代、50代が最も多い
● 女性より男性のほうが約2倍の確率で起こる
● 月別にみると4月が多い(平均的な月に比べて1.62倍)
● ウィークデーに比べて日曜日は1.9倍、土曜日が1.36倍と、週末に起こるケースが多い
● 深夜から未明にかけて起こることが多く、午前0時から3時は、午前9時から12時の1.71倍の確率
● 死因は、心臓血管系が半数以上。原因がわかっているものでは、急性心筋梗塞が最も多いが、8割方が原因不明で、心不全である(正確に言えば、心不全は死因ではなく、心臓が機能しなくなって停止したということ)
● 勤務中に突然死する確率は2割弱、勤務外が8割強。その内訳は、睡眠中が20%、入浴中が5%、用便中が5%と、自宅で倒れる確率が多い




このデータによると40代・50代の働き盛りの男性が突然死してしまったケースが目立つ。
また、 4月や週末に多いのは、おそらく職場や家庭の環境の変化などが精神的・肉体的ストレスとなっていることも原因ではないかと考えられている。
トライアスロン出場の63歳男性、競泳中に突然死

 3日午前7時10分ごろ、新潟県佐渡市河原田本町の佐和田海水浴場で、「2006佐渡国際トライアスロン大会」に出場していた男性(63)が、約350メートル沖の海上に浮いているのを大会監視員が見つけて監視船に引き上げた。

 病院に運ばれたが死亡した。佐渡西署によると、死因は心臓性の突然死。

 大会は佐渡市などで作る実行委員会が主催。庄子さんは、競泳2キロ、自転車105キロ、マラソン20キロを競う部門に出場していた。

 大会事務局によると、○さんが大会前に提出した健康に関する質問書では、特に異常は認められなかったという。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>40代、50代が最も多い
>女性より男性のほうが約2倍の確率で起こる

なんてこった、俺って突然死の確率大ってこと!?
でもね・・

職場・・・仕事は適当にやる。
家庭・・・家事手伝わされ、それなりにやる。

ってことで精神的・肉体的ストレスは皆無だね。

今は自転車だけ、一生懸命頑張るよ。
事故さえ注意すれば長生きできるかなぁ。

No title

>今は自転車だけ、一生懸命頑張るよ。
そうですね。あとは人生にとってつけたオマケみたいなもんですねぇ。おもちゃの缶詰とあまりかわらないですね。
でも突然死怖いな。

No title

みっくん
今日偶然、はにわ会No.04を見つけました。
スドーマンことS藤大輔さんです。

片っ端から声を掛ければ 365人のうち一人の確率でヒットしますね。
ちなみに『おもちゃの缶詰』なんか魅力が薄れた気がする。
もう大人なんだから『大人のおもちゃ』が良かったりして!

さあ、いつ死んでも良いように明日も朝練だ~。

No title

昨日車中のラジオでこのニュースの事知って驚いたよ!
確かに少しの体調不良だとレースを棄権したりしないし。。。難しいよね。。
普段練習してる人がなってしまうのだから。
とにかく無理をしないこと。睡眠をきちんと取る、とか最低限のことが大切なのかな。。

No title

風さん
うっはーーー!!はにわ会員!!
わぉ!!!なとまた身近な方が!!
びっくりだね!みのーるさん♪

そうそう。健康目的ではじめたスポーツであっても 命を落とすこともあるので注意をはらいたいよね。
逆効果なこともたくさんあるだろうし。
とくに年齢とともに、いろいろ人間ドックなどの精密検査はするべきだとおもうよ。
会社の健康診断なんて、あまりに甘すぎて驚くよー
身長、体重、視力、問診、尿検査だけだものー
血液すらとってくれんよ。うちの会社。
30以上になったら婦人検診がプラスされるのかなぁ。
ひとまずお金を捻出してでも、受けた方が得策かもですね。この検査じゃ。

vusnqjyjjh@gmail.com

nike ランニングシューズ
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。