スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名の知れぬ林道!探検隊はゆく!

本日も快晴。あったかい一日となりました。
今日は、最強チームへ便乗(笑)
正直、このチームと一緒に走るっておもうだけで、朝からまるでレース前みたいに 心臓がドキドキ。緊張気味でお腹すらゆるくなります。
でも、みなさん親切でチームワークがあって有難い。

今日は半原越えして、宮がセ→名も知らない林道経由でヤビツへ。
いやー!!サバイバルチックで楽しかった!!!!
特に名も知らない林道は、落ち葉、ガレキ、石、気を許さないシクロのようなルート。
お陰で、みんなサイクリングペース!! 思った以上に標高をあげて車も通らないルートにドキドキわくわく。紅葉が真っ盛りでしたが、気も抜けないしで、どこへどう行くのか・・・皆わからないしで、おもしろかったです(笑)

本日のメンバーは15人くらい。圧巻!
何が一番つらいかって・・・峠の麓にたどりつくまでの平地の早さがつらい。
心臓バクバク。息はゼーハー。。。。
尾根幹で切れそう。。。切れ掛かるとミノール氏が背中を押してくれたりして、なんとか付いていける感じ(笑)ありがとう。ミノールさん、、今後も、、よろしく。。。。
途中、パンク者が発生したりして、ゆっくりコンビに休憩が出来た。
仲間がパンクすると数名がヘルプにまわって、残りは先にいって休憩ポイントで待ち。
要所要所でのフットワークが素晴らしい。

そのまま半原を越えるということでヒルクライム開始。
斜度が結構ある!!!おおーーーー これはスゴイ。
「先が長いから、無理して走らないように」って言われてるにもかかわらず、つい、、焦って、のってしまう。 心拍190をキープしつつ、こなれてくるとリズムがつかめていい感じで、たんたんと 上れた。(たぶん)さほど、先着者を待たせることなく登頂。
残りの数名も無事登頂を待ってからの下山。
一山こえたぞー!!
さて、宮がセ麓に出て、ここから「名の知れぬ林道」へ。
「通行止め」の看板があり、しっかりと柵で道が閉鎖されてるんだけど・・・汗。
通行止めの柵を一人一人くぐる。。。通行止め突破。
車がこなくて快適だねー。といいたいところだけど・・・ 
道は、、、落ち葉のじゅうたん状態。
口々に「これって、すべるんじゃないの?」とか「このルート一人じゃ行きたくないね」といいつつ、団体一同、発進。
これが思った以上に積算標高を稼ぐ林道であった。
道が陥没してたり、石が浮いてたり、落ち葉じゅうたんですごかったり。。。
気を配りながらのサイクリング。
「石ー! 穴ー! 石ー! 落石ー!」とか 呼びかけが途切れることはなかった。。。笑
でも、なんか探検してるみたいで楽しい。。。
これがなかなか長い林道でなかなか終わらず。
そして、これが(確か)山頂の様子。
いや、山頂だと思ったら、しばらく下山したらまた上り返したりした林道であった。
▼ ホッと上り終えた図 ▼

2010112812230000.jpg

下山時は注意しながら。
そりゃー怖くて、慎重にならざるを得ないわな。。
ヤビツ峠へ到着。
みんな、心身疲れたのか? もうこのままパスして下山しよう。となって、ダウンヒル。
途中、落車が出てしまったけど大事に至らなくて良かった。
ヤビツの下山はやっぱ怖い。。
車やバイクがひっきりなし。
そういう意味でヤビツは好きではない峠の1つで、自分ひとりなら選択しない峠の1つでもあります。あと道志も好きじゃない。。(要は車が多いのは嫌。)
昨日、立ち寄った広場で休憩を取りつつ、帰路へ。
今日は、いろいろあって、思った以上にさくっと終わったけど、全体的なペースが上がるだけで こんなにもきついいんだなぁ とつくづく感じる。
おんなじルートであっても 別次元に感じる。。。。
しばらく暖かい時期が続いてほしい。
やっぱり私は 平地より、山にいきたいな。。。。。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

唐沢林道ですね。
・・・大きな(高い)橋を渡ってゲートを抜けて裏ヤビツへ行く道に合流ではなかったですか?
結構好きな林道なのですが、一人で走るのはリスキーですよね。
特にこの季節、落ち葉で石が見えなかったり、熊も怖いし・・・。
最近走ってないなぁ。サイクリングペースなら林道だけ一緒に走りたかった(笑)。
ちなみに、この林道たま~にトライアルバイク(単車)が走っている事があります。
ご注意を。

ゆこさんがナルシマさんの練習に参加するようになって、行き先を拝見していると、私のサイクリングコースがほとんどです(私はサイクリングですけど)。
強度さえ高くなければ一緒に走りたいなぁ、なんて思って最近“練習ブログ”を見るのが楽しみです(笑)。
頑張ってください!

No title

ヤビツは裏へ下ったの?
確かに裏の下りは怖いですね。
ブラインドコーナー多いし、路面も悪いし車も来るし。
でも、雰囲気はサイクリングなので、結構好きな道です。
裏から登って表へ抜けるコースがサイクリングとしては走りやすくていいですね。
裏も、札掛あたりからはグッと斜度が増してヒルクライムっぽいし・・・。
これから冬場は、奥多摩でなくヤビツに行くので今度一緒に行きましょう!
(真冬でも走れる本格的な峠ですから)

No title

やびつって斜度が、、ゆるい(笑)えへ★
でも緩いの得意です。笑
ただ、あまりに緩すぎて。。。。(奥武蔵メインにしてると、そう思ってしまう。。。)
裏より表のほうが練習になりますよね。
雰囲気は裏ですが、やっぱ どうかんがえてもサイクリングにしては車が多すぎてダメだぁ。
とおもってしまう。この頃。でも、関東近辺では代表する峠ですね♪

チームではしるからこそ 自分で得られない強度が得られると考えると 利点があります。
単独だといくらでも気が抜けるので、
ゆるりと走りたいときは、単独がいいなぁ。とおもったりします。
自分に甘いので、こういう機会って大切だなっておもいましたです★

No title

えっ!?
ヤビツの斜度がゆるい??
う~ん、それはずいぶんパワーが増したって事でしょうか・・・。

表?裏?
表は蓑毛の直線きついよね?
その後も、ダレたらスピード乗らないし、菜の花台からもそれなりに斜度があって結構難しい峠だと思うのだけど。
裏は確かに札掛まではゆるいけど、そこから上はきついよね?

・・・私がぬるいのか・・・ヤバイ、この冬はヤビツで走りこまないと(汗)

No title

ヤビツは裏のことを言ってました(^-^)bちなみに 今回ヤビツ自体が数年ぶりかも(^-^ゞそのくらい行ってないから エラソウなことは 言えません(笑)m(__)m
表はくだっただけだからなあ。こないだは
裏に関していえば最後の最後がきついですよね?
10分はなかったような…
こないだは いっぱいいっぱいで斜度の記憶がありません(笑)

しかし どうやって早く上るコツを得られるかな。
ポイントをつかみたいです(*^-')b

No title

ヤビツといえば 自転車にノリタテの頃 まだ ロードを持っていない時期に水泳メンバーで行きました。懐かしい峠です。
たしかマチノリマウンテンでいきましたが 誰よりも遅く 半ば半泣きで走りました。
最初の上りで あるいたかもしれません。懐かしい

あの当時はヤビツは難所で とにかく 大イベント。
ちなみに マチノリマウンテンを買って初めてスポーツ車で のぼった坂は 地元のイロハ坂(短いのぼり)
あれだけでもフラフラで つらい思いが 嘘のようです(* ̄O ̄)ノ
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。