スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥海山への道のりPart3

前回のあらすじ
 http://yukopanda.seesaa.net/article/103863166.html
_____________

レースも終わり、山頂ですぐに速報が張り出される。なんという迅速な対応。
上位しか発表はされなかったものの自分の順位をしっかりと確認。
チャンピオンも確認。トッシーさんは3位。
全員が登頂してから下山するので山頂で待機。
山頂では地元の方々がスイカを配ってくれていた。3個くらい食べちゃった!おいしいー。

山頂ですけ殿と合流。
すけ殿は喜ばしい結果ではなかったようだが、しっかりとした次なる課題が見えたようだ。それが肝心!
hotstaffの女の子が声をかけてくれた ありがとうございます。 色々お話させていただいて元気はいる!

さて最終組で下山をして、その後、オニギリとトン汁を頂く。
食欲旺盛な私はガッツシ完食!それを横目でみていたすけ殿。唖然。
胃腸が弱いらしく ムカムカして食べられないそうだ。
そういえば以前、群馬であったときもレース後、「ゲーゲー茂みで吐いていた」って言ってたっけ。
しばらくゆっくりした後、現地を後にし秋田駅へ向けて出発!。
すけ殿がお疲れじゃないかとおもい、「私が運転しますよ」ということで途中で運転をかわって、しばらく走行。
「ゆっくり寝ていても構わないですよ」と内心おもっていたのだが、
しっかり起きていたのは・・・わしの運転が不安だったのだろうか?(爆)

「コース取りがうまいねぇ」と一言いただき 有頂天になって・・・しばらくはしっていた。
 すけ殿が昔はカーサーキットのレースに昔、出場していたらしい! 年間遠征費にもろもろ4百万かかるんだと!
どえりゃぁぁっぁぁぁびっくりしたぞ!!!!
さて、有頂天になって走っていたら・・・

な、な、なんと!!!!!!!

サイドブレーキをかけっぱなしで走っていたことが判明!!!!
お褒めのお言葉は撤回といったところだろうか。。
す、すんません・・・・。汗・・・。
その後の東北の旅で、車の故障が無ければいいのですが・・・汗・・・。


なんだかハプニング続きはじつは まだ続きまして・・・

秋田駅付近の市の体育館の駐車場に駐車して、日本海側をサイクリング(ダウン)することに。
ちゃんと サイクリングロードが海沿いにあるのです。
いや~ここも なんか 凄かったですね。
すぐ横は日本海。また反対側は緑で。
男鹿島?に向けて2時間ほど走って駐車場に戻ってきたら・・・

がーーーーーーーーーーーーーん!
体育館駐車場に頑丈な鍵がしめられ、締め出しをくらってしまった!!!!!!
広い駐車場に1台 ぽつん。。。
体育館内に管理人等もいるわけも無く・・。。
なんとか 色々工夫しまして脱出し 無事わたしは 深夜バスに間に合わせることができました。
ほんと ドキドキもんでしたよ・・・・。

いや~そんなこんなで、鳥海山、レース前後もいろいろハプニングありーのでした。
深夜バスでは満席状態だったけど、体は痛くはなったものの、結構ねられたので
翌日そのまま会社にいって仕事も集中できたんですよね。
それも眠くもならなかったし!!
素晴らしい。深夜バス。

いや~密度こゆぃ鳥海山レースへの道のりでした。
                

               完
スポンサーサイト

鳥海山への道のりPart2(RACE)

前回のあらすじ:http://yukopanda.seesaa.net/article/103794631.html

race-choukai2008 015.jpg
____________

目覚めた朝。
外に出てみると猛烈に暑い暑い暑い!!
太陽が近いのか日差しがピリピリと肌を刺激する。
しかし東北は日中暑いものの、日が陰ったり、夜になれば一気に涼しくなる。
そして今日はレースだ!
強度をあげて走ること・・・富士山以降はない・・・。美ヶ原も中止となり久しぶりのレースであった。
きっとキツイキツイレースが待ち受けているのだろうが、鳥海山の全てを体全体で受けて走ろう


スタート位置まで車で下山しアップの準備。
どこを走ろうか迷ったが、たまたま駐車した周辺を選手たちが、ぐるぐると周回している。私もそこを走ることにした。
短い周回なうえに平地なので心拍なかなか上がらず。微妙なユルユルアップで終わってしまう
周回は色々なチームが走っていたのだが 『CYCLE MINORU(サイクルミノル)』というチームジャージをきた男性が四名揃って走っているのを発見!

サイクルミノル?

ミノル?
ミノール?
おぉ!ミノール!?!? (^^;・・・


勝手に思い込み変換し、ひたすら彼らについてゆくように走る(ストーカーか?笑)
非常に親しみやすいネーミングだf(^ー^;

さてレーススタート場所へいく。ますます暑い!!
ジリジリと暑さが増す
女子スタートの待機場所でとなりにいた女性と「お互い初めての参加だね」ということでコースの話をしたのだが
「後半は 緩いし下り口調や平地もあって 後半は楽だと思いますよ」的なことをバシバシ言ってしまったことを今更ながら後悔。というか反省というか(笑)
実際レースではしったらきつくて…レース中にも撤回したい気分に…(爆)
試走とレースではあまりにも感覚が違い 試走では見えていた風景はレース中全くみることが出来なかったくらいだ。まるで別世界。
頭がもうろうとし景色が頭に入ってこないのである。
多分「目で見ること」「判断すること」までには脳に酸素が行き渡っていないのだろう…。


レーススタート寸前に 1つ前の男性カテゴリの1グループと女子のスタート時間が同時であることをしった。8:26分スタート。
なんだかスタート前に少し、周りがざわざわしていた。
「強い女子の誰か?」が 男性カテゴリーに紛れてスタート位置に先頭きって並んでいる という情報(噂?)がながれていたのだ。
内心 みないい気分ではないのだろう・・・。
私も実のところ驚いた。
カテゴリー別に並ぶように 役員がプレートを持っていたし、その位置から先には出ないように 男性グループとは一緒ではないスタートだと当然だとおもっていたからだ。
実のところ、スタート地点まで移動するときに全体でパレード走行するのだが、その間に前にいったみたいだ。(そういうのは有りなのだったのかな?分からないが)
私の意見としては いくら男性グループと同じ時間スタートであるにせよ 女性グループとしてスタートはするべきじゃないかと思うのだが。。
ましてや順位を争うライバルは男性ではく「女性」ではないのか?
さらに言うと・・・このコース単純なヒルクライムではない。
スタート直後は平地区間が少しあるので男性集団先頭にあらかじめいるのと、いないのとでは 違うような?
そう!最初から男性を利用するってわけになるのですから・・・
でも そう思いつつも実力あるものなら、「多少前でも後ろでも追いつけるのだろうし、みみっちい考えか?」とも思ったりしたが 正々堂々とフェアにいきたいものである。スタートは?

今になっては色々考えることもあるかな

さてスタートからしばらく平地で  上りにはいってゆきます。
スタートは第二集団グループについてゆく
しばらくして上りに
淡々と列をなし上る
このへんから すでにばらつくポイントである
心拍数が197となっておりびびる
今までかつてない心拍の維持である
しかし一向に落ちる気配がなく そのままいってしまうのが不思議である
始終190代をキープしつつ走るがスピードは乗らず…
最初のキツイ勾配が終わると緩めの勾配も続き、細目の道を走っていく。
すでに女性の気配、前後はいないかんじだ。。私のまわりに。
しかし中盤からは どんな勾配もきつく感じ 3人くらい女性にぬかされたか??
だが 結論的には私が思っていた以上に私の前をはしっている女子が多かったのだが・・・
男性と一緒だったこともあり、最初から 先にいかれていたのかもしれない。

猛烈な暑さ・・・ 行程の中盤で一度長ーい下りがあり快適である。
しかし、下りはノーブレーキにも関わらずスピードが上がらない!
後ろからトライアスリート女性に追い上げられてしまう
トライアスリートには負けたくない執着があったのだがやられた!!
私よわいなあ…( ̄▽ ̄;)
下りや平地に関しては 昔のアルミのバイクの方ががスピードがでていたと思う。
それはバイクをかえて「一度目のレース」から体感。。
富士ヒルクラのとき下りで人に追い付いたり抜かしたりしていたが カーボンバイクになってから…くだりではなされるのでビックリしたので記憶に鮮明だ。
これがバイクの素材違いなのかと思ってみたり…
いや・・・っていうか、単なるポジションや風の抵抗について私の考えや 技術が乏しいのだろう(笑)

長い下りが終わると、宿泊していた宿を通過して、再度ヒルクライム。
そこからはいかにもヒルクライムチックに木々が生い茂る。
勾配はけしてきつくはないのだが、後半のヒルクライムは追い討ちをかけてキツイ。
細い道をひたすら走り続け、後続スタートの男性に抜かされるばかりで・・・。
結局、女性としては一人旅を後半はしてゴール。
足はぴんぴんとしていたのだが 心拍はマックスであった。
それは終わってからの改めての感想だが。。。
足が普段より疲れてないんですな・・・。
ゴール直後は、水分をがぶ飲み。
配給されていたドリンクを3、4杯のみ、さらにつめたいお茶をボトルにつめてもらって飲み・・・
脱水だったのだろうか?、この暑さではダレでも脱水だったにきっとちがいない。
結果、総合7位。
けして良い走りでもなかったのではないかと思う。
私から前の順位は3分ほど早く 団子状態であった。
さらに1位は歴代優勝記録を5分以上うわまわっていたんじゃないかとおもう。
つまり、3、4,5、6位くらいが 去年の優勝タイムレベルだったので レベルは高かったのかもしれないが私もそのくらいで走れないと。。
な~んて思ったりしちゃったりして(笑)

とにかく、とても良い鳥海レースでしたね。


帰路へつづく・・・

race-choukai2008 015.jpg

鳥海山への道のりpart1

s-choukai2008 004.jpg

鳥海山に行ってきました。

壮大な大自然と透き通った空気に感動。
ホントに違う。空に不純物が無い!!!
こんな空があったのね~。 ってなんか忘れていた空の存在を想いだした。
あまりに関東の空の色と透明度が違うので・・・ ホントに驚いたよ・・・。
長旅だったけど行ってよかった。そんな景色を見て思った瞬間でした。

s-choukai2008 013.jpg

東北って 信州とはまた違うスケールの光景があるのです。
東北の短く暑い夏。しかし、しばらくすれば真っ白な雪になり 冷たい吹雪く風と自然の脅威。
そんな季節の繰り返しからか、色濃く茂った木々はスケールが大きく、自然のパワーを感じさせます。

s-choukai2008 006.jpg

・鳥海へ向け出発!!


金曜日はノンビリと午前出発。
すけ殿と合流。 新潟へむけていざ出陣。
中央道→関越道と経由し「前橋」から下道をゆく。
住みやすそうな町並みだ。(すけ殿は学生のときは前橋に住んでいたそうで、その際の思い出いろいろ話を聞かせて頂く【テニス男児だったとは驚いた】)
さて、渋川や赤城山をあっという間に通過。(青春18切符の旅のときは結構長く感じた道のりだったのだが・・・。)
新緑が深まっていく中、群馬を通過中にお昼タイムとなる。
群馬といえば「もつ煮」が有名!とのことで、ランチはもつ煮。
道沿いで、『いかにもトラックのお兄ちゃんとかが立ち寄りそうな店』がうまいんだと。なるほどー。
そんなカウンター式の小さな店にいったらほぼ満席状態だ。
 このザックリした店構えが雰囲気があっていいじゃぁ~ないか。
カウンターに入り、モツ煮定食を注文。
周囲は常連さんばかりのようで、、「お土産用のモツ煮」を大量に買い上げていく人が多い。

motsu.jpg

いや~ボリュームもあって、煮込まれていて とてもウマウマ。
ペロンと平らげてしまった。食欲は旺盛。夏ばて知らず!?
夏のモツを汗をカキカキ食べていたら・・・
すけ殿のところにTV取材のお姉さんがひょっこり現れた!!
おぉ インタビューでっか!
すけ殿・・・色々聞かれていたが・・・
「カメラの前で感想言ってください。」と言われて、
すけ殿・・・・「最高!!」っと一言。なんともまぁ珍道中ということで。

その後 沼田から高速で走り、魚沼スカイラインを走ってみることに。どうやらお勧めのコースであるらしい。
車が1台も通らない峠と雰囲気がまた 自転車で走りたい気持ちにそそられる。
緑が深いナァ。

s-choukai2008 001.jpg

自転車を組み立てて、空気を入れて サァ出発!万全体勢になったとたん・・・
雨がザァザァ!!降り出した。
残念ながら撤退!! 車でコース取りして下山。。。なんともまぁ蚊からぶってしまった。恐るべし山のご機嫌。
高速にのり新潟へ。
宿に送り届けてもらい、すけさんは車中泊ということで、解散となった。翌日聞いた話だが、すけ殿、明け方に「警察」があらわれ、不審がられて?車中で質問されまくたっとか・・・。(翌日きいたプチハプニングだが・・・)詳しくはご本人に聞いてみてください(笑)

さて私の方は、寸前にネットで予約した宿ではあったが アットホームで良い感じだった~。
宿の印象、人当たりって一番大事ですね。
「綺麗、ハイテクな宿」それ以前に、人との接点、地元の方とのふれあい温かさ。。こういうところに来て思う。
私は遠征するようになってから多々ビジネスHや民宿等に泊まるようになったのだが、ビジネスの快適さや全てが快適に揃っている環境は良い反面、どうもクールさが全面的に出ているので 
今回の東北については道中長い中、ホッとする人との接点があるほうがいいかなっとおもった。


翌朝目覚めると サンサンの雨。しばらくしたらシッカリとやんで 青空と夏の雲が広がっていた。

s-choukai2008 010.jpg

新潟から日本海をずっと眺めつつ 残り200㎞の道のりを鳥海山へ向け走る。
広大な海。日本海の荒れた海というのとは反し、静寂を帯びた海であった。心が現れる。

s-choukai2008 003.jpg

山形→鳥海山を尾根を経由し秋田(矢島市)へ。


なんとまぁ 絶景なのでしょう。
ブルーと緑のコントラスト!! 

s-choukai2008 014.jpg

s-choukai2008 004.jpg

s-choukai2008 011.jpg

山というより 高原。
この景色だけみたら日本?って思わせる壮大な風景でした。
鳥海山の中腹の山荘に宿泊であって、ちょうどレースコースの通過地点の真ん中に位置する。

s-choukai2008 004.jpg


そんなこともあって 前日試走は中腹から山頂にかけて走った。居路にして13㎞。
走りながら「ここ 緩いコースだなぁ」って散々いっていた私。
「富士HCより緩いし、平地や下りも細々あったりして、これってヒルクライム?」なんて 凄い発言しまくりだったんですが・・・汗・・・

レースとなると やっぱ 勾配関係なくめちゃめちゃキツイ!!
むしろ平地があるせいか、もっときつさが増して自分のリズムを作れないといったところか。
淡々と上り続けるのとはまた違うきつさを レース本番では感じたのでした。
そんな試走も終え、あっという間に夜になりはやめの就寝。
あまり寝付けなかったので、外にでて空を眺めたら星が落ちてきそうでした。
こんなに 星が落ちてきそうなのもまた なんだか
目に焼きつくような夜空なのでした。


続く・・・

日本海です

2008072609540000.jpg


新潟ですが そろそろ山形に突入かな(^3^)/

大荷物で…鳥海いってきまーす!

P1000083.jpg

酉子さんから郵送で届いたお守り。
びっくりしました。
酉さんイタリーへ行く前に私宛に送ってくれていたみたいなのです。
私の手元に届いたときには・・・ 酉さんはすでにイタリア。
グランフォンドピナレロへ出場…。
http://tori-bicycle.seesaa.net/article/103526463.html

れぽみてたら、私もいってみたい!!ってすごく思った。

「勝ち負けに執着しすぎない 自転車の楽しさ!」
いいねぇ。
私もそうおもう。

そういうのをまた痛感できるような経験だったのだろなぁ。
って 伝わってきました。

最高です!自転車。


このお守り、始終もちあるきます。
あらゆるときに、守ってくれそうだし!

最近、遠征で必ずもっていくアイテムは「スエム」
スエムって水泳をするかたなら 必需品アイテムなんです。
これ、すごく便利。
小さいサイズで十分で 金額は1200円くらいだったかな。
水を吸収しまくるタオルです。
絞れば、水が全部でて乾きます。
この1枚あればタオル系は遠征では十分かと。
タオルだと水を吸い重くなってしまうけど、すえむはそんな心配ありません。
交通機関(車以外)を使うことが多い私には、リュック1つにすませるには 荷物にならないって大事な要素なのですよね。
ぜひ、おためしあれ。


さて、そろそろ私も出発する時間。
とても大きな荷物になってしまいました。
またちょっと長旅になりますが、楽しんできます。

ゆこぱん通信簿

早速、やりましたよ。
ブログ通信簿(笑)
ゆこぱん結果はこんな感じで出ましたですよー。↓
通信簿20080724.png

結構良い線であたっています~
是非、皆様もやってみて味噌汁~汁の助~。

アクセス先:http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo.rb
______________

goo、ブログ記事から年齢や影響度を分析する「ブログ通信簿」
2008年7月24日(木)00:30

 NTTレゾナントは23日、ブログの記事からブロガーの性別や年齢、影響度などを推定する「ブログ通信簿」を、実験サイト「gooラボ」内で公開した。

 ブログ通信簿は、指定されたブログ内の記事を分析して、性別や年齢、影響度などを推定して「通信簿」として表示するサービス。ブログのURLを入力して「通信簿を作成」ボタンを押すと、通信簿が画像として表示される。

 通信簿では推定性別と年齢のほか、意見や感情などを述べる割合を示す「主張度」、肯定的な表現の多さを示す「気楽度」、更新頻度による「マメ度」、ブログ記事の引用数などによる「影響度」の4つの項目を5段階で表示する。

 また、4項目の値から「生徒会長タイプ」「図書委員タイプ」など学校をイメージしたタイプを判定するとともに、ブログ記事の内容からブロガーに合いそうな話題や職業を「通信欄」として示す。推定は最新のブログ記事を対象として行うため、ブログを更新するたびに通信簿として表示される結果を楽しむことができるとしている。分析可能なブログは、gooに対してpingを送っていることが条件となる。

 ブログ通信簿では、NTTが開発した「文書属性推定技術」などの技術を利用。ブログ記事から性別や年齢層ごとに特徴的な表現の抽出や、肯定的/否定的な表現の判別、リンク数による影響度などの分析により、数値化を行っている。
_________________

続きを読む

【MTB全日本in田沢湖】写真

全日本(田沢湖)のフォト集を記念掲載します。
____________________

●レース前の元気な姿

s-tazawako 001.jpgs-tazawako 002.jpg
s-tazawako 003.jpgs-tazawako 004.jpg
s-tazawako 005.jpgs-tazawako 006.jpg

●熱い戦い!レースシーン

s-tazawako 009.jpg

s-tazawako 012.jpg

s-tazawako 014.jpg

s-tazawako 015.jpg

s-tazawako 016.jpg

s-tazawako 017.jpg

s-tazawako 018.jpg

s-tazawako 019.jpg

s-tazawako 020.jpg

続いての遠征は鳥海山

続いての遠征場所『鳥海山』
 
 ついこないだまで田沢湖だったので・・・調べる段取りがまだまだ・・・???


 今回の移動手段は「車と共に移動するスケ殿に便乗」させていただくことに致しました。
 ちなみに行程途中の鶴岡には川ちゃんが在住してるんですよねぇ。
 スケ殿はレース後、そのままプチ夏休みを東北で『お友達』と満喫するそうですよ♪
 私は帰路に関しては、自転車を預けてそのままバスで帰ることにしたのですが、
 なんとまぁバスが既に満席になっておりました!!
 週末近辺が全て満席!! 
  いや~あらかじめ取っておいて良かったー。
  抜かりなくやっております。

続きを読む

【MTB全日本in田沢湖】エリート動画

またも乱雑な動画(1分以内)です。

________________

開催日 2008年8月21日(月)
天候  快晴&暑い(プロも熱中症)

________________


■エリートスタート




■サポート付近一部





______________________
(所感)
日差しが暑く遮る木々の無いスキー場は、選手には猛烈の打撃を与える会場であった。サポートである私も、日差しにやられそうであった。
木陰に入るとそよ風が吹き気持ちよかった。
今回、メインでのクロカン応援サポートメンバーは以下であった。

under23 よっしー
エリート みのーる、すどーまん、ハッシー、けんじゅさん、セイジ君、きったさん、

若手の活躍が増している、そんなレース展開はエリート部門優勝、山本選手。女子、片山りえ選手。
under23は小野寺選手でした。
これからメキメキ出てきて、活気だってくれたらいいな。
女性も多数がせめぎあうシーンを見たいものです(笑)


さて、カメラ自体を替えたので編集作業に手惑いましたよ。
以前のカメラはカメラ本体でも編集できたので、帰路中に編集おわっちゃってたんです。そのため直ぐアップできたんですけど、今度はそれができず。
初心者でも簡単に加工(切り貼り、結合等)できるフリーソフトなんてないですかね?
探しまくっていたらつかれたので、ウィンドウズにあったムービーメーカーで初めて編集してみました。
なんにせよ次回はぜひたくさんの動画を取りたいと思います。

選手画像も後ほどアップしますです。

田沢湖遠征を振り返って

P1000080.jpg


全日本お疲れ様でした
とりあえず秋田の遠さを痛感ですよ~~
行程がベビーですね

夜通し走って到着は明け方4時前だったかと
それからまた各地離れた家路につくので5時過ぎ?
朝だよ~


ここ何年もこ手の遠征はなかったので…
選手ぢゃないけど少しこたえました(^^;
いやはやJは往復パワーも凄いいりますね
なにより運転手様々にはホントお疲れ様です ありがとうございましたと一番いいたい_(._.)_
各地ちらばった住かに送り届ける難点をのこしたものの とりあえず無事帰宅


沢山のパワーある走りを観戦できて 森林浴パワーをうけました
さすが全日本
みんな意識はレースに集中できてました
まわりは強い選手ばかりで凄い刺激になるし
こんな環境はなかなか無いなとf(^ー^;
ピラミッドでたとえると頂点にちかいもしくは上層ばかりですもんね
すごいな…


そんな中
全日本観戦もあったけど私は走りたいという意識が強い人なので目的意識が選手皆様とは明らかにはずれた状態で田沢湖へいきましたね(笑)
気持ち全日本だけであらずでいきました
まあ人それぞれですよね
私は乗ること自体が一番好きだから♪


とりあえずレースにむけて一時間でもいいから走る時間を確保したくて なかなか普段の休日にくらべたらあまりのらないに等しいくらいにはなっちゃったけど…
まあレース前だから
乗りたい気持ちを抑えるにはちょうど良かったのかと( ̄▽ ̄;)

日曜日&月曜日は合間で走りました
私なりには たとえ一時間でも集中したくて
乳頭温泉の涼しい地帯に絞り黙々とはしりました
勾配は8%あるとこもあり まあまあでした

集中&短時間&涼しい快適


こんな要素をそろえた田沢湖だったのは間違いないです
暑さとは無縁でした

東京はあつかったんですかね?


ちなみに田沢湖の暑さはレース場のスキー場だけでしたよ~こんなにあつかったのは( ̄▽ ̄;)
日陰がないからだろうが…

だから選手には物凄くハードなレースになりました
Tプロはレース中に熱中症でたおれ…救急車いきだし…

それだけレースとなれば過酷でした






皆様 続くさのさかまでに疲れを落としてくださいね_(._.)_


さて私は午前休暇をとり ほんと良かった
ねないまま仕事になるとこでした
午後からビッグサイトで展示会のお仕事です
立ち作業ですが定時に帰宅できるのが救い

さてレポートと
ぼちぼち ほとんどとってない動画とレース画像のせてきます!

【J全日本田沢湖】エリート終了!

2008072114080000.jpg
こんにちは(^3^)/

続いてエリートが無事おわりましたあo(^o^)o

優勝はオリンピック出場を決めた山本選手
女子も恒例の片山選手でした

北京に向けてスパート~~!



皆々様も帰路に向けて気を付けて帰ってください

【J全日本田沢湖】クロカンレース中

2008072111340000.jpg
こんにちは(^3^)/

田沢湖 快晴のピーカンです(^3^)/

しかーし 田沢湖は涼しいので快適
1日目のテントも快適でよくねられましたよぉー\(^_^)(^_^)/


でもレースとなると話は別
さえぎる木々もないスキー場はあついですう~

あせだくだくだく\(゜ロ\)(/ロ゜)/ハードなレースとなりそうです



さて現在はヨッシ~選手がはしってます~


続いてエリートスタートが一時半からです(^3^)/

【全日本田沢湖】仙台通過中

2008071913590000.jpg

ランチをすませ 現在は仙台通過中
そのまま田沢湖へむかいます
夕方到着になりそう
散策ライドは厳しくなってきたかなあ…


ちなみに今夜はテント泊となりました( ̄▽ ̄;)
急遽 簡単な布団をかい寝れればいいや というかんじです~

良い三連休を(^3^)/

P1000071.jpg
P1000072.jpg



夜中に出陣するとゆうことで!なんとか荷物をつめ 地図も揃え、カメラに日焼け止め、自転車シューズ 念のためリンコウバックを持参し…
やたら荷物が多くなった状態で会社へ出勤です…

ロッカーがない職場なんで
足元におかなきゃならんのですよ( ̄▽ ̄;)

明らかに都内勤めとはおもえない感じですf(^ー^;

荷物が多いので会社でしぼりこみ作業をして減らしてゆかねば


三連休なので出掛ける方々も多いでしょう楽しんでください☆ミ

トリさま
イタリ~満喫してきてください(^3^)/

新婚ホヤホヤの職場のご夫婦はスペインだって
いいな~♪

皆様も良い連休を~

人工的な風

2008071709090000.jpg

はあ~まいる!(;´д`)
私が夏場の電車通勤を嫌う理由の一つが車内の扇風機の風である。
もちろん冷房が強すぎるとかもあるかもしれないが 頭上からリズムを刻んでふりかかる風
苦手


そう 鼻炎が発生するんですわ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/鼻水が…

これがダストアレルギーのつらいとこ

自宅でも風があたることを物凄く嫌う
冷房や扇風機
いかに当てないで いかに自然の風にちかくもっていくかがポイント。

風があたろうもんなら クシャミがとまらなくなって 辛い

もちろん自然の風は全く問題ないが

やはり微妙な菌が飛び散るのに反応してしまうをだろうな

何かと大変だ…

東北自転車の旅【J全日本サポート&田沢湖編】

東北自転車の旅 そして全日本Jサポート(事前調査)

★仙北市HP
http://www.city.semboku.akita.jp/index.php

★田沢湖観光協会HP
http://www.tazawako.org/index.html


 ひゃ~こんな立派なHPがあるざます♪
 色々ありすぎて 何を一番みたらいいのか、行ったらいいのか全く分からなくなってきたよ~ぉ~~~。


今週末は田沢湖。来週末は鳥海山へ。
数日後の田沢湖を調べてみました。
なんか すっごく楽しみになってきた。
全日本レースも観戦できて現地も堪能できたら文句なし~。
田沢湖って・・・やはりJでもなければ行くことはなかったな。


***************
Q おすすめの観光スポットは?

A なんと言っても水深日本一の「田沢湖」です。
瑠璃色の湖面に映る「たつこ像」は、本当に神秘的ですよ。
温泉なら、湯治場の面影を強く残し情緒満点な「乳頭温泉郷」や強酸性の湯で知られる「玉川温泉」がおすすめです。
もちろんその他にも「田沢湖高原温泉」や「水沢温泉」、「夏瀬温泉」など多くの源泉があることが自慢です。
大自然を楽しむなら数百種類とも言われる高山植物が咲き誇る「秋田駒ケ岳」登山はいかがでしょうか。
特に夏のシーズンは、八合目までバスで上がることができ、比較的簡単に登山を楽しむことができます。
また、秋の「抱返り渓谷」の散策や、冬、パウダースノーを楽しむスキーなど、ここには書ききれないほどのスポットがたくさんあります。

**************



○観光スポット:田沢湖エリアhttp://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04.html

map04.jpg

田沢湖
御座石神社
御座石
姫観音
田沢湖ハーブガーデン「ハートハーブ」
白浜
蓬莱の松
たつこ観音
飲水思源像
田沢湖マラソン
遊覧船
県民の森
田沢湖周回道路
かっぱ淵の松
思い出の潟分校
漢槎宮
たつこ像
かたまえ山森林公園
むらっこ物産館
姫塚公園
生保内公園
駅前物産館 田沢湖市
草なぎ家住宅
刺巻湿原ミズバショウ群生地



○田沢湖高原・水沢・駒ヶ岳エリア(マイカー規制!!やったね!!)車(セダン)
http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/03.html

map03.jpg

っとおもったら!自転車も駄目だって。ショックー!!(T.T)バッド(下向き矢印)
コース場、自転車だと何か問題があるのかなぁ?
はぁ~。
走り応えありそうだったのにな。凄く残念。たらーっ(汗)

★規制期間及び時間
駒ヶ岳八合目地区の交通混雑の解消と自然環境の保全のため、マイカーの乗り入れ規制が実施されます。

規制日は6月1日~10月31日の土曜日、日曜日、祝日と6月21日~8月19日の平日となります。規制時間は午前5時30分から午後5時30分までです。



○観光スポット:乳頭エリアhttp://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/02.html

map02.jpg

こうなったら自転車で上って風呂はいってきちゃおうかなー。いい気分(温泉)
有名温泉なら入る価値ありってとこ?

乳頭山
千沼ケ原
田代岱
カラ吹き湿原
黒湯温泉
孫六温泉
蟹場温泉
大釜温泉
妙乃湯温泉
鶴の湯温泉
休暇村乳頭温泉郷


ひゃ~だれか何かに絞って~!
色々ありすぎじゃよぉ~~

ってサポートの私はともかく・・・ 選手はそんなどころじゃないよな・・・。汗あせあせ(飛び散る汗)

健康診断のお知らせ

先日、市からの案内で「健康診断のお知らせ」がきておりました。
住む町の「財政状況って大事だナァ」と思うこの頃。
私が住む町は恵まれているのですよね、豊か。
色々な公共施設も立派だし、温水プール等も巨大で綺麗な施設もあったりする。
残念ながら 中心部の図書館は行ったことないのよ~。
きっと大きいのかナァ?
私が住むところはちょうど市の境目あたりなので・・・市役所も遠いし、メインの中央図書館も不便なところにあるんじゃないかなぁ・・・?
すぐにいけるようなところには無いのよね。。
最寄り駅に図書館はあるんだけど小さい!!!!
さらに夕方には閉まるし・・・。

そん中、医療系も万全?のようで、無料検診が3件きていた。

①健康診断
 〔慎重 体重 メタボ系診断 骨密度 血液診断 尿検査等〕
②歯周病検診
 
③子宮がん検診


この3件の無料案内である。
子宮がん検診については2年前かな、無料で初めて受診してみた。ちょっと怖かったけど(笑)
20歳から子宮がん検診の無料検診が実施されるようになったのである。
(会社等で受けている人は除外)
しかし、子宮がん検診なんて会社でやらんので受けにいったらスムーズに診療してもらえた。

それにしてもショックなのは 会社で受ける検診よりグレードが上なことだ。
あたしも市で健康診断受けたいよ~。
血液や骨密度、メタボ診断なんて会社でやってくんないのよ!!!
なのになのに~ぃ。くぅ~ 市で受けたほうが質が良いなんて!
それもね・・・
会社は婦人科検診も35歳以上じゃないとやってくれないような・・・?。
・・・とっいうわけで!!

また受けてこようとおもいます
婦人科検診。

ちなみに乳がん検診はしたことないんですけど 走召痛いらしいですよ・・・。
胸を物凄く潰さて(機械で挟む?)検査するんだって。
考えただけで 血の気が引きそうです・・・。

皆様も自分の住む町の制度、今一度確認するとよいかもしれません。
なにせ住民税払っているんですからね・・・。

週末色々ダイジェスト版

 週末の記事ネタ!っと言えば 色々ありますがダイジェスト版で!

土曜日は同僚の結婚式に参加。
都内の中心に位置するギロッポンでの開催。

s-DSCF1886.jpg

エッ??あったぁめぇよ!こんなときでも自転車に乗りますとも!
「午前中限定」という時間で乗れる場所を検討した結果、JTさん伝授の周回コースに決定!
さすがに凄く久しぶり。 
通称:沖縄模擬50kmの部コース(アップダウンの繰り返す周回)

(ちなみに・・・五日市も考えたのですが)定番の五日市までいくと・・・
往復の行程だけで無駄に(?)パワーを使いそうなので(混み多摩川&暑さ&車のうっとおしさ等々あるとチョットね・・・)
ただ「行ってきました」で走る状態より<短時間集中を選択。
我が家から出発して約40分も走れば現地到着である。
野猿街道は車が多い通りなのでケシテいい気分ではないが、現地についてしまえば快適だ。
一人での周回はやはり応える。
きちんと目的意識を持って走らなければ 「走る効果は低い」と考え、ポイントポイントを抑えて強弱をつけて走るようにした。
日差しは暑いのだが、体に当たる風っで体感は涼しさも感じる。
暑い暑いとは言われる天気だけれども、まだ私には耐えきれる気温である。
我が家の位置する多摩市は、まだ都心部に比べたら涼しい。
多摩川沿いに位置するせいか? 夜も扇風機を体に当てないようにして弱風で網戸で快適に寝ることも出来る。
そんな時期もあとちょいできっと終わってしまうのだろう。
暑苦しい夏がやってくる。
そんなことを考えながら9周程走り退散。
目標10周したかったのだが4周するだけで1時間を要するので、時間の関係もあり諦めた。
どこまで集中できたのか?は正直微妙ではあるが・・・とりあえずMAX180後半まで出したので良しとしよう。

さて・・・自宅に帰宅後即効で出かける準備。
六本木での披露宴は、アットホームな雰囲気。
新婦さんは「白雪姫みたい」だなぁと思ったのが素直な感想。
ホントそういう雰囲気をかもし出している女性なのです。
そして 末永くお幸せに。

s-DSCF1831.jpg

つい数時間前の周回コースで走っていたのとは別世界な1日のスケジュール。
でもやっぱりこうでなくっちゃね!ンフッ。
フルコース三昧と最後のデザートのまるでケーキバイキングのような大量のデザートには驚き。
並べられたデザートをついついとり過ぎてしまった。

cake.JPG

こんなに食べて・・・明日は消費しよう!と 深く心に誓うのであった・・・。

続きを読む

梨のガリガリ君発見!

P1000057.jpg

セブンでガリガリ梨バージョンをみつけました!
今シーズン夏
初のガリガリ君ですう!うまうま~(⌒‐⌒)
でも個人的には定番のコーラかサイダーが好きかも♪

今日はさつがに夏のひざしになってきましたね
まだ空気のもうろうとしたかんじはないけど 少しずつ本番にちかづいてます

今日は午後から結婚式なんで周回コース
ひとりはキツイf(^ー^;

【紫外線】目を守れ!

 いや~~~。怖い!
自転車に乗る時 グラサンかけない時が多々あるんですわ~。
一番多いのは「忘れた!」ってケース。ちょっとした軽い気持ちで。
「しょうがない。裸眼ではしるわ~」って。

っていうか!!
恐ろしいです。
(分かってはいるんだけど 甘く考えすぎは危険!) 
やっぱり身を守れることは自分でしっかり守りましょう!
それにつきますよね。(反省猿)



_______________
■ご参考資料

http://mainichi.jp/life/health/news/20080701ddm013100166000c.html

◆翼状片 三角状の白い膜が白目から黒目に伸びてきて、充血や異物感、視力低下も。

 ◇紫外線が原因で細胞が異常増殖--帽子+サングラスで予防
 ◇春~秋…朝夕も注意/都会…ビル、路面の反射多く
 06年3月、中国海南省の農村を疫学調査で訪れた佐々木洋・金沢医科大教授(眼科学)は目を疑った。多くの高齢者の黒目が白い膜で覆われていたからだ。重症の翼状片(よくじょうへん)だ。調査の結果、50歳以上の住民の7割が翼状片を発症し、2%が翼状片で片目か両目を失明していた。

 「太陽光に含まれる紫外線が原因。眼鏡をかければ防ぐことができる」と説明すると、住民は「全く知らなかった」と驚いたという。

 ■8割が危険知らず

 日本でも人ごとではない。紫外線による日焼けには日本でも関心は高いが、目への影響を気にする人は少ないからだ。医療品メーカー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」が3月、インターネットを通して実施した調査(1000人対象)によると、8割の人が、紫外線が原因で将来目の病気になりうることを「知らない」「よく分からない」と答えた。また、帽子やサングラスなどを着用せず紫外線から目を守る工夫をしていない人は3割に達した。

 紫外線が関連する主な目の病気には、スキー場など反射の強い場所で起こる急性の紫外線角膜炎(雪目)▽白目の組織、結膜が異常に増殖する翼状片▽眼球内の水晶体が濁ってものが見えにくくなる白内障--がある。佐々木教授によると、石川県のある自治体では50歳以上の約7%が翼状片を発症していた。

 佐々木教授はマネキンの目に紫外線を検出するセンサーを埋め込み、太陽高度と紫外線量の関係を調べた。太陽が真正面に来るようにマネキンを置くと、目に入る紫外線量が最も多かったのは、春から秋では午前9時ごろと午後3時ごろだった。太陽高度が最も高い正午前後でないのは、額やまぶたに遮られて直射光が目に入りにくくなるためだ。一方、太陽高度が低い冬では正午ごろが最も多かった。

 さらに、ビルや路面での反射が多い東京都内のオフィス街と、反射物が少ない金沢医科大の屋上で、目に入る紫外線量を比べた。金沢で太陽を背にした場合に目に入る紫外線量は真正面の場合の1~3割にとどまったが、オフィス街では大半の時間帯で5割以上と高かった。都市部では一日中ほぼ同じ強さの紫外線が目に入るという興味深い現象も確認できた。

 この原因は、紫外線が、可視光や赤外線より波長が短く、散乱されやすいためで、活動場所に応じて対応が異なることを浮き彫りにした。

 ■気付いたら受診を

 翼状片は、白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、その防御反応や修復の過程で細胞が増殖して起こる。初期症状では充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労などが表れる。進行すると眼鏡では矯正できない乱視を生じたり、視力が低下する。耳側から差し込む紫外線は鼻側に集まりやすいため、目の鼻側から発症するのが特徴だ。重症化してから手術をしても角膜に傷が付き、元の視力に戻らないことがある。

 専門家は「予防こそ大事。対策さえすれば一生かからずにすむ。日本は医療水準が高く、失明に至ることは少ないが、おかしいと感じたら眼科医に相談してほしい」と強調する。

 ■傘は効果なし

 患者が多かった海南省では、7割の人が、つばの大きい帽子を常にかぶっていたが、眼鏡やサングラスをかけていた人は少数派だった。マネキンで傘の効果を検証したが、背後から直射してくる紫外線は防いでも、散乱されて目に入る紫外線を防ぐ効果はほとんどなかった。

 「眼鏡やサングラスは、上・下方や側面から光が入りにくいようなタイプを使ってほしい。つばの長さが7センチ以上の帽子に、眼鏡やサングラス、または紫外線カット効果のあるコンタクトレンズを併用するのが理想」と佐々木教授は呼びかける。

 教授自身、戸外で長時間活動するとき、コンタクトレンズに眼鏡、帽子の完全防御態勢で臨む。「私の目は健康そのもの。疲れ目もあまりない」と効果を実感している。【須田桃子】

毎日新聞 2008年7月1日 東京朝刊

続きを読む

夜行バスのアドバイス

今度の遠征で夜行バスを使うことにしました。夜通し走って遠地です。(あッ。ちなみにバスで自転車積載は8割型(?)断られますのでご注意を!笑)
でもさぁ~~。夜行バスって学生のスキー旅行の時以来・・・。
結構きつそうよねぇ~~~。
体はバリバリになりそうだし・・・ぃぃ。。
体があちこち痛くなりそー。
でも自転車遠征の場合、9割以上が?車という手段で遠い道のりを走ってくるので、みんな条件は同じなのよね。そこからレースに持っていくのだから皆様凄いわ!
そう!!
自転車のりは、ヤワじゃないのよ。ヤワじゃ!!!

でも、私って 結構寝られるときは寝られちゃう。
特に移動中の車や電車なんてあっという間に・・・夢の世界へ!

通勤中の電車だって乗って数分後には コクリコクリしてしまうし・・・。酷いときはつり革に捕まって立っていても寝てしまい、つり革から手が滑り落ちてバーコードヘアのおじちゃんの頭に直撃し、ヘアスタイルを乱してしまったこともあったし・・・。山手線で「数駅先の駅で下車するのにも関わらず」眠りに落ちてしまい・・・降り過ごしてしまうこともあったし・・・。

とはいえ、やっぱり長時間の移動は疲労が伴うのも事実。
立て続けに遠征ともなればきちんとケアしないと 疲れた結果、成績も出なかったりするから うまく疲れを取りつつ取り入れていきたい。それが一番。

必須なのはアイマスクと耳栓でしょう。
それは、言われなくてもそろえるつもり。
あと長時間用の枕?(これもあったら良いのかしら?)

なんだか、情報を収集してたら、まぁ色々メリットもデメリットもありますな。でもまあー そんなこといっててもキリがないですわ。
楽しくいきやしょ。楽しく!

_____________________

■寝付きやすい方法■

●乗車2~3時間前に体を温めておく(お風呂・シャワーなどで)
●アルコール摂取
 (トイレ等のキケン性はあり。その為、大量摂取厳禁!)
●体をある程度疲れさせておく。
●枕等あると首を固定しやすい。
●音楽でリラックス効果を!


■参考情報■
http://www6.ocn.ne.jp/~a19064/Q-and-A.html
http://www6.ocn.ne.jp/~a19064/kousokubasu23.html

___________________________

続きを読む

目黒のマッサージ店突入

sinagawa.jpg

天気が怪しい・・・!
降られずに出勤できた。(画像:職場付近の朝の天気)

_________________________

昨夜は目黒の美容院へ。2度目の利用である。
髪を短くしてからと言うものヤハリ頻繁に切らないと前髪が邪魔だったりする。どうやら、美容院の相場は郊外より都内の方が安い。
今までずっと地元に行っていたが、それに比べ半値くらい落ちる。
今回はカットだけで1700円くらいだ。
かといって、店内の感じもお洒落で綺麗。アイスコーヒーも自由に飲めるし、待合室には漫画や雑誌もある。若い女性のお客さんが多い!!
ネイル等もやっており、まずまずいい感じだ。
ヘアカットも問題なく良いと思うし、何より平日の会社帰りにふと寄ることが出来るのが何より効率的でいいのだ。ヘアーカットで休日にあまり時間をかけたくないのであります。

美容院にマッサージのチラシがあった。(系列店)
目にはいったので、よくよく見ていると安い!(保険治療前提)
7/1からオープンしたそうでまだ 客の出入りは差ほどでもないそうで、美容院後に試しにいってみた。
私、ほとんどノンケアー人間で、マッサージは年に3回行けばいいほうなんです・・・実は・・・
いつもは知合いに施術していただくのだが、ど~も、何か「痛い」とか「辛い」とか症状が無い限り「ケア」という意味では行かないのである。

今回行ったところでとりあえず30分全体的に揉み解し。私の症状?→「疲れてはいるけどいつものことなんでケアと言う意味でのマッサージで。 痛いとか違和感とかは差ほど現時点ではなく、たまにヒザの筋とかが怪しい違和感があるときがあるけど たまにだし、今は痛くないし」とか漠然とした説明をしたりして みていただく。
自覚症状がなくても やはり肩・首周りはこっていて、足も疲労がたまっているらしい。(確かに疲れてるけど)
ストレッチ等と、膝周りの筋力をつけること等をアドバイスされた。
(膝周りの筋肉ってどうつけるんだ?)
思い出せないくらいの久しぶりのマッサージなのであった。

そういえば美容院のちょっとした待ち時間に本屋によったのだが、秋田の地図が無かった・・・。(もちろん、厚い本とかツーリングマップル東北版)はあったんだけど。
関東で秋田版を購入するには でかい本屋に行かねばならぬかな?
今月は2度程秋田に遠征予定である。

それを会社の後輩の女の子に言ったら、


「え~???男が待ってるんですか~?」

って 凄い突っ込みを食らった・・・(爆)

そりゃそうだよなぁ・・・
一般的感覚だと その発想はある意味妥当か!!っと思った瞬間なのでした。

久しぶり名栗湖方面

梅雨明けでもしたんじゃないか!?という位 暑くなってきました。
汗もドンドン出て、こまめに水分補給をしないと危険です。
そんな中、土曜は秩父でまたも元気一番堂の方と偶然に遭遇。
ミノール氏と連なって走っていたら、豆腐屋の前で元気よく手を振る方がいるので・・・
 どなたか全く分からなかったのだけど、手を振るくらいじゃぁ知り合いかな?と思い 再度通りすぎた道を引き返したら・・・
またもあの方でした・・・!!
元気一番堂のパワフルな方!!
美ヶ原でも前日会い、宿でも偶然一緒。そして今回のライドの出先で会い・・・ 一体・・・これは・・・?
ここまで徹底的に会うと・・・?
(それも今まで、あったことがなかったのに?)
凄い縁。
ちなみに・・・ ミノールさんのお知り合いなので 私は美ヶ原以来ですが、すっかり親しみがわきました。&小学生の息子さんも一緒でした。(鉄道が大好きで、すっごく詳しいらしい。そして時刻表を持ち歩いて自転車に乗っているそう!!WOW!!)


NAGURI1.JPG NAGURI.JPG

続きを読む

リンコウも汗だく

P1000055.jpg

夏本番モードになってきたこの頃
走って駅それからリンコウも なめられません
汗だく
滝のように汗だく

時間がないなか数分リンコウも原因ではありますが 意外と体力?つかいます

リンコウのおかげで 自転車をかかえる右腕に筋肉がついて 手のひらも皮があつくなった(^^;
右手だけやたらパワーがついたかもしれないわ

脳内メーカー【自転車版】

久しぶりに登場しましたよ。
脳内メーカー!!
(nobuさんmixiで自転車脳内メーカーをやっていたんで 私もやってみましたなり!!)

ちなみに・・・以前、ブームでやった初期型の脳内メーカーはコレ↓(なかなか ツボにはまって面白かった 当時版!)
http://yukopanda.seesaa.net/article/49216209.html

今回の脳内メーカーは、また別型なのか?別物なのか分からないけど・・・ たくさんの種類の脳内メーカーが・・・あるみたいで・・・。
どれも似たり寄ったりなので自転車だけやりました!

でっ。
我輩はこんな感じだったんでRー!!
そこそこいい線いってる気がしますね~!
(勝手に・・・ミノール氏のも、珍、とどさんのも、もっちさんのも、とりあえずペンネームでやってみました 色々当てはめてみたくなる性。笑!)

結果は各自お試しあれ★

●フルネーム版

kojima.JPG

●『ゆこぱん』版

ゆこぱん自転車脳内メーカー.JPG

●『ゆこぱんだ』版(ユコパンではなく実は正式名は「ゆこぱんだ」なんですねぇ。適当につけてしまったネーミングなだけに、いまは普通にゆこぱんさんと呼ばれる・・・のです。予想外予定外。
まさか、そうなるとは!!がく~(落胆した顔)

ゆこぱんだ自転車脳内.JPG


●『ミノール』版

ミノール自転車脳内メーカー.JPG

続きを読む

ヴァケまちどおしいぃ~

kofu-miyage.jpg


 画像→甲府駅で買った自分用土産です(笑)
    電車内で食べつくしました。
    ちなみに、カキピーの「ほうとう味」は・・・
    普通のカキピーの味だった・・・。
    ん~どこがホウトウだったのか分からず・・・。
   


月次処理が昨夜終了し、ようやくまた落ち着いた生活に戻れそうです~!
嬉しい~!
これからは夏休みやレースのスケジュールも考えていくことになるし
ようやく落ち着いて色々準備もはじめられそうです。
(エッ。??なんの準備って・・・!)
そうね、やっぱり目先のことは秋田でしょうかね。
全日本に鳥海!
(このネタは後日!)
そんな中、続いて徐々にあたしの頭の中を侵食してきているヴァケーション。。。

私のばあい、夏休みは会社内で2パターンの中から選択できるのですが
その1→8月前半/ その2→8月中旬)

しかーし、ココの部署にきたら『選ぶ権利無し!』がく~(落胆した顔)
みんな後半にしなさいとのこと!!
なんだよなんだよ~!!
選ぶ権利もないのかよ~!!えらばせろ~~!!!
ってかんじ。はぁ~。

とはいえ、きちっと休みは取れる業種なのでそこらへんは良かったよかった~~
(休みも 企業的には長いほうなのだろうし?)
楽しみだな。
なつやすみ 
(未計画けど)


でもせっかくだから、やっぱりプチ企画したいなー


よろぴこ★
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。