スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツールド美ヶ原に行ってきました!PART1

2009.6.27

ツールド美ヶ原に行ってきた。
去年は大雨により中止となったこの大会。
今年は暑すぎず寒すぎずレース天候は申し分無しでした。
実はこのレースの参加については ギリギリまで検討して、〆きり日にエントリーしました。
富士山も終わり、さぁ次はどうするか?という気持ちになったのが一番の要因。テンションもあがり調子も戻りつつありといった感じ。
シーズンインして、前半の不調、レース以外にも色々チャレンジすることもあり、なかなか春先まではレースにウエイトを置くことが出来ず。そして別にレースだけが自転車じゃないんだし!っていう考えあり。そもそもレースしか頭にない人は??いかがなものか?
全ての生活がかねあっての、1つの事柄なのだし。
と常々思うのでありまして、
けど、出るからには懸命にやろう!という気持ちも反面、冷静にいこう!(この冷静というのが 結構難しい!)という気持ちもあり。

さて、先ずは結論から言うと、今回もだいぶ従来どおりに戻っているかんじはしてたんだけどぉ、。。。
でもタイムは結構おちたのよねー。3分落ちてるんですよネェ。汗。。
でも、ヒルクラの身体で得る感覚は去年より 筋肉の使い方がわかってきたような感触があるのですよぉ。
でも、、タイムには繋がらない感じ
全体的なタイムも思わしくないのか・・・、4位に入賞
入賞できることダケでも嬉しいことよぉ~~☆。

さて話は戻って、会場いりは夕方。
人の出入りも少なくなってきている会場でブースをみたり、ゲキザカ手前まで何度も何度も試走したり…してました。

うつくし20091.JPG

試走している時に 地元の男の子らしき子が途中でいて、 私が彼の前を横切ると

「お またきた~」

「頑張ってください」

とか、横切るたびに声をかけてくれたのは嬉しい。ありがとうぅ。
それにしても、まだレースの前日だというのに「ゲキザカポイント」にパトカーがいて現場検証をしていたが・・・、事故をおこしたようだが・・・。あそこは、交通規制されていなければ、物凄く交通量もあるし、激坂でスピードも出るしで・・一番リスクがある箇所だとおもうが・・・。
特に酷い事故でもなんでも無さそうに見えましたが・・・。

さてブースでは久しぶりに買い物をしてしまった。
サングラスを購入!!

うつくし2009.JPG
こないだ通販でOGKグラスを購入したばかりだったのだが、鼻の微調整まで出来てフィット感が良くて 「これは欲しい!!」と勢いよく購入しちゃいました(^.^)
レースではグラス無しで参戦したものの 昨日使ってみたら、やはりなかなか良い☆ミ
こうでなくっちゃあ~

そんなこんなで買い物を済ませ、ビジネスホテルへ
その前に夕食なのだが、なかなか良いレストランが見つからなくて探すのに苦労しちゃいましたね・・・。
なんか手ごろなレストランってないんでしょうか?
ガストでご飯を済ませて、前夜を過ごしたのでした。
スポンサーサイト

ツールドフランス別府選手も!

別府がツールドフランス出場決定
ニュースでやってたああ

びっくり
おめでとう

新城選手
別府選手

応援してます
頑張って!

【ツールド美ヶ原】表彰式の様子

2009062814000001.jpg

2009062813230000.jpg

おめでとうございます!!

無事開催
無事終了

【ツールド美ヶ原】ミノールゴールシーン&ゆこぱん収容車にて下山する

200906280956.3gp


ミノールゴールシーン
リアル速報
もしかして逆さまかな?(笑)

ゆこぱんゴール後に
腹痛におそわれ体調不良に陥る
はじめて下山で収容車をつかわせてもらいました
今までこんなこと一度もなかったのに(T_T)
レース中にお腹こわした模様で…ゴール後には…
ぴーぴー(涙)

正露丸とはるカイロとタオルとビニールでお腹をあたため中です。

今後はこんなこと無いようにしたいなあ…


ちなみに今日の気候はレースコンディションとしてはベストだったです!
暑くなく寒くなくでした(^.^)

お城のような病院

今日は、定期健診で休暇。
歯医者と婦人科がん検診だ。

後者の検診は、2年に1度いくのだが、
地元の病院に行っており、母親が以前、その先生の手術を受けている(名医)で その方のところへ行っている。年齢はすでに70越えしているが とても健康的な先生だ。
もとは大学病院で?定年後、腕をかわれて呼ばれて今のところに週3、4回きているようだ。現在も現役で、手術もしている。

ここの病院は・・・病院ではない。

まるで欧風の城のようだ。

入ると、高い天井に、大きな大きなシャンデリアが2つ。
1つ1つの家財が、高級。
床は大理石。
グランドピアノが構えている。
高級ソファーが並ぶ。
受付は、まるで ホテルかなにかの受付嬢のようだ。


一瞬、私は何しにきたのかと思う・・・
ここは病院なのか?と半信半疑になるくらいだ。

またここは完全予約制。
当然ながら値段も 通常の病院より高い。




そう。
ここの病院のメインは 末期患者のホスピタル。
残りの時間を過ごしていく上で、患者の要望を優先し
治療がメインではない。
いかに自然に、病院と感じさせない。。
病室も、きっと ものすごい広く、優雅になっているのだろう。
(自然というのは、豪華すぎてある意味、違和感があるから 自然というには・・・とは、思うが。。。)



私は、、 ただ訪れた、一度の検診者にすぎないけれど・・・。
この美しさの裏側を考えると、。ふと、考えさせられる。
この城のようなつくりは、消して自然ではないけれど、
緑に囲まれた環境、
いかにも病院ではない環境。
なにか、この異次元の空間が、落ち着くような、覚悟するような・・・
なんとも言えない感じ。。。


待ち時間のときに、違和感を覚えながらも腰をおろし、
なんだか、ほっと ソファーでくつろいていた自分もいた。

ipod shuffle

2009062423020000.jpg

1か月ほど前にクレジットポイントカードで交換した商品が、ようやっと届きましたぁ!!!!待ちに待ったぜぃ。
http://yukopanda.seesaa.net/article/120376608.html

そう、見ての通りのipodshuffle 4GB

ちっこーぃ。すぐ紛失してしまいそうなほど、小さいっす・・・。

2009062422480000.jpg
2009062422530000.jpg
2009062422550000.jpg


操作はイヤホン部分。
使い勝手は、正直、悪そう・・・。と、、
一見した感想だったりします。
でも、どうせ交換するのだったらこの手のものと!!

まだ使ってないので、本当のところの使い勝手はわからないのですが、楽しみです。
ちなみに充電はUSBでPCから すればOKってところです。

詳細はipod HPにて↓
http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/features.html

意識改善を試みる

image/2009-06-24T07:56:271

最近改めて自分自身で意識的に気を付けようと思っていることがあります。
ストレスの元?を溜め込まず または自分の中だけで消化していこうとせず、(支障の無いように)問題があると思ったことについては、ハッキリ言っていくようにしよう。ということ。
更に噛み砕くと、言いづらいこと(→場の雰囲気を壊すかもとか)
不快になる点 改善して欲しい点 そういう相手に指摘事項を入れるということ。
また立場や状況によっては言えないことも多々あるだろうとは思うけど 伝えられるレベルであれば、
自分の中だけで考えるだけではなく、言わなきゃな。と 意識するようになりました。
これは性格的な要素を占めたりするから
まずは意識的にやらないといけません
以前は受け身的になりすぎたのか?我慢し過ぎて(いわゆる、場の雰囲気を壊さないようにしようとして) 結果としては 相手に対して×レベルまで達してしまいました
そうならない為には、自分から発することが大事
言わないのも罪
と考えるようになりました。
いまはその教訓がいかされています
とくに会社人としては、馬が合わなくてもやっていかなきゃいけないから大変!メリハリつけて爽やかサクサクやってきたい身としては…(笑)
人間関係おもて上はうまくやっていかなきゃならないことが多々あるので、なかなか、親しく無いほど言うのは難しいのですけどね…
例えば 上司に対して不平不満があるなら 言いづらいけど 要望としてうまく言い方を変えて伝えるだけでだいぶ違うのではないかと思うんです!
ただ文句や愚痴だけでは下手したら陰口だけになるし、言わなきゃ伝わらないんだな~と思ったり。
このさじ加減が難しいですが…
もちろん 何でも思うことを口にするのは子供と一緒なので、発言方法や言うべきことは かなり形を変えて伝えるのは必須。
あとは相手次第ですね~
プラス マイナスどちらで取るか本人の力量だし

まっ
なんにせよ 言うだけ言ってかわらなきゃ~それ以上はどうしようもない…
って感じですがね(^^;

そうなれば極力できるなら
接点のない状況をつくりあげ、自分自身の気持ちをまずは保護してあげるべきですね(笑)


PS
 昨夜は久しぶりにお腹を壊し 冷や汗がダラダラ。で!
ビオフェルミンを飲んで30秒くらいで効果発揮!
本当ビックリしちゃいましたー

続きを読む

渋谷っ子スズメ

渋谷の公園で、食べ物をパクパクと食べていたら、
その「食べかす」を狙うがごとく、スズメがやってきた。

こちらの様子を伺いながら チラチラと。
しっかり人間観察しているぞ。
「ちら見」しながら、何気なくこちらに近づいているぞ。

 私が抱く「スズメのイメージ」って、人間が近づいたら「とっさに逃げる」ってイメージ。
慣れなれしいイメージはないけど・・・。
でも昔話だと、人間にすりよって、糊を食べてしまうからなぁ~。
昔から人懐こいのか?!
すばしっこくて、チョコチョコと せわしなく、ちっちゃな鳥。

 ところがねぇ、渋谷のスズメは、物怖じしない・・・。
様子を見ながら ちょろちょろと近づいてくるでねぇの!
それも、あっち、ふらふら、こっちふらふら~、。
足元に落ちている、食べかすを・・・
口に頬張って、無我夢中ってかんじ・・・。
ちら見しながらも、食いつく鳥・・・。(なんとも滑稽だ)


2009062218340000.jpg

2009062218290000.jpg


まるで 鳩のように・・・、
人間様慣れしたスズメたちは、

さすが 渋谷っ子 やな~ぁ!!!!!

っと思った瞬間なのでした。

鉄ちゃんでは無いけど…

2009062110290001.jpg
2009062110290000.jpg

これこれこれぇ~
前はなしてた 高級チックな電車~(笑)

もう 見慣れたけど 最初は驚いたのさ~。
そういえばある日乗り継ぎで ボックス席の新型車両が来たときがあって
周りにいた高校生の男の子が 『おおー!やった~やった~!』って
そりゃもう無邪気に喜んでいたのが微笑ましかったです!
あんなにも、キャーキャ~喜ぶ高校生をみたことが最近なかったし(^^;





誰もいなかったから写真とってみました~(^.^)

続きを読む

【いと楽し】合宿3日目

前回の続き
 http://yukopanda.seesaa.net/article/121692825.html

3day 
2009061509140000.jpg

 あっという間の最終日。お天気に恵まれた日々でした。
ここで皆とも解散。
NGSさんは体調も良くないので自転車には乗らず、そのまま帰路へ。
お~っと、その前に予約していた焼きたてパンを取りに、パン屋へ立ち寄る!!
これは、あっという間に昼前に二人で消化してしまった。
このパンは絶品!
サイズも大きいし、お値段も高いけれど、それだけの価値は十分にある自然派のパンだ。
2009061511040001.jpg

我々はその後は2本ほどヒルクライムをして3時半の電車で帰路へ。
電車のたびもあっという間。
楽しいひと時はつかの間というが、このことを言うのだな~。

東京に到着すると天気が思わしくない・・・
私の地元は夜になってからザンザン降り。
なんともタイミングよく、私達を避けて降ってくれるのがありがたや。

いやはや、なんとも風情な時期はあっという間。
これから夏は 突然の雨や雷に悩まされるのかも。
あとは蚊だ。
そんな現実を噛み締めながら、今宵もぐっすりと寝るのであった。


それにしても次は
 ・・・7月の連休と 11連休の夏休みが待ち遠しい。笑

駐輪トラブル

ここ最近、駐輪トラブルが・・。
ちょっとしたトラブルでも ヒヤッとする。汗。

いまって、徹底的に路駐自転車を取り締まっているから 自転車だらけの駅前とかって見かけなくなった。
ちょっと止めたりすると撤去とかもザラだろうし?
そういえば、3か月ほどくらい前に駐輪の定期利用の申し込みを出していたのに・・あれから一切音沙汰なし!!これでいいのか???
まぁ駐輪場使用もお金が絡むことなので私も、返答がくるまでまってよーって そんなかんじで動いてなかったとはいえ、こうも全く返答がないってなるとねー(怒り状態になりますわ)
耐えかねて、駐輪管理委託先へ電話してみた。
なんとまぁ、話してみると、
わざとらしい弁解というかなんというか・・・
絶対放置プレイされていた。ってかんじぃ。
「タイヤは太いですか?」と聞かれたり、「タイヤが太いと入らないから、駐輪の空きを待ってました」「女性は上の段だと大変なので~したが空くのをまってました」とか 色々。
で、
「じゃー実際のところいつになるのか?」と聞いてみたら、
「空いてるからすぐ対応できる」だと・・・(ぉぃぉぃ)


結論からいいますと・・・

3分の2以上空いている、ガランとした駐輪場で・・・
空きもなにもないだろーーーー!!!

って思いましたよ・・・・(笑)

で、駐輪ネタでちょっと調べた見たんだけど、すごいね。川崎。中原地区。 駐輪の待ち、9年後だってさ~ぁ(ぉぃおぃ・・・)
びっくらだよー。
確かに、人口の多い神奈川県!!
住みたい地区ナンバー1は横浜だっけか?
でも ここまでくれば鬼ってかんじよね。。。駐輪場で9年って・・・
なんだか住みやすい地区とはいえ、いろいろな意味で激戦区ってなってくると、恩恵うけられるものも受けられないんじゃないかって・・・
色々な、施設や市のシステムも、混んじゃっていて、大変そうなイメージがあるよ。幼児施設もなかなか入れないって聞いた気がするし・・・


____________________________
以下、記事抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000000-kana-l14
駐輪場も渋滞中! 定期利用9年待ちも/川崎 再開発進む武蔵小杉駅周辺
6月3日1時0分配信 カナロコ

 再開発が進み人口が急増している川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺では、駐輪場不足が深刻化している。駅から近い市営駐輪場では、定期利用が「9年待ち」の事態まで発生。自転車利用者からは「放置自転車が撤去されることもあるが、まずは駐輪場整備を進めてほしい」といった声が上がっており、市は周辺の駐輪場増設を急いでいる。

 同区の人口は5月1日現在で22万8253人と、5年前に比べ約2万2千人増加している。中でも周辺でマンション開発が盛んに行われている武蔵小杉駅は、東急東横線・目黒線、JR南武線が走り、交通の利便性も高いことから各方面から自転車で同駅を利用する人が多い。

 同市自転車対策室によると、駅周辺には民営を含め駐輪場が10カ所あり、収容台数は約4千台。3カ月単位で利用できる定期利用は早い場所でも順番が回ってくるまでに数カ月かかるという。

 駅に近い駐輪場は、定期利用の順番待ちに1年以上かかり、中でも南武線の駅に最も近い駐輪場では、2000年3月に申し込んだ人が、約9年後の今年2月に順番が回ってきたといった”順番待ち渋滞”が慢性化。現在も100人以上が順番を待っており、いつになるかは分からないという。

 駐輪場の管理事務所の職員は「『順番が来ました』と電話で連絡しようにも、既に引っ越してつながらなかったり、申し込んだことすら忘れていたりする人が多い」とぽつり。

 「9年待ち」の駐輪場を通勤のため、定期ではなく「一日利用」で連日使っている中原区の男性会社員(31)は「2年ほど前に定期利用を申し込んだら『かなり先になる』と言われてあきらめた。でも9年かかるとはびっくり」とあきれた表情で話していた。

 小杉駅周辺では放置自転車の問題も深刻化しており、昨年6月の市の調査では、1629台が放置されていた。

 来年にはJR横須賀線新駅が開設されるなど、自転車利用者の一層の増加が予想されるほか、再開発に伴い今後廃止される駐輪場もある。このため、同対策室は「再開発による人口増加も考えて駐輪場を整備していく」としており、13年度までに周辺に4カ所の駐輪場(計約2800台収容予定)を新設、1カ所を改築(約100台増設)する計画だ。 最終更新:6月3日1時0分

【いと楽し】合宿2日目

合宿2日目

2日目になると大半の方々が解散となるので、集合写真を撮る。
毎年、バタバタとしていて 全員での写真を撮り忘れるので 今回は撮影が出来て良かった。
その後、それぞれの目的により 一部解散となる。
アウトレットへ行く者、ゆっくりしてから帰路へ向かうもの。
そして、我々自転車組みは1日ガッツリと走る! 今日も覚悟でレッツゴー。
コースは去年、門さんが案内してくれた快適7Hコース(?)に決定であります。
でも、細々したルートを覚えていないので・・・さて上手くいけるかな?
道中、ミノールさんが開拓した「農道」を使い、スペシャル裏道コースじゃぁ~~。うひゃー。

さて、今回のメンバーは ミノール、N中さん、NGSさん、西G、NOBUさん、納さん、シールさん ゆこぱん。
総勢8名。
納さん・シールさんは、清里まで一緒に行き そこから離脱して「山梨市」まで自走し、電車で帰路に着くとのこと。
山梨市で美味しいウナギとお酒が待っているとか!!食べてみたい。その絶品のウナギというモノを。ジュルリ。
納さん・シールさんは「疲れている」とは言いつつも、その疲れとやらが出ていないように見えました!
道順が上手く思い出せず、清里までは余計にダウンし アップで上りを稼ぐことに。
でも、その分たくさん走れた!ということで 良しとしましょうかね(笑)
走るだけ走ったら清里へ到着!!
お昼に買出しとおもっていた、美味しいパン屋は、道に迷ってしまいすぎてしまったのでPASS
清里のパン屋へ立ち寄って、ここでランチタイム。
そして、ここでシールさん、納さんとは解散。
NGSさんが風邪っぴきで体調が悪い。。。。
清里を出てしばらくしてから、NGRさん離脱して一足先に宿へ戻ることに。
5人で信州峠を目指す。
信州峠の山頂まで攻めたら、同じ道を引き返すことに。(つまり またアップダウンを稼ぐ)
そこでNOBUさんが、「野辺山」方面へ下山し、帰路へ着くということで、離脱。
気づけば半分の人数で走っていることに。
最後の最後もキツイ上りがあるので、余力を残して走りましょう!ということで、
無理しすぎないペースで淡々と走ることに。
涼しい季候もあってか、めずらしく私自身はパワーが残っており、足も比較的元気。1日目より動くといったかんじだ。
この戻り返しの勾配もなかなかキツイ。行きより難易度アップ。
「久しぶりに走った」という西G・・・。
久しぶりでココまで走れるって十分凄いと思いますが・・・(汗)
さすが、毎年、佐渡トラ出ているだけあるよ~~。ベースが違う。ベースが!!
力を絞りきるように走る走る。
勾配のキツイところもクリアし、ようやく清里へ引き返す。

道中、何度か「元さん」からメールがきた。
元さんは、ウルトラマラソンを専門にしている方で、今回の合宿は「ラン」オンリーできた。
1日目は、山々ランし、2日目は宿を起点にして、戻っては走ってを繰り返している様子だった。
その為、元さんは随時、状況連絡をメールでくれた。
「雷が鳴ってるよ。雨が降ってるよ。雲行きが怪しいよ」etc。
その頂いた情報とは裏腹に、信州峠も、清里も天気快適であった。
こんなにも山の天気というのは違うものなのか!!
 清里ではソフトクリームを食べた。
15時ごろに 『離脱した「NGSさん」が無事 戻ってきました!』と元さんからメールが入った(笑)
あとはNOBUさんが無事ついたかどうか、メールが来るのを待つのみだ。
 しっかり清里で補給をし、最後の上りをめがけて走る。
なんだかんだで2時間近くは掛かるであろう帰り道である。
宿に近づくにつれ、雨の後がくっきりと水溜りになって残っていたり、路面が濡れている。
なんともタイミングがよく、全く降られずに済んだ。
とっても気持ちよく走れました。

無事7時間ほどの(休憩含む)行程を終え すっかり夕方に。
N中さんとNOBUさんは本日帰宅するので、しっかり走った後に解散ということで、無事帰宅できて安心!

2日目の宿泊メンバーは一気に7人に減少し、アットホームに宴会。
盛り上がった楽しい宴会になった。
西Gファミリーの愛ちゃんとは 実は私は初顔合わせ。
2年前は、パパだけこの合宿に参加していて、出産祝いをしたのですよね~。
あれから2年たって 愛ちゃんも参加してくれて嬉しいわ!
、これまた愛ちゃんがよく食べる元気な子で、
いや~~ これぞ 生命の源!すくすく成長を見た!ってかんじ致しました。
そんなこんなで また1日有意義に過ごせたのでした。

【いと楽し】合宿1日目

1day

 梅雨入りしたけど嘘みたいに快適な天気で過ごす。
かっこよく言えば「合宿」だけど『色々アリ』の楽しいイベント的にやってます。
ガチガチじゃないからいいんっすよね。だからいろんな方が参加できるのだし♪
そして、常連の水泳部メンバーも参加してくれて、盛り上がりました。
毎年楽しみにして参加してくれているからとっても嬉しいです。
また 企画したいなーっとおもうし、自分自身も最高に楽しいなと思うのであります。
今回、新たなメンバーが増えて総勢20名の参加となりました! 盛り上がること間違いなし!
自転車、山ラン、観光の目的も色々で、参加者のうちファミリーは2組も。
交流会はBBQで楽しかったナ。

ゆこぱんの1日目の現地入りは「牛さん」の車に便乗!!
牛さんは 自転車は乗らないと思うのだけど巻き込む形で一緒に現地入りしました。
お出迎えは、7時。そこから橋本でN中さんを拾い、渋滞の中央道を走り、現地は大幅に遅れた10時半入りといったところ。
現地には既に、ミノールさん、nobuさん、NGSさん、Yファミリーも到着していた!
なんだかんだで 11時過ぎた頃に自転車に乗ることになってしまったのだが・・・
今回は 「レース入賞常連者の女子」も1名参加していたので
めちゃめちゃ刺激になったのでした。良い刺激になりやした。ありがとう御座います。
お陰でmax状態でヒーヒー言いながらHCをし、まるで先週の富士HCを再現しているかのような心拍の上がり具合。
「1日目がコレで、この先はどうなってしまうのか?」と過ったが、『これぞ合宿!!』ってかんじで いと楽し☆
標高差900mのヒルクライムを2本ほどし、それから自走で400mあがったので1日目からまずまずの負荷であった。

さぁあ、宿に戻ってからはバタバタと忙しい。
集金したり、買出ししたり、せわしなかった気がする。
(でも慣れてるし、たいしたことでもない)
皆も色々サポートしてくれるし、率先的に動いてくれるのだからありがたい。

今日のメインイベントと言っても過言でもないBBQ。
買出しをしたビールの総数64本も消費できてしまったので凄い。
宿で用意していただいた食材だけでは足りないとおもって買出しした
冷凍チャーハン(確か6袋)と、甘鮭の切り身(6切れ?) イカ、ウィンナー。
どれも選択は良かったものの、量が多すぎて食べきれず・・・。
食材が余ってしまったので次回は気をつけねば。
でも、食べても食べても食べるものがあるっていうのも嬉しいけど・・・(笑)
大勢で火を囲み、ワイワイとするのってホント楽しいのね~。
久しくそんなことやってなかった気がするのよ・・・
やっぱいいなぁこのイベント。
ずっと続けたいな~。って思ったのでした。
そんな中、皆で交流を深めていただいた後、お腹も一杯になり、そろそろお開きかな?!となるところで
「ビックリサプライズ登場!!」

珍&(旦那さん)黒ゴマさんの結婚祝いの2段ケーキが登場!!!!
小さなブーケは「あいちゃん(2歳)」から手渡しされて、ホッっと、あったかい気持ちになる瞬間。
おめでたいったら~ぁ ありゃしない。
ってことで、大きなケーキとろうそくで、お祝いをしてBBQを〆たのでした。

その後はゆっくりまったりと室内で宴会の続きをし、無事1日が終わったのでした。

※写真等はHPに掲載します!

続きを読む

合宿お疲れさまでした(^.^)

2009061420280000.jpg 

2009061412100001.jpg 2009061412110000.jpg

2009061514580000.jpg 2009061513060001.jpg


今年も無事 合宿(内容は色々→自転車、山ラン、観光など)を終えることができました。

20名の参加者の皆さんお疲れさまでした(^.^)
とても楽しく 天候にも恵まれ、ヘロヘロになるまで走ることもでき 沢山のんで食べて、私自身も大満足です。
またアットホームなこじんまり形式でやってきますので 参加してください~


参加された皆々様には後程今後の開催について&感想についてアンケートさせていただきます

今回写真を一枚もとってないから、撮られた方は画像をください~
ホームページに掲載します(^-^ゞ


ブログで簡単ながらの挨拶でした(笑)

とりあえず携帯画像はっつけときやす(^O^)

痩せ<肥満

スリムバティになりたい あたし。
そんなアタシが目を引いた記事は↓(文末)これ。
ありゃ~ぁ。
デブより痩せのほうが「キケン」だとさ。
アタシ、上半身の骨格が元々がっちりしてるので、いつでも ガッツリ体型。 キャシャーンッ体型は遠いわねぇ~。


以下の図が発生する
     
長生き  痩せ<肥満

医療費  痩せ<肥満




__________

『やっぱり「ちょい太」、やせ形より7年長生き…厚労省調査』http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090610-00000616-yom-sci

40歳時点の体格によってその後の余命に大きな差があり、太り気味の人が最も長命であることが、厚生労働省の研究班(研究代表者=辻一郎東北大教授)の大規模調査で分かった。

 最も短命なのはやせた人で、太り気味の人より6~7歳早く死ぬという、衝撃的な結果になった。「メタボ」対策が世の中を席巻する中、行きすぎたダイエットにも警鐘を鳴らすものといえそうだ。

 研究では、宮城県内の40歳以上の住民約5万人を対象に12年間、健康状態などを調査した。過去の体格も調べ、体の太さの指標となるBMI(ボディー・マス・インデックス)ごとに40歳時点の平均余命を分析した結果、普通体重(BMIが18・5以上25未満)が男性39・94年、女性47・97年なのに対し、太り気味(同25以上30未満)は男性が41・64年、女性が48・05年と長命だった。しかし、さらに太って「肥満」(同30以上)に分類された人は男性が39・41年、女性が46・02年だった。

 一方、やせた人(同18・5未満)は男性34・54年、女性41・79年にとどまった。病気でやせている例などを統計から排除しても傾向は変わらなかった。やせた人に喫煙者が多いほか、やせていると感染症にかかりやすいという説もあり、様々な原因が考えられるという。

 体格と寿命の因果関係は、はっきり分かっていない。このため、太り気味の人が長命という今回の結果について、研究を担当した東北大の栗山進一准教授は「無理に太れば寿命が延びるというものではない」とくぎを刺す。

 同じ研究で、医療費の負担は太っているほど重くなることも分かった。肥満の人が40歳以降にかかる医療費の総額は男性が平均1521万円、女性が同1860万円。どちらもやせた人の1・3倍かかっていたという。太っていると、生活習慣病などで治療が長期にわたる例が多く、高額な医療費がかかる脳卒中などを発症する頻度も高い可能性があるという。 最終更新:6月10日14時32分

_________

続きを読む

第6回富士ヒルクライム【リザルト&レース画像】

とうとう梅雨入り。
週末から山篭りに入るので、どうか晴れますよ~に。小雨
____________________

熱が冷めぬうちに、富士ヒルクラの画像をアップします手(チョキ)
(欲しい方は購入をしてくださいませ→all sportsで)
そしてランネットにも掲載されてます!!手(グー)
記録証が発行されます~。↓こんな感じ(PDFにて)わーい(嬉しい顔)

2009kiroku.JPG


とりあえず、宿でご一緒させていただいたメンバーのみ、ブログに掲載。(削除してほしかったら言ってください)

ゆこぱん、フォームが(これでも)改善されているような?
☆これでも意識してたし、上半身が疲れなかった☆
でもまだ、何か違う?
去年、ミノール氏から借りたMTBの時のフォームのほうがサマになってるんだよね~なんか。
http://yukopanda.seesaa.net/article/107936304.html

2008年fuji↓

2008FUJI_yukopan2.JPG 2008FUJI_yukopan1.JPG

2009年fuji↓

2009FUJI_YUKO9.JPG 2009FUJI_YUKO3.JPG

2009FUJI_YUKO1.JPG 2009FUJI_YUKO6.JPG

わ、わからんか。。。撮影の角度によっては色々見えるし。。

そしてご一緒した皆さんの画像。左斜め下

matsuさん
2009FUJI_mastu2.JPG 2009FUJI_mastu1.JPG

nobuさん
2009FUJI_nobu2.JPG 2009FUJI_nobu1.JPG

mizumachiさん
2009FUJI_mizu1.JPG 2009FUJI_mizu2.JPG

tomokoさん
2009FUJI_TOMO.JPG


ざっと こんなところかなっ。
ネット配信で、どんどん即時にアップされるのが凄いなって思います。リザルトも、下山して携帯でアクセスしたら・・・すぐ分かったし・・・。素晴らしい。

________

大会当日の記録は携帯電話でキャッチ!(2009/5/30)
携帯電話にインターネット機能があれば誰でも検索が可能。
情報はリアルタイムで更新されるため、レース後に自分の
タイムと順位を確認することができる!
今からhttp://cycle.powertag.jpをお気に入りフォルダに登録だ!

________

第6回富士ヒルクライム【調子挽回中↑】

__________________________

開催日 2009年6月7日(日)快晴、壮大な富士山が顔を出す
__________________________


富士ヒルクライムに今年も参加してきました。6年連続の6回目。
だけど、年々寂しくなる景品に賞品。エントリー費8千円もかかってるのに、寂しいナァ~。
今までトラ、マラソンと色々なレースに出ていて地元全体が盛り上がって オプションも贅沢楽しめる大会ばかりだったので、
この手のレースが一番「恩恵」が少ないナァと・・・前から思いつつも 参加している一人なのであります。
あーせめて エントリー費を・・・下げてほしいナァ。
_________

レース前日は、地元で久しぶりにアップ。
多摩川→連光寺→若葉台あたりを走る。
一緒に道中を共にさせていただいたのは、watercityさん。海外での仕事も一段落して、本人も本当に久しぶりのrace。
久しぶりの再会であり、久しぶりにご一緒するのであった。
会場入りしたのはpm4:30。
サササっと、受付手続きを済ませて、軽くブースを見て回り、知り合いにあえるかな?っておもったけど 意外にあわなかった。
急遽、tomokoさんと宿を一緒にする予定になっていたので、tomokoさんとうまく連絡を取り合って会場で合流。
宿に到着するとmatsuさん、nobuさんも、既に部屋で万全と待機していた。
年に一度のこのレース。かなりのマンモス大会になってしまい、今年からは参加するのにも抽選。さらには参加人数5千人という規模…。
ん~~~。1回目から出場している私には…だいぶ代わり映えしたなぁぁと。。。昔なんて当日エントリーもあったのになっ。
去年はラッキーなことに総合3位に入ったので、パンフレットに歴代としての名前が入った。これは嬉しい。(人生にそう私の場合は何度も無いことだしぃ)
1ヵ月半前の八ヶ岳HCから、どれだけ「調子が戻ってきただろうか」 また「10分落ち」というタイムを出さないだろうか。
と頭に過りつつも、3週間前の「ツールド奥武蔵」のイメージだけを考えるよう、前向きに全てを考えた。
たとえ雨でも どんとこい!!っていう、気持ちであったし 雨については差ほど気にしてなかった。
いつもの宿に、tomokoさんもいたので、気を楽に、楽しく前夜を過ごすことができた。
宿手配していただいたnobu氏にも感謝です。
_________

レース当日は快晴。窓から壮大な富士山。心が現れる。
毎年のことながら、アップタイミングと荷物の受け渡しタイミングが難しいと感じていたこともあって、今年は自走で会場入りすることを決めた。これは大正解だったかと。
このくらいの距離なんて「なんてことはない・・・」
むしろ「もっと走りたい」くらいな距離である。走ること20分もかからないで会場についてしまった。
無意識のうちに張り詰めた心の緊張があるので、朝起きて準備をしているときから心拍は90の心拍数。
スタートまでは荷物を預けて、トイレにいったりとウロウロ。
スタート待機位置で、笹夫妻と遭遇!!
ビックリ!!。
富士hcの会場で会えるとは思ってもいなかった!、いや~こうやって 会えるのは嬉しい。気さくだし、お話できるとホッと良い刺激を受けられる。アクティブなご夫婦にいつも良い刺激を頂いている。
最近の状況報告とかで気が和む。
Jの会場で見る強い女性と、こういうレースで一緒に走ることが出来るのは刺激的で私的には嬉しい!。

_________

女子スタート7:03
前方位置をからスタートし、矢沢氏、中込氏、ひろみさん、笹さん、強豪揃いを射程内に収めながらのスタート。
んまぁ~、刺激的~。
最初5分はパレード走行。
無意識の緊張もあって心拍はあがるあがる~。
えーーー!!抑えているのに180突破!?! 
ちょいまっち!!しょっぱなからマズイかもぉ~と思いつつ、スタート計測地まで。
近くにはtomokoさんが走る。気合はムンムン。
結局は、しょっぱなから、10人ちかく前方にいかれ追いつかない感じ。
前を進むhiromiさん と みっつんさん。
遠めから前方を見た感じ、hiromiさんの勢いが圧倒的に凄いとは分かっていたものの、そのままゴールをトップで突っ走るのは予想外でした(笑)
かたや、みっつんさんは調子が物凄く悪そう。
Jの厳しい連戦に立て続けでは、そう富士にベストを持っていけるわけも無いと思うが。そもそも連戦する自体が凄いなぁとビックリしちゃう。
まだコナイダノ泥沼レースが忘れられないのに。。。(@-@)
優勝者の、謙虚ながらも物凄い強い意志が伝わってきましたね。じゃないとはっきりいって勝てませんから。
さてレース展開は、序盤から、笹さんも追い抜いていき、ここからどこまで挽回がきくのだろうか、走るだけ走ろうといったかんじ。
心拍は190以下に一向に下がることが無い 稀に無い高心拍…。どうしてしまったんだワシ?
ヒーヒーヒーヒーいいながらも、私は後半のほうが落ち着いてきて調子が安定してくる傾向があるので30分、45分 60分となるほうが、体が落ち着いてくる。
なんとか先に行かれた人たちを数人追い抜く。4人くらいか?
毎年恒例の太鼓も、良い感じ。アレがあると気分が盛り上がって、頑張る気力が沸くものねっ。
ゴールの手前の平地付近でも1名(たぶん女性)を抜く。
女性のレースは、だいたい単独HC。周囲のターゲットを見つけて 徐々に徐々に追いつく努力をする。
このあたりで追い抜いても、追い抜かされるのかも…と苦しいながらも冷や冷や…しながら抜く。自分自身が一杯一杯だからだ。
平地の流れでうまく早さをキープしつつ、最後の上りもヘロヘロになりながらゴールする。
ホントに苦しい。
やっぱりレースは苦しいものだなと。改めて思う。
八ヶ岳のときは苦しささえ実感もなく、苦しくもならずに終わってしまったけど、今回は苦しかった。
暫く、息遣いが収まらないので落ち着かせてから山頂で少しゆっくりとした。富士山頂の天気はご機嫌がとてもよく快適であった。
(家に帰宅しても たびたび、痰がからみ咳でむせ返っているほどの久々の肺の負荷だった)
どうも酸欠状態に少々なっていたようで、帰宅後は少し頭痛と眠気に襲われた。

結果は、去年より1分もtimeは落ちてしまい、ベスト23分からは落ちまくりなものの、
調子は少なくとも1ヵ月半前より上がってきており、正直安堵感のほうが強かった。
よかった。戻ってきている~。!!!!
よーっしゃ、こうなってくれば あとは、ドンドン調子を上げてくのみだぜ!!!!!
今年こそbest!落ちるだけ落ちてから、仕切りなおしスタートしてるのだから、きっと グングンいく予感!!!
そんな前向きな気持ちで望みたい所存。

富士山壮大!【am4時半】

2009060704320000.jpg

おはようございます

連日の天気の崩れがうそのように晴れてくれました!
スタートはam7:03

ヒルクラ早すぎ( ̄▽ ̄;)

久しぶりに見た!電車中の強烈な女!!

2009060118260000.jpg

電車内って そりゃまあ色々な人が乗ってはいるけれど、久々に見た!

→ 『こいつ何?』って唖然とさせる 若い女!!!こえー
これはブログに書かずにはいられません→陰気臭くて

今朝の女性専用車両にて。
たまたま中央の座席に座っていた女性の近辺に私は立っておりました。
彼女は20台半ばくらいに見え、みのこなしも年代そのもので一見は普通の女性。
しばらくして彼女の異変に気付いた私

なんだか『舌打ち』している!

えっ?電車内で『舌打ち?』

様子を探ってみると…どうやら斜め前の女子高生の持っている傘が 彼女の膝にかすっているようだ。

確かに濡れた傘が足にかするのは気分が良くないのはわかるが、某私鉄の混雑を考えれば、かするくらい しかたないだろー!!
女子高生はもちろん故意ではないし、気付いてはいないようで むしろ眠そうにうとうと状態。

OLの『舌打ち女性』は それからも悪態をついており、舌打ちは増えるばかり→30回はしていた!
ガンツケ(にらみ)が怖い!
一見 可愛い女の子?とは裏腹で 腹黒い?
ものすごくガンツケており、これが若い女性のすることか?
更に、わざとひざあたりを大袈裟に払ってみたり カバンを膝の上でバンバンと叩きつけるように置いてみたり

そんだけ悪態つくなら
軽く口で言えば済むことじゃあないの???

心中 こういう女性って、きっと異姓の前や友人の前なら、こんな態度見せなくて、変なところで悪態つくのか もしくは 日常茶飯事なのか?なんだか色々考えちゃった。


そんなこんなで、悪態女性を見るまでは週末のレースのことを考えていたのに…すっかり 頭が切り替わり、彼女の態度に注目することに┐('~`;)┌

終点新宿につくと、舌打ち連発&にらみから 一変し
突然、折り畳み傘をとりだして開きはじめ、彼女の目の前でバサバサ。→+にらみも!
更に、電車から乗客がおりはじめると、彼女はすごい形相で女子高生を追いかける!!
怖い
一体何をするつもり?

私も追いかけてみようとしたが、あまりの新宿の人混みに巻き込まれ退散。

いや~
若い女性がすることではないし、打撃
すごかったなあ
そして陰気だよ~
どうしたら ああなってしまうのか。知りたい気がしますね…


朝から気分の悪い光景をみたので、画像だけは気持ちよく夕焼けを掲載します(^^)/

J1富士見パノラマ【XCエキスパート動画編】

開催日:2009年5月31日 11時スタート
天候 :雨 泥コンディション
(とりあえず、ざっと映した細切れ動画を単純につなげて配信します)




J1富士見パノラマ【XCエリート動画】


開催日:2009年5月31日 14時スタート(曇→雨) 
    ドロドロコンディションにて


エリート2周目、駐車場目の前のコースにて撮影。




つづいて、エキパは6分の動画(長い)ので
アップに時間がかかります。また後日。

J1富士見パノラマ【XCレポート編】

今回のJレースは雨の中の「泥んこレース」だった・・・。
サポートの私ですら、あまりの降り方に・・・車内から出るのがオックウになるほどだった。
さて、今シーズンのJは長野開催が多く、来月もパノラマ。さらに9月もパノラマである。怪我の無いようにチャレンジしていきましょう。

土曜日10時に現地入り。
自宅を朝6時に出発した時は、冷たい雨が降る。寒い。
早朝に「相棒ルビー」を抱えながら電車に乗り込み、甲府から車に乗り換えて現地へ到着。
なんとまぁ、雲の合間から青い空が見渡せるほど、良い感じで雨が上がっている!!
どうやら昨日までは凄く降っていたらしいので、タイミングが良い。
午前中はシッカリとパノラマ山頂まで自分自身が走る。。感じは悪くないしキモチィィ~~。
PANORAMA_J11.JPG
標高1600mを越えるとだいぶ霧がかかり始め、山頂手前になると雨が降り出した。
山の天気は変わりやすいので直ぐに下山を開始する。
1時間半ほどのヒルクライムを終えて、スキー場レストランで昼食を取る。スキー場レストランで残念なのは、去年から、レストランのサラダバーがなくなってしまい、ボリュームも激減してしまったのがショックだ・・・。以前はランチメニュー、食べごたえがあったのだが。
ランチ後はレース会場にいる選手達と話をしたりで
なんだかんだであっという間に3時近くになってしまう…。
雲行きが怪しくなってきて、雨がポチポチと降り出した。パノラマ山頂は黒い雲がどっしり。
パノラマに対面する反対側の山々は明るい。
「これは ここにいてはやばいぞ!」と思い、走り足りない私は、自走で宿に向かうことに。
本格的に降られてしまっては悲惨なので、逃げるようにして宿へ向かう。
ザーッとふり出した雨は、私の向かう方向の雨雲から離れる形になるので、幸いにして、本格的に降られることも無く逃げ切ることができたのだった。
そんな形で、そこそこ走ることが出来て満足である。
PANORAMA_J1.JPG

宿に到着し、雨雲がスポット的に宿のところだけ掛かっていなくて、日差しがあたる。
周囲は雨雲だらけなので、いつ降ってきてもおかしくない。
直ぐにミノールさんとデンカさんが車で到着。
デンカさん、いつもニコニコしてるけど やっぱりニコニコ穏やかだー・・・。
平和な気分になる。。。(笑)
私がパノラマを去った後は、土砂降りだったらしく、ホント焦って出てきて正解!!
それから着々と皆が到着する。
その日は なんと9時には就寝して、ぐっすりと就寝。

レース当日。朝から冷たい雨。
天気予報では午前は(曇り)だろうと予測してたのが外れてしまい、サンサンと降っている。
9時には会場についたけど、やむ気配なし。それどころか雨脚は強くなるばかり。
とりあえず「ケン10さん」の車を探して、いつもの?メンバーが仲良く固まるような形でみな同じ場所へ駐車する。
選手の方々は、タイヤやホイール、レースの服装を話し合ったり、バタバタと忙しい。
準備していたりすると「あっという間」に時が過ぎる。
そして選手の方々を見ていると つくづく「メタボには無縁だな」と思う(爆)→みんな絞れまくり。
車中でじ~っとする私。外に出ると、びしょぬれ間違いなし。ちょっとした勇気が必要!?
エキパのスタート直前まで車で待機し、スタート直前にカッパをきて、サンダルに素足姿で、会場へ。
エキパの人数、多し。
スタート地点では、JTさんの後ろにミノールさん、デンカ、が並ぶ。知り合いをチェックしつつ、スタートを見送る。
ミノールさんのお友達のKOJIさんが応援に駆けつけていたのはビックリ!!!
しっかりとカメラやら、スタンバイokで応援していた。

雨のサンサンの降る中のドロドロレースがスタート。
こうなってくると、悪天候の悪コンディションで向き不向きが出るのかも?
エキパは長い列となり、先頭から ずら~~と だいぶ長く伸びて選手が走っていたように思える。
それだけ 物凄く差が開いた という感じだ。
3周目から、ミノール氏のエイドサポートをする。
3、4、5周と全てゼリーを渡し、レース後半は雨脚が弱くなり、傘を差さなくてすんだ為、3周目からは撮影を開始する。
知り合いを中心に撮影を試みるものの、皆、泥んこの真っ黒クロ助で、なんだか ダレがダレだかよう分からんぞ・・・。
応援最中で声を掛けてきたのは「ホットスタッフのA井氏」
ふくよかな体型で、エリート時の引き締まった姿とは・・・かけ離れ気味ではあるものの・・・
やはり、近いところで開催されることもあってか、応援で現地に足を運んでいたのだった。
あの独特な口調は変化なし!?(笑)
悪コンディションでメカトラも多かったりしただろうが、始終、なんとなく、激しい前後の入れ替わりが無かったように『見える』 けど気のせい!??
さて、結果としては、デンカ5位。ミノール8位。JTさん40前半という感じかな?
どろんこどろだらけでしたが お疲れ様でした!

14時からはエリートスタート。
エリートのアップ中は、雨がやんでいたのに・・・エリートスタートして2周目あたりから雨が降り出した。
雨がやんでいたとはいえ、エキパの後のコースコンディションはだいぶ悪化しているらしい。
土は粘土のように粘り強くなり、走るのがままならないそうだ。
私が応援していた場所は、駐車場のところ。そこで、少し撮影をしつつ、エリートの走りをジックリと拝見。
自転車から降りて押して下る者、乗りこなして下ってしまう者、まちまちだ。
っそして 今回のようなレースはフルサスは・・・×という感じだったようだ・・・。?
雷も鳴り出したりして、なんだかんだで、エリートのレースも無事、終了。
いや、選手自体も大変だった、の一言に尽きるのだろうか?
いや、きったさんは 泥レースが滑ってたのしいと喜んでいたので、反応はまちまちか!?!?(笑)



さて、動画もちょっとだけ取りましたので、しばしお待ちを!!
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。