スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【富士HC】明日はレースだ!(^^)

2008053120550000.jpg
今回のレース参戦者
参加人数4700人をこえている\(゜ロ\)(/ロ゜)/
マンモス大会だなあ

霧雨の降るなか軽くアップもすませ ブースでは薄地のド派手な蛍光色ウィンブレを六千円でかいました
去年もココで購入したジャージがあったんですが…
すでにすぐこわれたので(*_*)無理やり使ってます



さて明日は4時おきです(-_-)
はやい

ヒルクラのレースは毎度ながら はやすぎです(*_*)
スタートが7時ですから

Good night
スポンサーサイト

富士HC&J富士見パノラマの選手・サポートの皆様頑張りませう!

週末毎にレース参戦が多い方もいらっしゃるかと思いますが、またもレースですね。ほんとあっという間にやって来ます。

J富士見パノラマのマウンテンバイクの皆様。
ヒルクラの皆様。

が。ん。ば。り。ま。せ。う。揺れるハート


あいにく明日は雨のようで残念なのですが・・・。雨
(でも日曜は大丈夫そう?)
寸前でどうこう騒いだところでしゃーないのと、
日頃の小さな小さな積み重ねを出すつもりで、やってきましょー。手(グー)
寸前あがきしても、どうにもなりまへんよ。^^;

ってことで、あいにくの雨により・・・
電車現地入り→レンタカーに変更。車(セダン)



ギリギリまで天気予報を見ていたので今日予約。
ところが自宅最寄り駅のレンタカー屋が満車。がく~(落胆した顔)
予想外。どんっ(衝撃)
いつでも借りられるだろう。くらいのノリで思ってたのよね。
仕方ないので、隣の市のレンタカーで〔なんとか〕借りることができた。 元々、禁煙車を希望していたけど禁煙車は満車。
喫煙者だったらあったから・・・ クサそーだけど、しゃぁないな。
無いよりかましだろうし。たらーっ(汗)

続きを読む

振って飲む炭酸ジュース!

FANTA.JPG

とうとう、ファンタの炭酸ゼリージュースにチャレンジしてみました。 会社の自販。
会社自販は (比較的)最新の商品が入っているっぽぃです。

これ、先ず『飲む前に振ってください』と書いてあります。

そう!炭酸ジュースなのに振るのです!!

恐々 フリフリフリフリ。振ってみる。
  そして、しずかぁ~に、蓋を開けると・・・


 「プシューーーーッ」と弱音。

ぉぉ!炭酸だぁ。炭酸だぁ!目
でも、吹き出てはこないぞょ。

一口、ゴクリ。

おッ。
 ボロボロとやわらかいゼリーの感食。
 ジュースってよか、ゼリーですね。飲むゼリー。
 
そして 口に含んだゼリーが・・・

シュワシュワシュワシュワ~。
(なるほどーやはり 炭酸だ!)

ってことで、夏っぽーぃお味でした。
小腹が空いたときにでも いいのかしらね?
さくっと ピリッと いきたい時によいのかも???

続きを読む

ぱんだぱん完食!そのお味は?

 パンダパン。完食!!

ランチ後、午後2くらいに、パンダパン・興味あるある軍団がフロアに集結した。
いや・・群がる!と言ったほうが正しいのかもしれない。

やっぱ~、インパクトある~。
 ぱんだパン。

まるで学食のような雰囲気を少々かもし出しながら。
どう解体していこうか悩みつつ。
期待と希望を募らせながら…。

パンにデザインしているだけで心から出てくるウキウキ感は一体なんなのだろう?
子供の頃と変わらず(?)歳を重ねても このウキウキ感だけは、衰えていなかった!安心!(笑)
こうやって よく分からない希望や期待を、含まらせてくれる 顔パンは好きだ。面白い。

しかし こういったパンのお味は?果たして??

『ただ珍しい・面白い』だけで終わるのか・・・ はたまた
『これは旨い!』と味の追求までされているのか・・・!


________

とりあえず6等分くらいに分けて、バラバラに。
 跡形もなくなりました・・・

(うぉー。。。パンダがぁぁ。ぱんだがぁぁぁ!↓↓)

pandapan3.JPG


さて肝心のお味ですが、意外や意外。美味しかった!
一見、くどそうに見えたのですが、周りのチョココーティングは薄地でサッパリしていて
コテコテと付いてなかった。
・・・ 皆

   『え。これ 美味しい。』っと パクパクいっちゃいました。
中身は『あん』だったので、まぁ、チョコ付きアンパンってところですかね。(笑)

なんだか一瞬、この場の雰囲気に合わない、ワイワイ感と、ワクワク感ですっかり楽しく美味しくいただけちゃいました♪

(ちなみに)周りのチョココーティングが、食べるとポロポロと崩れてきます。
ぉぉぉ!!!
 床にチョコがボロッボロッ。と 落ちますねぇ。・・・・
結局、 あっという間に完食!!
いや~、うまかっただ。

とはいえ、これを、また食すには
 でかい・強烈キャラなので、一人では気が引けますが、こうやって分けて食べると楽しみも倍増と言った所じゃ~ないかと思います。

そんな ワクワク感を求める方には カナリお勧めの一品です♪

青横は、まだまだ隠れた 何かが?あるのかも!!!

続きを読む

パンダパン☆☆☆☆☆

今朝の通勤中、青横を降りて100円マックコーヒーを買ってから出社しようと、トロトロと歩いていたところ、ふと 横目に目にしたもの・・・。


それは・・・!

釘付け。

な、な、なんなのよぉ~!コレ。

素敵。素敵過ぎる。そそられる。

リアル。


PANDA-PAN1.JPG

続きを読む

全部十円!

2008052511400000.jpg
昨日から天気が崩れるとのことだったけど いつも通り自転車に。
雨どころか蒸し暑くて 少し走ると汗ダクダク。汗がしたたる。
いつも通り寿司を食べた後かるくはしりました。
今週末はイベントのせいか天気のせいか自転車人間はすくなかったです。

そんな道中で購入したのが画像の商品。ローカルスーパーナカムラで(笑)
わかるひといるかな?
多分わからんだろな

店頭に箱山積み状態で 値札は十円である\(゜ロ\)(/ロ゜)/
スポドリに紀文のジュース ほしいも
ほしいもに関しては原産国が中国であるのを
あとから分かったのだが(-_-;)
自転車なので とりあえず六個購入し60円なり(^○^)

みれば賞味期限が6月上旬であった
もう少しで期限が迫っているとはいえ 期限がくると捨てられてしまう悲しい商品たちの運命である!
もったいなやー

さて結局は雨に降られずはしりおえラッキー(^○^)
帰路中の電車で雨がふりだした。
そのまま今朝  午前中まで降っていたからノンビリすることもできた
これから遅めの活動開始ですo(^-^o)(o^-^)o。

健康診断

今日は健康診断でした。
相変わらず 身長・体重・視力・血圧・問診・肺レントゲンのみ。あとは尿の提出。
ここ4年くらいは体重はほとんど変化はない。
視力も誤差はあるものの、1.5。さがっても1.2どまり。
子供のころ、「0.7くらいしか無く、がちゃ目だったりして、メガネが必要かも。」と言われたことがあったが、あれ以来 視力は上がってしまい、1.5まできてしまった。
血圧は低い。今回は99-54.かといって、これは問題ない。

問題は(?)、問診・・・。

(医者)
「何か気になる点とかありますか?」

特別私自身、体調事態に問題もないから先生とは話すこともないのだが・・
  先生が質問してきた次の言葉は・・・。

「出身は東京ですか?」

って、おーいいい!!!
 なんじゃそりゃ。。。

 結局、「東京です」と答えまして、
 そのまま、おわってしまった・・・。


ま、元々、たいしたことやらないですからね。

続きを読む

NEW LOOKペダル

実は少し前にLOOKペダルを購入しました。
ペダル自体はLOOKしか使用したことがなく、使っているものは結構ネンキが入っており、ベアリングのガタあり・・・。
他社メーカーにかえるにはお値段が非常に高いので、とりあえずは。ということで同メーカに。
ツールド奥武蔵から使おうということで、前日にペダルを替えてみて、さあ!試乗だぁ! なんて、乗ろうとしたところ『全然はまらない』
えー。なんでよなんでよぉ~。
何度やろうとしても、だめなので・・・

な、なんと LOOKってクリート自体もリニューアルされていたんですね・・・いままでのクリートがまだ使えたので、そのままで乗ろうとしたら 昔のと共通ではないのねぇ(*。*)
キョエー!
仕方ないので微調整もあることだし、その日は 断念。

もちろんペダルを買った際にクリートも付いてきており、それを昨夜取付てみた。 見た目は旧型クリートとそっくり。
何が変わったかというと『軽量化』された。ということだろう。
軽いし、小さくなった。

こんなかんぢ.JPG

できれば、すぐにクリートが削れる現象も改良されてくれてるといいんだけど・・・ 

続きを読む

ツールド奥武蔵2008.5.18(2)

和 080518_124.jpg
(※クリックすると拡大します)

2008.5.18(Sun) くもり

早朝6時。私の家までサブさんが車でお出迎え。そして、そのままレース会場へむかう。
1年に1度「車で」秩父へ足を運び入れるこの日。ツールド奥武蔵。
このレース・・・3部構成で、なかなかハードなレース。
通常の、HCレースが楽に思われるです。

カーナビに頼りきりのドライブ。
車内ではサブさんの「GW自転車イタリア旅行」話に花が咲く。ヨーロッパ旅行を大満喫したようで羨ましい。
このカーナビ。よく分からないコースをで案内させる。普通に大通りを行った方が早いのでは?という感じ。我々、カーナビに踊らされている。
299に出ればもう安心。
299と言えば・・・「自転車で走りたくない国道の1つ」でありまして・・・。極力使わないようにしている道の1つ。
田舎道とはいえ交通量多し。そんな中でもチラホラ自転車のりが走っている。
おー 「この早い3名は3upジャージだぁ!」とか 車窓を眺めつつ・・・。
会場は山頂にある。とりあえず2ステのスタート位置から山へ入ることになった。
2ステージの山岳コースを全て走りきり、まるで下見のよふ。
普段自転車で走るところを、「車窓から眺める」というのは、全く違った感覚になる。
坂道がきつく感じられ、くだりのコーナーもやたら長く、ウネウネと感じる。
『こんなに上るのか?』『いつまで下るのか?』と思いつつ・・・
こんなに2ステが長いことに驚きを隠せない。
「こんなに走るのぉ?」なんて ぼやきつつ、会場入り。
到着するや否や、もう既に皆様ウォーミングUPとやらを している風景が!Wow!
気合はいっているね。♪
私はローラーとやらを持っていない。
その為ローラーでのアップは たった一度きり、人様のを借りてやった以来は やったことが無いのである・・・。
そういった意味ではローラを回す姿というのは、理想の図。
会場で会う、久しぶりの方々と話をし、奥武蔵爺殿も元気そうである~!

s-和 080518_007.jpg s-和 080518_010.jpg

さて、わたしは既に 車酔い気味。。
気分が悪い。山道+カーナビばかり見ていたのが要因であった。
気分の優れぬまま、とりあえず自転車にでも乗れば気分が晴れるだろうと思い多少乗ってみた。
大会説明を受けた後、「1ステ」から 3分程度のTTである。しょっぱなTTとはキツイのであるが これがこのレースの幕開けってかんじ。

個人TTのスタートはいつもながら緊張する。
いくら練習レースとはいえ、みんなちゃんと気合をいれて、気持ちをもってココにきているのだし。ドキドキ。
あー個人TTは何故ここまで緊張するのだろ。そういえば塩原もTT緊張するんだよなー。
このレースで一番緊張するのは1ステだったりする。
その後、2ステ。3ステについては、さすがに緊張もしなくなってくるのだが。。
私は7番目スタートであった。ラッキーセブン!
スタートを切るものの。。。 なかなか、ビンディングがはまらず(笑)
ちょっと間抜けスタートではあるが、ガシガシダンシングであがりゴール。
きついというか・・・キツイとなる感じの状態の トップに上がる感じの時に終わる。
タイムは去年よりだいぶ落ちてしまった。ガックシ。↓目指す幻の2分台・・。(目標はでかーく!)
最新マシーン導入もってしても、実力不足で、マシーン、日の目見られず。

(1ステゴールシーン)
s-和 080518_043.jpg

s-和 080518_041.jpg



続いて2ステ。一番のボリュームというか、タフなコース。
簡単にいうと正丸を一度のぼったら一度下りきって刈場坂を再度上る2度のヒルクライム。積算標高は約1000mといったところだろうか。
今年は安全第一とあってか、全員でスタート位置まで下山。
おかげさまで、安定、落ち着いて下山できた。(去年は下山中、落車^^;)
その後299でスタート位置まで皆でしばらく走るのだが・・・。
結構早い(笑)
でも こうやって連なって走ることはレース意外無い私にとっては新鮮である。
まぁ、ここからがレースの始まり つもりで行こう。
レースのパレード走行みたいなもの。この団体で逆にまとまって走ったほうが流れに乗りいいのである。

s-和 080518_127.jpg


そこそこ息があがるペースで現地到着。というか疲れ気味。いいアップになった!?
しばらくして、流れるようになんとなくスタート。
スタートまもなくは 平地基調のようでゆるーやかな上りと言うか。極力集団についていくことにする。
当たり前であるが、早い!!
Aカテゴリ系の方々と群れて走れるわけが無く。。 いや走りたいものの 心拍付いていけず。やわな私。
波にいけるところまで乗りつつ、かといって本格的なヒルクラの前に離脱。
ターゲットにしていたサブさんは・・・1ステではわたしが1秒だけ早かったものの、2ステからは姿を見ることも無く・・・無念!
2ステは ほぼ一人旅で終わってしまった。。。
後ろもダレもいず、前もダレも落ちてこず。
2回目の峠入口では奥武蔵爺殿がしっかりサポートとカメラマンで待ち受けていた。
あちこちで写真をとったりサポートしたりで。ありがたや。

s-和 080518_222.jpg


応援に応えつつのぼりに入ると、スケさん発見!!
「歩いているではないか!!」
一目でパンクと分かります。
そう、2ステって毎年、絶対ダレかしらパンクしてるのですよね。
そして納さんもパンク。
この二人、『上位争いをする強烈なメンバー』だけに惜しい!(派一員としては・・・派が2名脱落したのは、悔しいところ)
そして壮絶なバトル争いの結果をみたかった。
そんな二人の姿を横目にみながらも2ステ無事終了。
一人旅は気が抜けたかな。
2ステの1つ目の峠の下りは去年と大違いで怖くなかった。むしろ くだる為に上ってきたのか。っとおもえるほど楽になっていたことが
プラスになった点であろうか。去年は怖いとおもって下っていたのとは大違いではあった。

s-和 080518_194.jpg

昼食後に3ステ。
これで終わりではないのが このレース。3ステは、丸山林道10kmの個人TT.
1ステの結果の遅い順からスタートするので 後半程早い選手層が追い上げてくるのが面白い。
意外にスタート位置までの下山に時間がかかるので 少し早めに下山したのは正解。
スタート約5分前くらいに到着した。
3ステは6番目スタート。
1ステのような緊張もなくすんなりとスタートし、いつもの高心拍&マイペースで上がる者の、結果、去年よりタイム30秒落ちか。
まぁ(言い訳気味だが)去年は追い風モード。今年は向かい風モードということで(笑)
その間、後ろから追い上げてきた数名には抜かれたが、いづれは私ももっと上位争いをしたいものだ。
それが醍醐味。楽しみ&苦しみ、パワー!(意味不明)

3つのカテゴリを全てこなし、表彰式と抽選会を経て無事ことしも終了。
大きな怪我もなく、レース幕開けとしては最高な一日であり、楽しかった。
レース後のひと時もまたひとしお。
素敵な仲間に囲まれて、また1年、少しずつ成長してくことが楽しい。
壁にあたることは当たり前。そんなことは苦にせずやっていくことがきっと大事な要素なのだとおもう。
たくさんの経験と仲間を与えてくれた このレースに感謝!!

リザルトは正式な発表あり次第に後程UP!

ツールド奥武蔵2008.5.18(1)

無事今年もツールド奥武蔵に参戦して怪我無く、走りきることが出来ました。 詳細なレポートは後日にいたしますが、レースしやすい気候で、過激な森林浴が出来た感じです。

簡単な走りの感触は・・・
・・・去年より・・・

同等の力か むしろ落ちたタイムだったかな感じです。
思いっきりベスト更新したかったですね。、そのほうがテンションはあがるなw
でもでも、下りの感覚は 楽しく下れたし、まともになっったな、その点については感触は悪くはないですね。(ん~わらながらポジティブシンキング!!→職場面接でも「ポジティブ」と言われましたし^^;)
そう、どんな結果であれ、すべてにおいてプラスに考えることが大事ですね~。
レース中にインパクトに残ったNO1は・・・
すけさんかな(笑)
レース中に声かけてくれたり、トラブルあったりしてたし。あと軽量自転車はナンバーワンかと!!スゴイ!!!

開催者の奥武蔵爺殿が申すには、4年後には
開催20回記念!!
ですって!!すご~ぃ。
その際は 更なるビックイベントになる模様です。
ってか・・・既に今回で16回開催ってのがスゴイんですが。

やっぱり こうやって企画で色々な方々とお話できたり、輪ですね。
1年に1回あうって人もいるけど あうとホッとします。
「怪我なく、この1年乗り越えた~」ってかんじで(笑)

そして奥武蔵爺殿、サポートしてくださった方々、ありがとうございました。 今年も楽しく走ることが出来ました。揺れるハート
★頂いた一味がとっても楽しみです~(辛党で、一味大好き♪)



【一部写真】

レース後に並べられる賞品▼

2008051815040000.jpg

表彰式と賞品の前に群がる選手たち▼(皆さん早いです)

2008051815110000.jpg 2008051815090000.jpg

続きを読む

ツールド奥武蔵現地レポート

2008051812450000.jpg
今 奥武蔵にきております
第三ステージで構成されており第二ステージまでおわりました(^.^)

毎回開催してくれる方々に感謝(^.^)
ここで普段だせない強度をあげると調子があがるのです。

富士ヒルクライムまでに調子があがること間違いなし(^o^)v


次は3ステージにいってきます

シネマ通勤

(最近自転車ネタに遠ざかっていますが・・・それも有りってことで。)

シネマ通勤をしてみました。
テスト的に「洋画劇場」を携帯に予約録画。

翌朝、電車に揺られながら再生開始。
イヤホンをして 再生開始。
CMは早送りするものの、そんなに倍速があがらないので・・・もっと早く飛ばしたいな~ぁ。
とは思いつつも・・・ 見入ってしまったの。
思ったより意外と見ることができる。
ところとっぱし画像の乱れはあったものの、見られる範囲。
→もし綺麗に録画したいなら松茶お勧めアンテナがあるらしい。

映画は やっぱ大画面に限る~!!
だけども、この小さな画面でも見ることが出来るのは なかなかのものだ。凄い。
ちなみに通勤往復時間だけで余裕で「映画を1本見終わる」ことが出来るので、興味のある映画放映があったら録画しておくのが手かな。

リアルタイムに出勤中にニュースを見るというのも手だけど、、、
電車内の混雑で電波状況が悪いと途切れ途切れになりそで・・・そこまでしては、見たくないし。。。
それなら録画しておいた放送を見るのがベストかと!?

ってことで 続きをみるぞ!

続きを読む

チタン効果はどれ程!?

職場のスポーツマンから「チタンテープ」を試験的に頂きました。 どうやらチタン系に結構はまってるぽ~い(笑)
ファイテンのチタンは相当前から有名だけど…。
私が6年くらい前に使ったことがあるのは「チタンネックレス」かな。
でも『ファッション的』に使用してたのみってかんじで。。。
実際 見た感じもかっこいいし。
プロ選手がつかってるとなお更効果ありそう!っておもってしまいますよね。


使用の感想・・・

 良い様な気もするし、特別普段と変わらないような気もするし^^;


効果があったのか、無かったのか。それは。。。気持ち的な問題か。
でも私の場合は、ファッションだったから良いのだ♪

TVでバレーボール選手が皆してて「かっこいいなー」って思って買ったのよね。値段も手を出せない値段じゃないでしょ。3千円しないくらいだし。宣伝効果ってものは 凄いもんですねぇ。。。。

あれから数年。すっかりチタンの存在を忘れてたんですけど、チタンテープってのを手にしたのは初めてですね~。
そらぁ、存在は知ってます。


素材がチタンバイクなんて乗っていると 凄い血流効果もあったりするのかな????

でもですね 最終的には、ベースは自分自身の体なのです!
積み上げてきたことが一番にモノをいい、オプションで保護してあげるって程度でないと。(気持ち効果も高い?)>競技効果という意味では。
ただし、負傷等での治療効果ってなると、回復が早かったり効果はあるのかしら?


そうだ。せっかく少し頂いたテープは週末のレースで試しにはってみますかね☆

チタン効果について:http://www.sunward-kk.com/phiten/

スイカハイチュウ☆

HICHU.JPG

「おかしのまちおか」で見つけた『スイカ ハイチュー』

その値段 
      1個   19円なり。


やっすー。グッド(上向き矢印)
っ言うか まちおかって『ぁやし目な商品』多いよね。マイナーっていうか 普通のスーパーじゃ見かけないようなものが あったりする。いい気分(温泉)

別にハイチューなんて 全然食べた無くなかったけど「珍しい」からかっちゃったよ。かわいい
あと何個でもかっちゃいそうな 値段だったし。
値段につられたってとこですかね。

お味は、スイカ風味。
黒いプツプツが入ってるので感食は・・・「キュウイの種」がハイチュウにいり込んでいるような感じでした。
フツーにおいしかったデス★

本日の補給食

20080511121044.jpg

補給で こんなものを食べるのは うちらだけ?σ(^_^;)?

寿司にはまってますヽ(´ー`)ノ

小川の庄おやき村

20080510113448.jpg

おやきー♪
小川村のおやきー♪

信州名物らしいですねっ(^-^)v


京王ストアーにはいったら、偶然にもおやきが販売しており、ついかっちまいました(-_☆)

おやきって あんまり食べたことがなく、年に1、2回くらいかな…
それも自転車の途中の出店とかで…

今日は5種類も勢いでかってまっただあああ(*'-')

①あずき
②野沢菜
③かぼちゃ
④りんご
⑤しめじ野菜




ケケケっ(≧w≦)
たのしみいー

あぶ御用心(゜o゜)

20080501131511.jpg

箱館山のサポートレースのときに私も山を走ったのは前回記事の通りなのですが、
そんとき、一瞬にして アブに刺されたっぽい。
走っているときは

一瞬チョイ、イタッ?

程度で、やっぱり気のせいかー。で終わり(^^;)
全くわからんかった。
その夜、ちょい腫れ。
全然たいしたことはない。痛かゆみがチョイあるくらいで見た目も でかい蚊にでも刺されたのかなって程度(^^;;
現在は赤みが残る程度で腫れもないしー

確かに、翌日の走行中に観察しながら走ったら 黒い馬鹿でかい、ハチににた虫が頭上に沢山飛んでるでねえの!!
こやつに刺されたらいたそーだから いやだなーってかんぢ(*´д`*)



でもさ アブって あなどれないよね!
だって友人でさされたひとなんか 激酷い症状で熱とかもっちゃって 歩けなくなるくらい酷かったのよ!
腫れも半端じゃなかったし!!
症状の出方は、すごい違うみたいだから御用心ですよ( ̄□ ̄;)!!

【J箱館山XC】ゆこぱん宇治物語

__________________________

J箱館山 ポタ&観光編
__________________________


せっかく遠い地まで行くのですから現地をたのしまにゃあーなりません(^o^)

現地入りしたのは3日。
天気予報では東京はぐずつき気味。そんな天気も新幹線の猛スピードによりあっという間に東京を抜け、一気に快晴へと変わってゆく。
新横浜の次は京都。
はやい!

京都はそのまま素通りし鈍行で1時間ほど電車に揺られ近江中庄へ到着であります。

『ローカル線だから』とてあなどれぬ!
車内は混んでおり1時間ちょい立ちっぱなし。
バイクを壁に立てかけたくとも、人は壁側を譲る気配は全くなし(=°ω°=)完全なる自転車、無視である。置かせてくれよぉーバイクぅー。

通路真ん中を立ちっぱ状態でコトコト揺られ、昼間に到着。
風が強いが、心地よくて昼寝をしたくなるくらいの爽やかなお天気。
さいこー。あっつーい。快晴でラッキー。
私のGWはほとんど快晴率たかし♪

自走にてレース会場麓の宿へ、一年ぶりに宿。そして宿のおばちゃんと再会(*^_^*)嬉しさと懐かしさ。
温かみある民宿はまた行きたいと思わせる。

そしてラッキーにも再会(*^_^*)↓
DSCF1794.JPG

ラッキー番犬のようにドスのきいた声で吠えるのだが、毎度ながらこちらを見ては、、吠えない。そっぽむいて、ワゥワウ。と騒ぐ。


増築された新しい香りのする部屋に通されて。
まったりしながらも、ミノールさんは試走へ向かう。

DSCF1743.JPG DSCF1741.JPG

その間、私も箱館山探検だーーい!
プチヒルクラといったところだろうか。
あまり知らない地を走るのは楽しい。
先に何があるのか?という冒険心とワクワク感。たまらんじぇ。
Jのサポートとはいえども、些細な時間で楽しむことができる。(o^_^o)
山頂からそのまま反対側に初めて下山した。
残念ながら時間の関係で途中までではあるが、最高でありやんす(^o^)
ひっそりとしており誰も通らないみち。

DSCF1746.JPG

生い茂る森林。
山あいを走る渓谷みたいな? 山間をぬうかんじ。最高だぜベイベ(・∀・)
なーんて思いながら、分岐を右に。
どうやら何か施設が、山中にあるよーで。
閑散とした山あいでしばらく細い道を走ると湖が!処女湖というらしい!

DSCF1745.JPG

DSCF1744.JPG

アップダウンを繰り返しながら到着した施設からは、琵琶湖が一望できる展望というか。。おおお。でかい!琵琶湖。
まだまだアチコチはしりたがいが 既に夕暮れどき。
後ろ髪惹かれつつ、突き進んできた道を戻ります。
こーゆー静かなとこは好きだなー(^-^)v
それからマウンテンは安心感がロードに比べてあるからいい!
多少、道がゴロツコウガ神経質にならなくて済む。マウンテンで良かったなと思いつつ下山するのである。
このマウンテン激重で、リンコウで運ぶと まぢで頭痛がしてくるんですよ(--;)
大変な思いしてもってきたかいがあったってもんです^^;

この日は風が強かったな。ところとっぱし風がゴーゴー。
下山途中の見晴らし(*^_^*)↓

DSCF1748.JPG

宿にもどりお風呂に夕食はすき焼き。
タレが元々入っていたから去年のようなすき焼き事件はありませんでした(^-^)v

DSCF1751.JPG

ゆっくり休んだ翌日は午前の試走を済ませた後、宇治観光へ。
なにせ京都に出るまでに相当時間がかかるので、1カ所に絞らないと観光できません。
平等院へ狙いを定め行ってきました。
んー去年は銀閣寺だったのよねぇ。
日差しが暑い。夏だ!

DSCF1760.JPG

DSCF1761.JPG

ナナナナーント!平等院見学に長蛇の列!
まぢですかい??(-_-#)
抹茶&ほうじ茶ソフトを頬張りながら待つこと20分。

DSCF1768.JPG DSCF1769.JPG

じっくりと観察しながら、建物&館内展示物を閲覧。
展示物のボリュームがかなりあるので、見ごたえもありでしょうか。
スポット的に雰囲気があるところですね。
一歩でると普通の町並みだったりもしますが。
ここがウジかぁーと、しみじみ。。な感じ★

DSCF1779.JPG


そんなこんなで目まぐるしい、観光も終わり、その日の夕食はみなBBQなのでした。

大量でもないけど画像があるので、それはブログも面倒だから(?)さくっとそのうちHPにアップおきまーす。
HPのほうが一気にアップできるから楽ちんです。

【J箱館山XC】エリートスタート

2008年5月5日 ジャパンシリーズ 箱館山 XCレース開催。
天候:曇り、濃霧、霧雨
気温:寒め

▽エリートのスタートシーンです




____

残念なことに、いまいちレース展開を把握せぬまま、バタバタとサポートしていたら終わりました。さらに、画像のおとり濃霧でコース状況がまったく見えず。選手が近付かないとわからないのです。
「レース展開」の頼りは…もはや…「846さんのアナウンスのみ」なんですわ。
だけど、わたし、、アナウンスもろくに聞いてなくってさぁー。
いつもなら、サポートしながら順位も数えるのに、それすらしなかったし、もちろん画像や動画も全くないのです!
ひー。
やはり第一戦は不慣れな感じで、バタバタで終わってしまったってかんじなのです。


でもすごい展開だったみたい。
第一グループは目まぐるしく順位が変わっていたようだし、大注目の竹谷さんはメカトラ?らしく、60番近くまで落ちたんです。。
だけどそれから すごいパワーでめきめきと順位を上げていく姿。
これは、ドヨメキました。
あの順位の上げ方はさすがです。
一人、あのパワーで走っていく姿、やっぱ 同じ人間とは思えぬ。
すごかったです。

そして、そんな目まぐるしい争いの中、小野寺選手が優勝。
こうなってくると、続く、5月の連戦の戦いも目が離せないってかんじ! んー。また行きたいってかんじですね。

ミノールさんは、1周目、けっこう快調そうに見えて、これからあがってくるかな?って感じだったけど。。。2周目から一向に姿が現れないじゃないですか!!!
ハラハラもんでした。
ぜったいありえないくらい 姿がないので、、、

そしたら「自転車」もってコース上をランニングして通過しました・・・(@。@;
メカトラだったようで・・・バイクにのれなくなっておりました。。。(本人のブログご参照のこと

すどーマンさん、はっしー、けん10さん、よっしーさん、みな、そりゃもう、鋭いまなざしでした。
けん10さんは応援すると反応する方なので 声かけて、反応させちゃ大変じゃないかな?なんて 思っちゃうときがある(笑)
すどーまんさん、今回は補給は1回も取らず。
はっしーさんは、ドリンク1にゼリーを2個とったかな?
よっしーさんは彼女にお任せしておきました。

いやぁ、なんだか私、いつのまにかサポートのベテラン層?になっているようで、驚きました(笑)
今回サポートする方が2名おり、いろいろ私が説明する立場に。
いやー昇格しましたぁ★(笑)
そうかぁ、私も応援にきてすでに3年目になるのかしら?
そんな気がしないから驚いちゃうのですよね。



いやぁいろいろあったけれども、やっぱ、厳しい世界ですね。

今回はエキパの応援が出来なかったけど次回はみにいって、ミスティさんやJTさん、INACHUさんにエールをおくりたいところです♪
天気もそこそこ良くなってほしいなぁと、参戦側としてもおもってしまいます。
ガタガタもんですもん。(雨とか降っちゃうと。。。)
次回のレースも楽しみですね。

参戦された方々お疲れ様でした。
各出場選手のレポートみて、どんな展開だったか私も味わいたいと思います(笑)



 

【J箱館山XC】本日現地入り

20080503151539.jpg

とうとう来ました!
ジャパンシリーズへのレース会場入りです(^o^)

のぞみで2時間ちょいで京都、そこから更に1時間ちょいで近江今津です。

Jサポートがなければ生涯行くことがなかった地ではないだろうか(^^;)

レース会場は賑やかでした!(^-^)v
明日はダウンヒルのレースです!o(^o^)o


私も現地でちョコッと、はしりましたー
いやーさいこーっすo(^o^)o

連休と言えば…行ってきました!(桜紅茶頂く)

20080501172157.jpg

連休と言えば・・・
  ひさしぶりーに、山猫亭にいってきました。
  さらに檜原街道の裏道開拓も含め都民の森にも。
  勾配は緩いのだけど ながーいのですよね。道のりが・・・。
ちょうど昨日は交通量もすくなかったけど、十里木までの裏道はグットでした。私好みでございます。静かだしトラックもいないし。
ただし・・・この道が役場あたりまで続いていないのが残念かなー。

 
  山猫さんでいただいた 「桜紅茶」
 初めていただいたけど、桜の風味と香りが贅沢。
 おかげで、気持ちも心もすっきり爽快。春の納めどころとなったのでした。

20080501172219.jpg

続きを読む

GW合宿(後半)

___________________

GW合宿2日目の続き…
_________

パノラマでの練習を終え、今晩の滞在メンバーは4人。
門さん、nobuさん、ゆこぱん、それから2日目から合流する西ジィ。
みんな「初顔合わせ」という面白い組み合わせ。
でもそれはそれで和気あいあいと時間を過ごせました。
さて、、、、本領を発揮したのは門さん。
門さんは、、言いかえると【歩く人間マピオン】である。
なぜかって・・・?
地元の人より地形・地理に詳しい!!(これ マジ!)
実は、私が門さんと一緒に走るのは(確か)今回で3回目。
1回目は「2年くらい前の派の周回レン」それから「秋のツーリング」だったかな。(なつかしー)
****
前夜の「コース打ち合わせ」で門さんは・・・
「走りたい距離と標高を教えてください。その希望に合わせられますよ!」と・・・言い出した!! いろいろと熟知しているらしく いろいろといい道のみ選択したプランが組めるそうだ。
私が「積算2000mは走りたいです」と言った・・・。

そして翌日、ちゃーんと 私の言ったとおりに網羅されたコースを走ることになったのだ・・・。
______________

3日目(キャホーッ。本日も快晴!)
______________


さぁ、4人での出陣だ!
1日目の山の恐ろしさを痛感したばかりだったので、完璧なまでに荷物を用意したら、、、「これでは重すぎるよ」いろいろとアドバイスをもらえ、とりあえず大きなリュックは背負うのをやめ、簡易バッグを門さんから借りてスタンバイOK!!!

門さん、ゆこぱん、西じい、ノブさんと連なり信州峠の周遊コースへ。
もちろんメジャーな道を行くはずがありません。
裏道で網羅されたコースに大満足。
ちゃんと、走るたびに道の細かな説明までしてくれ、補給やトイレも常に意識を配ってもらい、最後までサポートまでしてもらいました。
おかげでハンガーノックも一切なし。天候にも恵まれたせいか、寒さ対策もOK.水不足もなしでした。 ありがとうございます。
メインの信州峠…は・・・。
「あたし、行ったことないー」なんて、宴会のときにいってたけど、大ウソでした。。。
行ったことありました。ミノールさんと。。(すみません)
http://yukopanda.seesaa.net/article/5905356.html

いったじゃんいったじゃん。
ちゃんと見覚えのあるコースでしたよ。。。。以前いったとき、山頂で農家の人と話したし。。夏休みにいったんだよ。。私。。。懐かしいなぁ。ブログに残すと思い出せるからいいですね。 
以前走ったところだったのでうれしくなっちゃいました。
メインの場所もそうだけど、それ以外にとおってきたすべての場所もメインに引けを取らないというか すべてがメインだった。よかったですわ。
小海線を横目に… 。森林浴。すべてが快適でした。
そしてみんな、しっかり走れて大満足だったようです。
いやーこの日は、みなさんすぐ撃沈で、23時前には部屋で就寝。

20080428124310.jpg

20080428123132.jpg

20080428123155.jpg

20080428134337.jpg



________________

4日目(がっぴょーん!またも快晴”””)
あたしゃ、晴れ女だぜ!
________________

最終日。
帰宅日ということで西ジィは9時に帰路へ。
早めにかえって家庭サービスです♪
nobuさんは、風林火山館等をみてまわり、体を休めるとのことで、ここで解散。
っということで・・・
あたしゃーーー 走りたいモードとれず。門さんとライド決定!
ということで、とりあえず宿からは退散。ここを起点にすると、標高が高すぎて帰りが大変なのでございます。
ということで諏訪湖まで車を走らせ、そこを起点にビーナスラインへイン。 いやーぁぁっぁ!!あたし初めていきましたよ。
ここでも裏経由でいったようで、車はほとんど無し。快適。
さらにビーナスラインもほとんど車なし。(気にならない程度)
絶景でした。。。
アップダウンがひたすら続き 何気にこたえるぞ!!だけど、景色は壮大。

諏訪湖全体を眺めたのも初めてだったのだ。。
諏訪湖ってこんな形してたんだーってかんじ。
いやー、走った分だけいろいろな景色もサイクリングの良さも味わえるってもんですね。

20080429114810.jpg

20080429142709.jpg

そうこう走っていたらあっという間に夕方。
走るだけ走って諏訪湖へ下山し、ここで門さんと解散。
門さんは、そのまま温泉でゆったりして深夜に家路につくプランにするそうなので、私はそのまま鈍行に揺られながら無事帰宅しました。そして筋肉痛は一切ございません 笑 
早さは無いんですがタフではございます。


この記事は書くととてつもなくキリがないので、、。
充実したストレス発散できたのでした。

残念ながら画像はこんなものしかない。そして 写真ではまったく伝わりません、壮大さと自然の迫力。
でもいいのです。
画像に残さなくても、ぞれはそれでいいとおもっております。
ちゃんと自分の足で自分の目で見て気持に刻むことが一番いいことなのですよね。

GW合宿(前半)

___________

1日目(4月26日)
___________


こんな機会でもないと集まらないだろうと思われるメンバー構成が集合
(^-^)
いつもの水泳部メンバーに、新たなメンバーも加わりました(^-^)
不思議な縁が縁を呼び、ヤッパリこんなことでもないと顔を合わせないメンツであるのかも(^^;)

待ち合わせ時間通り、皆無事に現地入りできたようで。
飛び石連休で渋滞に巻き込まれることなく皆ついた模様。
そして我ら、ミノール&ゆこぱんも、現地に遅ればせながら向かう。


……天気が怪しい。……


雲行きがドンドン怪しくなり…サムぃ。
パノラマへついた頃にはサンサンの雨である。

それぞれのメンバーと連絡を取り合いつつ、「走りたい人だけ」とりあえずパノラマへ集合することにした。
しかーし ここは標高が高いのである。雨、寒さも増す。

そんな中、現地に姿を現したのは「気合いバリバリのスケさん&(意外な)松くん。」の2名。
それからミノールに私で合計4人。
あとのメンバーは、ショッピング等にいったようである。

ぶっちゃけ寒いΣ( ̄□ ̄)!
山頂もおろか中腹も濃霧で覆われているスキー場。。。
これは危険か。
皆悩む( ̄~ ̄)

私もけして調子は良くないのである。風邪気味&バタバタで仕事を前日終わらせ昨夜はほとんど寝ていないのである。
とりあえず、「標高を下げて仕切り直し」ということで、車で一時間ほど走り山梨側へスタート位置を下げたのである。

降りはに弱くなり、気温も上がるが やはり寒いΣ( ̄□ ̄)!
でも みんな走りたい気持ち一心不乱でレッツゴー!!ってなことで
車を峠口に止めヒルクラ開始することに。
上りは、寒くないどころか暑い暑い。
ひたすら上り、ダントツパワーでスケサンはビシバシモードで上りまくりである。
ミノール、スケサン、ゆこぱんと三人が登頂。
真っ白な霧の中のヒルクラとなったのであります。
先がみえない!道のり。
私自身は、「栂池単独ヒルクライム」が常に脳裏に過りました。
一昨年の栂池ヒルクライムは濃霧でひどかったしね。。。
あれはある意味過酷でしたよ。(一人で怖いし。人はいないしwでもこわ楽しいというか 冒険するの好きでしてね。。)

いやー
今回の下山は大失敗でした。

濃霧の雨の中ブルブル下山していたら、本当に体が動かなくなってしまったのだ。
恐るべし自然。
かっぱも着ていたけどガタガタ震えて下山できなくなり、、身動きできない羽目に。。。
結局、ミノールさんに先に下ってもらい車で迎えにきてもらうはめに。。。。
こんな経験は初めてです。ご迷惑おかけいたしました。

車にようやく乗り込み、もはや廃人の私。ただただ、助手席でグッタ
リしており、そのまま宿に帰還しましたが、ずっと寝とりました
いろんな疲れや寝不足が一気にでたんだと思います

それから 体調が下り坂にならないか心配でしたが、なんとまあ!風邪の兆候もなくなり 元気を取り戻しました(^-^)
、東京ストレスの生活からぬけだせたせいか元気になれたのかも(^o^)

夜は食事に宴会。

20080427081755.jpg
可愛い姿にも癒されたのだ(*^_^*)

そんなこんなで23時には就寝。

そんなこんなで
1日目が終わり、一番大勢が滞在している一時なので大満足なのでした(^-^)v

________

2日目(すごい快晴さいこーだぜぃ!)
________


20080427115758.jpg

ほとんどのメンバーが帰宅する日。
J女子ライダーのMさんが現れる!ということで、バイクメンツはみなでパノラマへgo!
ご家族で会場入りしたMさんは、前日もばりばり走って、当日も現地まで自走できたとのこと!すごい!!!! やはり違うな。強いし、かっこいいですー。いやー楽しかったですホント。

ミノール、門、すけ、松、のぶさん、ゆこぱんも加わりライドとランチを済ませ、2日目のスケジュール完了。
2本目もいったのだが、時間の関係で途中で断念。
その後、宿までも1時間くらい上るので、そこそこ走れて満足の一日なのでした。

そして、残されたメンバーは一気に4人となったのでした

続く。。
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。