スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お城のような病院

今日は、定期健診で休暇。
歯医者と婦人科がん検診だ。

後者の検診は、2年に1度いくのだが、
地元の病院に行っており、母親が以前、その先生の手術を受けている(名医)で その方のところへ行っている。年齢はすでに70越えしているが とても健康的な先生だ。
もとは大学病院で?定年後、腕をかわれて呼ばれて今のところに週3、4回きているようだ。現在も現役で、手術もしている。

ここの病院は・・・病院ではない。

まるで欧風の城のようだ。

入ると、高い天井に、大きな大きなシャンデリアが2つ。
1つ1つの家財が、高級。
床は大理石。
グランドピアノが構えている。
高級ソファーが並ぶ。
受付は、まるで ホテルかなにかの受付嬢のようだ。


一瞬、私は何しにきたのかと思う・・・
ここは病院なのか?と半信半疑になるくらいだ。

またここは完全予約制。
当然ながら値段も 通常の病院より高い。




そう。
ここの病院のメインは 末期患者のホスピタル。
残りの時間を過ごしていく上で、患者の要望を優先し
治療がメインではない。
いかに自然に、病院と感じさせない。。
病室も、きっと ものすごい広く、優雅になっているのだろう。
(自然というのは、豪華すぎてある意味、違和感があるから 自然というには・・・とは、思うが。。。)



私は、、 ただ訪れた、一度の検診者にすぎないけれど・・・。
この美しさの裏側を考えると、。ふと、考えさせられる。
この城のようなつくりは、消して自然ではないけれど、
緑に囲まれた環境、
いかにも病院ではない環境。
なにか、この異次元の空間が、落ち着くような、覚悟するような・・・
なんとも言えない感じ。。。


待ち時間のときに、違和感を覚えながらも腰をおろし、
なんだか、ほっと ソファーでくつろいていた自分もいた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。