スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MAP】目黒・世田谷・狛江近辺

目黒・世田谷・狛江近辺マップ

目黒→世田谷マップ.gif

目黒マップ詳細1.gif

駒沢通り→世田谷通り.gif

世田谷→多摩川.gif

続きを読む

スポンサーサイト

塩原ヒルクライムへの心の準備

とうとう 今週末はぴかぴか(新しい)塩原ヒルクライムですぴかぴか(新しい)手(チョキ)
初めての塩原レース(●^o^●)楽しみです手(グー)
考えてみると乗鞍以来の大会右斜め上
まだ具体的なこと・現地地図確認もしていないから 下調べをしておかないと大変なことになりそう。
現地までは電車を予定。自走は必須になりますがアップがてらであるとわりきればよい事。
少しずつ大会に出場して 少し経験を踏まなくては。
大会から学ぶことも結構あり 新しい発見やふがいない結果がモチベーションになったりもします

かわいい塩原ヒルクライムの概要(覚えている範囲で距離は間違っているかも)
9/30(土) 約9kmのヒルクライムタイムトライアル
10/1(日) 19kmのヒルクライム

この2戦で争います!
ドキワク!!

今回は温泉宿に泊まるので贅沢(^_^;)るんるん
一人部屋 部屋食 温泉の源泉かけながし♪
い~んでしょ~か?この贅沢っぷり
前夜祭があるみたいだけど宿の食事を堪能するには・・・
前夜祭で食べてる場合じゃないかも!!!!
今回は時間を持て余しそうな予感もするけど これが温泉の醍醐味!?
ゆっくりまったり 食べて・・・温泉
ああ い~湯だな アハハンいい気分(温泉)

大会に遠征に行くようになって 温泉には縁がたくさんあるけど 贅沢なすごしかたをしてると思います
バイクに乗れば芯からお腹が空いて 食事がとても美味しいし 山へ行けば空気も美味しいし
やっぱり私のテーマパークは自然と自転車だな
決まり!!

ひらめき作られた遊びより 自ら作り上げる遊びに越えるものは無いと思う

続きを読む

白石峠タイムトライアル☆ベスト更新☆

24日 白石峠タイムトライアルにチャレンジ!
ミノール&ユコパンでトライしてきました。

お天気良好晴れ
私自身は昨日はあまり乗れなかったので山へ行きたくてウズウズしておりました。

○さぁ峠へむけて出発だ
ミノールさんは池袋から自走してくるというので駅前で合流することになりました。 合流後はちょっと腹ごしらえをすませ(ミノール→ハンバーガー2個 私はハンバーガー1個)その後出発。
白石峠へ向かう途中の物見山でワイズのチーム7、8人を発見。なんとなく合流してしまう形になったので、いつもなら追い込まないところを追い込む形になりました。
一気にショートののぼりで心拍180突破。私は最後尾から前方の2名を交わし終了。
肺から血の味がしてきましたグッド(上向き矢印)

○さぁ、タイムトライアルの開始だぁ
さて白石峠ですが、親父狩り方式(娘狩り方式)にてスタート。
やはりタイムトライアルとなると気が重い。
ぜーぜー となるのを思い起こすと気合がいります。スタート前は。
私とミノールさんの差は7分もあるので7分前に私がスタートすることとなった。
よーいスタート!!
今日はいつになく車がやたら多いぞ。
元気があったのでダンシング比率が高い。
いつののごとく タイムは気にせず激坂を上るできる範囲で。
一番軽いギアは使うとやはり遅いので、ぐいぐいと重めに。使うギアが1年前よりは変わってきているのでそこら辺で成長を感じる。
最後時計に目をやるとどうやらベスト更新できそうな感じである。
もしかしたら32分きれるかも?と思い最後の最後は懸命に出し切る。
やったーー!!大幅なベストタイム更新。
これはやはりうれしい。
来年の未来が明るくなってきた結果であった。
しかし、、本来なら抜いてくるはずのミノール氏が来ない。(もしや諦めたのか?)と思いつつつ頂上でまっていたところ しばらくして息を荒くさせながらゴールしてきたミノール氏。スタート前にトイレに行きたくなったらしくスタートが予定より遅く12分後のスタートになったとのこと。
なんとミノール氏もタイム更新・・・。

ということで結果は

続きを読む

○○○カップ競泳大会出場

昨日(9/23)は競泳大会があり参加してきました!
20060923110141.jpg

競泳大会と言えども会社の地区対抗試合であり交流の場とも言える1年に1度の行事であります。(泳ぎ納めとも言うのでしょうか)
久しぶりに水泳をし、懐かしい水泳仲間ともあえ楽しい時間でした。
私自身が今シーズンこれが初の水泳大会であり、水泳をすること自体がまったくない状態でしたが、私は私なりの楽しみ方ができた・水泳の心地良さや・元気にやっているかな?と顔合わせの大事な行事でもありました。


地区対抗試合でポイント総合優勝はは府中地区でした!
おめでとう!
府中の団結力は昔とかわりなくありましたね(●^o^●)
ちなみに私が所属する本社の参加人数は五名だけです。
ポイントですら稼ぐことは 5人では難しい話ですが、本社は本社なりの楽しみ方ができたと思います。
本社の練習環境の厳しい中でもみんなができるかぎりのことをしたのですから。

さて肝心の私のタイムはといいますと まぁ言うほどのことじゃないからパスします。
ハハハハハ(^_^;)

昼からの懇親会はたくさんの料理で たべきれない程
サラダばかりを中心に食べました!
ハゲンだっつーの胡麻味もたべたし(●^o^●)
残念ながら好きなお酒は最初の一杯で打ち切り
今回もバイク自走で往復(たいした距離じゃないけど)
帰りは一足先に帰り、昨日から出ていた背中の発疹がひどいので立川の救急医療センターに行って見てもらいました。
ひとまず、蕁麻疹ではない様で、外的な何か(たとえば山の中の植物や虫系、花粉)によるアレルギー反応と言われましたが、すごいアバウトで原因はわかりませんでした。
皮膚の発疹は どんな症状であれ同じ処方をするとの説明を受け、飲み薬に塗り薬をもらい診察終了。
現在もまだ ぶつぶつと痒そうなんですが、、痒みはだいぶひきました。
はやくなおらないかなぁ。
見た感じがすごくいやだよ。。。はぁ。。。(ため息)

【MAP】○○○スポーツカップ・水泳の部(溝の口周辺)

今シーズン初の競泳大会が明日ある。
今年は最初で最後の競泳レースであります。

右斜め下詳細マップ
NECグリーンプール.gif

右斜め下広域マップ
NECグリーンプール(広域).gif

続きを読む

ツールド沖縄迫る!!

ツールド沖縄までカウントダウンしてもおかしくない時期がやってきました!
もう約二ヶ月。はや~い( ̄▽ ̄) カウントダウン62日前!

クリックすると拡大します
(んんっ。表紙を飾るのは・・・あのお方!)

okinawa-HP.JPG

沖縄レースの見所といえば最長距離の200kmの部。
完走することも難しいレースだそうです。
ぜひ私は200kmの部に参戦する人たちのレポート(感想)が今から楽しみなのです。どんな気持ちで走るんだろう。どんな場面に出くわすのだろう。今年もスコールにやられるのだろうか。とか。
これに向けて真剣モードの方々が大勢集結するのでしょう。
私は去年初参戦。
観戦だけじゃつまらないから ならまあ出てみるか!というノリで参戦しました。
コースもロードレースにふさわしい走りやすい 最高の道です。
今回も気楽に なんくるメンバーと共に参戦してきます!
なんくるでは200km挑戦が初のまつさん&ミノールさん
130kmでI田さんN瀬さんが参戦です!
その前に数戦いれてレースに挑戦します。
また夏がやってくるなんて贅沢&楽しみだな~
豚の丸焼きを分解されていくシーンでも動画におさめてこようと思います(^_^;)

魔のルートからの脱出を試みる!

以前からストレスだったルート>N原街道。
わたしはそろそろそこから オサラバすることにした。さようなら
朝は快適なN原街道は夜になると全く違う姿へ変わる。
ドキドキして通るのだ。怖いと思うことなんてまず無いことのほうが思い出せない。時間がたてば技術があがり、対応できるようになるだろうと思っていたがやはり私には向かないと(いまさらかよ)判断した。
そんな中、そういえばバイク歴の長いベテランのスケさんの存在が!
そして自宅の場所やら条件的にも一致。
ベテランの意見をきちんと聞こう。じゃないと 単なるストレスになってしまうだけだ。

アドバイスは以下

N原街道は車のスピードが速いので快速派向きだと思います。
少なくとも35km/hrくらいは出さないと路駐の車などを避けるときに
後ろから来る車がプレッシャーをかけてくる傾向があるのは、と。

特に帰り。神奈川方面向きは東京方面向きに比べて道路沿いに
店が多い。なぜなら平行して東急が走っていて駅がそっち側にあるから。
に加え朝に比べ商業車が活動するからか、路駐の車が多いのです。


 ぁあ。なんて私に不向きなんでしょう(いまさら)
35なんて出てないし、タイミング見つけられないと路駐の後ろに立ち往生もしょっちゅうだったし・・・もう 夜はここからは見切りをつけよう。

続きを読む

BlogとHPの違い

似ているようでもブログとホームページは違う
自分自身も使い分けをしている。
そこで何が違うのか 自分が思った視点で振り分けをしてみることにした

■ブログ ○ホームページ


■活きている。つまり他者が書き込みできる形式で躍動感があり・コミュニケーションの場ともなり、HPよりもくたびれない
●主に閲覧させるだけなので、躍動感には欠ける→掲示板を別途作成すれば解決?

■メール・日記調で気軽にかけるので手軽に更新しやすい。
 ⇔気軽にかけるぶん内容がさまざまになるので、アバウトになりがち

●記事をアップするのに気力がいる・結構面倒⇔構成をきちんとまとめることができるのでわかりやすい

■カテゴリごとに別けられる・わかりやすい ⇔最新記事がどんどん下にいってしまい、逆に見つけ出しににくくなるケースもあり。
●HPの構成次第でどんな記事でも気軽に閲覧できる 記事に迷うことくたどりつける

■写真は1枚1枚の貼り付けなので アルバム掲載としては適しない。(特に量が多いと
●写真やアルバムが大量にアップできる点がある 


やはり一番は更新の手軽さが人気を呼ぶのかもしれません。
HPのサーバーに転送して・ファイル名がおかしいから反映されないとか、こまごまとしたことがブログだとありません。
しかし
更新しなくてはホームページであれ ブログであれ化石にはなってしまいます。 それだけは共通ですね・・・。
あと掛け持ちは私にはできそーもありません。

続きを読む

ちとせ屋の豆腐(五日市)★★★

初めて五日市にある「ちとせ屋」の豆腐を現地で食しました9/16の話
おいしーグッド(上向き矢印)
それもつかれきった体にたんぱく質を直接投入ってかんぢですexclamation×2
おすすめっグッド(上向き矢印)

DSC00085.JPG

昼近くになって五日市へ出発。
いつものごとくスロースタートで、通り過ぎる人たちは皆、帰路モード
私は逆走。
なんと今回もMATSU先生と五日市でばったり会いました。
私自身が五日市に足を運ぶことが少ないのに、この会う確率非常にに高い気がします。確率8割ってところでしょうか。。
すでに練習帰りのMATSUさんを、再度登頂はどうですか?と巻き込みました。
  ・・・・まじで行くとは!!!

続きを読む

J1XC最終戦in大鰐【レース終盤動画配信】

レースは終盤をむかえる映画
スタート直後のフレッシュな足は 今はまるで鉛のように言うことをきかなくなる
思うようにならない足は あちこちのヌカルミで足を滑らせ転倒させる
小さなミスがかさなることで明暗をわけると言う

最終周はサポートポジションを離れ 少し違う場所も撮影しました映画
応援の賑やかな場所があり そこでは選手達がたくさんのパワーをもらっていたと思います!
辛いときこその応援は力になります手(グー)
たとえ応援にこたえられなくても選手には十分に伝わっていることでしょう!

データが重いのでPC環境により読み込みに時間が非常にかかります。
 (緑ラインがいっぱいになってから再生すると最後まで再生します)










レーススタート動画配信は
http://yukopanda.seesaa.net/article/23756666.html

エリート部門 レース中盤動画配信2
http://yukopanda.seesaa.net/article/23764878.html

J1XC最終戦in大鰐【レース中盤動画配信】

映画エリート部門 レース中盤動画配信2

レースも序盤から中盤へとさしかかり 選手の走りも疲労がジワジワと出てくる辛い時です
ここが正念場。そして勝負のみせどころ。
雨脚も強くなり台風時間もたつにつれコンディションも悪くなるばかりふらふら
そんなレース展開が見られる中盤をお楽しみくださいるんるん
揺れるハートとりこさんの声援もはいってます♪











レーススタート動画配信は
http://yukopanda.seesaa.net/article/23756666.html
データが重いのでPC環境により読み込みに時間が非常にかかります。
 (緑ラインがいっぱいになってから再生すると最後まで再生します)

J1XC最終戦in青森大鰐【エリートスタート&レース前半エリート部門】

レース報告&動画配信開始

レース当日・・・あいにくの雨。さんさんと降る。
時には強く降ったり、やんだかと思いきやまた降ったり・・・。
少々?(大幅に?)寝坊した私は、遅ればせながら会場へ足を運ぶ。
すでにエキスパート部門はスタートしていた。雨だ。。
ひとまず芝生の上をあちこち走り回ってみて、チェック。
あちこちで 懸命に走る姿を目をこらして見る。どうやらここのコース1周回するのにだいぶ時間がかかる、1周5.9kmなのだが、起伏が激しい。
選手が上りはじめたかと思いきや、スキー場のグリーンの濡れた芝生の上をダウンヒル。
 ・・・ またキツイ上り坂がはじまり、森の中のシングルトラック、そしてダウンヒル、そして上ってくる。
応援する側としては 結構見ごたえがあるコースである。 サポートポジションからでも選手が何度もみることが出来る。
だいぶMTBの知り合いが増えたので応援していても面白い。気を抜けない感じである。
あっちこっちで仲間内が前後したり、抜いたり抜かされたり。
MTBは体力そのものだけでなく、技術や集中力、全部を投球していかなければならないレースである。
一時も気の緩みが許されない競技というのはMTB独特の世界であると思う。

12時半からはエリート部門がスタート
【そして 見どころの動画シーン】








☆今回は3部構成にして動画を配信します。
 第1部はスタートからレース前半
 データが重いのでPC環境により読み込みに時間が非常にかかります。
 (緑ラインがいっぱいになってから再生すると最後まで再生します

ちなみにナレーションもはいってますが間違っています。
(すぺしゃの人を竹谷選手とコメントしたりしてるので・・・)

快挙を成し遂げたけん10選手は、13位という好成績。
ミノールさんも最後までやり尽くせたと コメントを述べている。悔いはない!やるだけやった。
やることやらずより、成し遂げて得ることこそも大事。
多くの仲間が、いろいろな形で最終戦を終えた。
悔いの残るもの・J2の伊豆修善寺をすでに狙うもの・大鰐のレースを大満足で終えたもの。
今年も長いようで 短かったようなJサポートを終えた。


動画配信2部・最終編へつづく・・・

函館グルメ旅行記(続J1大鰐サポート→旅行へ)

レース編を飛ばして先に函館グルメレポートっですビール
前日編は:http://yukopanda.seesaa.net/article/23684197.html
(動画については編集次第分割してアップします。全動画12分!重たすぎてアップできません)

DSC00081.JPG DSC00080.JPG



日曜日のレース後、17時頃のスーパー白鳥へ乗車し「函館」へ。
道のりは約3時間である。世界一長い海中トンネルを抜け北海道の地へたどり着く。青函トンネルは当然ながら真っ暗であるがトンネルに入る前はきちんと「アナウンス」が入り知らせてくれる。
青函トンネルといえば・・・確か函館に住んでいたときの遠足だったかでも利用している。そのときはトンネル内の駅でも確か停車したような・・・。

20時過ぎに函館駅に到着し、自転車を組み立てる。
1日目の宿は、函館国際ホテル。きれいで接客マナーもすばらしい。
本格派ホテルである。素泊まり4300円なりかわいい
食事は居酒屋へ。とても安い居酒屋を薦めてもらったが、本当に素晴らしい価格。海鮮にこだわりまくった結果、全て海鮮尽くし・・・当然食べられない羽目に・・・
必死の想いで食べた。食べまくった。
でもまぁ低カロリーであろう。油系のもの一切頼んでいないし。
これだけ食べても・・・一人3000円程度。やっすー。刺身なんててんこもりだ・・・。イカは新鮮すぎて、吸盤が口にへばりつく・・・。
生きているのだ・・・刺身になった今も・・・。
食べながら「ぎゃーくっついてるー」と叫び、、、つつも食べました。

■以下食べたものリスト■

DSC00077.JPG

DSC00076.JPG

DSC00074.JPG

DSC00060.JPG

DSC00078.JPG

続きを読む

J1最終戦in大鰐【前日現地入り編】

ぴかぴか(新しい)J1最終戦in大鰐【前日現地入り編】

 9月9日土曜、朝7時ちょい前の新幹線「はやて」で青森へ向かう。
朝は早いが 快適な交通手段の1つ。
今回も去年と同じくスペシャルチケットを利用した。

○スペシャルチケットとは・・・
『4日間フリーで使え、特急列車や新幹線の指定席も取れる(東北、函館)』JRのチケットである。なんとお一人様24000円というお値段なので、青森へ行こうが・大鰐温泉に行こうが・函館へ途中から移動しようが一律のお値段。JRバスもフリーなのであります。 このチケットの問題点は男女ペアでなくてはならないという限定はあるものの、それは男女人数あわせれば使える手段手(グー)
ここまでチケット説明をしたものの、実はこのチケットは販売中止になってしまった・・・残念すぎるぅぅぅ。 
さて、12時半頃には大鰐温泉現地へ到着した。
(ちなみにお昼は駅弁。これがなかなかの美味であった)

DSC00064.JPG DSC00063.JPG

大鰐温泉駅、あっつい!!真夏の天気であります。
汗がダクダク・・・。
そこから、宿泊場所の国民宿舎へ。道のりは「上り」ではあるが 宿と会場は近くであった。
宿前の斜面は結構きつい。
初めて降りた地。大鰐。わくわくします。私は選手じゃないので おき楽。
ミノール氏はそのまま試走へ向かい、私はちょろっと会場をのぞいた後、持参した「なんちゃってMTBにて」宿の前の坂道を上る。
なかなかの坂。斜度は結構きつい!!! 
この坂を上がりきると、リフトの頂上まで行くらしい。
結構な急坂をひーこら上っていると、青森ロイヤルホテルが山頂にあった。
その先はホテルのゴルフ場の間を縫って どうやら先へ走っていくらしい。
よくわからないルートだ。
仕方なく、ホテルをつきぬけホテルの敷地内へ入り、ゴルフ場の間を抜けるとまた山道が現れたが、すでに下りモード。すでに下界へ下るモードへ。
しかし、通行止め(工事のため)となっている・・・
後戻りするか 突き進むか。どちらかであるが当然進む。
工事の方に聞いて、「進めるよ。下って右に行けば大鰐へ、左へ行けば他の所へ(地名忘れ)にいくよ!」とのこと。
いってしまえ!!後に戻るのはだるい!とおもい突き進むが、道が悪い悪い。
途中歩いたりも入れて、下る。
内心、熊が出ないかどうかが心配だった。青森は連日、熊が出没してるらしいし・・・。
結局下ってきたら、だいぶ下の方へ出て、また大鰐温泉駅にむかって宿に戻る形となった。結局2時間くらいのライドを終えて、あとは宿でゆっくりとすごした。快適、爽快。

さぁ、明日のレースがどんなことになるか。
エキスパート10時スタート。
エリートが12時半スタートである。
私自身も体力を蓄えるべく、早めの就寝。というか寝すぎ。
電車の中で寝まくり、とにかくよーく寝た。恐ろしいほど寝られるのは、ホント技かも・・・

かわいい次回レポートは選手観戦動画を配信!
ちなみに動画編集中 今回はやたら撮ったので編集が大変。
ずいぶんデジカメにしては長い時間撮ったので、全部掲載は不可能。
一部だけよさげなシーンを絞って載せる予定です♪

J1最終戦in 青森大鰐温泉現地レポ

20060910193802.jpg
J1最終戦in青森大鰐温泉が本日無事に終了した。
(久しぶりにリアルレポート)

土曜日はダウンヒル部門
日曜日はクロスカントリー部門が行われた

サポートの私は土曜日入りした
土曜、現地に昼過ぎ到着したが暑さは真夏( ̄▽ ̄)
暑さが堪える。選手たちの試走も大変だったことだろう

その日は会場真横の国民宿舎に宿泊し 翌日のレースをむかえることに。

そして今日 はれの舞台が訪れた。しかしあいにくの天気は雨
前日との天候のさに驚く(゜_゜)
昼スタートの部のエリート部門の時には 時より強い雨となった。
悪コンディションの中のレースは 想像以上の激しいレース展開だったにちがいない

さてレース展開は後日 動画と共に配信することにする
今日はこの辺で( ̄ω ̄)

現在 青函トンネルをくぐりおえ もう少しで函館へ到着する。

ではでは
サヨナラサヨナラサヨナラ(^^)/~~~

若葉台・稲城・向陽台はミラクルゾーン

若葉台 稲城 向陽台は毎回さまよう地域・・・

タイトルであげた地区は多摩市の近隣地区です。
実は 私 この地区に入り込むと毎回と言っていいほど迷うのでございます
昨日はなんと!この地区で一時間もマヨイマシタがく~(落胆した顔)
抜け出せず なかなか聖蹟に戻れませんでした(^_^;)
いきなり綺麗な住宅ゾーンにはいったかとおもいきや 何だか小田急の知らない駅名の標識をみかけたり
あ!ユニディだ(店の名前)を みつけたり
明らかに多摩市がとなりにあるはずなのに、 無駄にあちこち(^_^;)
最終的にコンビニで地図チェックし さらに店員にきいて 無事に聖蹟生還。
あそこ 方向感覚を失うゾーンです(^_^;)
これこそミラクル地域!!!
起伏と道がウネウネとしており、方向感覚がなくなる地域なのでございます。
ランニングでもバイクでもほぼ9割型・迷う近隣ゾーン
ランニングも短時間ですませるはずが 稲城の起伏を求めたがために、
大幅に走るはめにたいていなるのでしたどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

ps ちなみに都内も・・・ちょっと冒険を試みると1時間とか平気で迷うんですよね。ひぃー

光輝く虹リング(暗闇対策)

※この動画閲覧掲載が終了いたしました。
 光リングの動画が見たい方は、管理者までコメントください。
 動画を差し上げます。


きれいでショー。
腕に通せば目立つこと間違いなし?(でも腕太いと通らないかも?)
これで夜もピカピカめだっちゃーうぴかぴか(新しい)

とはいえ半額セールで投売り?していた模様で たぶんまあ今はうってないでしょう。(なんと予備の電池もついてるんざますです)

続きを読む

乗鞍ヒルクライム【プロPhoto掲載】

今更ながら乗鞍のプロ写真がオールスポーツに出ていたのでいくつかピックアップしてみましたo(^-^)o

x-image2.jpg

x-image1.jpg

写真枚数の傾向としては チャンピオンクラス 女性クラスが圧倒的に多いみたい
逆に人の多いクラスは一枚も写真がないのもあり(^_^;)
ミノールさん&元さんの画像求む(._.)_プリーズ。
(一枚もなかったよ~)
逆に私や風さんの画像はこれでもか!というくらいの枚数ありました(^_^;)
写真がだいぶ集まったからホームページにしなくちゃ~なー(^_^;)
(最近更新してない)

風さん
ベストタイムを更新!来年は10分切りを目指す。モチベーションの高さは誰よりも高くパワフルです

x-kaze4.jpg

マツ先生
ヒルクライムに専念しはじめた選手
著しい進歩をなしとげています!
マツ先生とのタイム差縮めなくてはぅ!
x-matsu.jpg

○川ちゃん
めちゃ細身のヒルクライム体型!
やる気のなさは凄い ひとまず大会ギリギリまで布団からおきあがらないのに 早いんだよね(゜_゜)
やる気次第で10分前半までいけるとおもうが(^O^)
x-kawa1.jpg

○水さん
ランナーからバイクに転向
今回はレース前日にニューヨークから日本に戻ってきたため体調すぐれず
x-mizu1.jpg

○もがスケさん
やっぱりもがいてます!
とにかく自然を満喫するのが上手。
今回の乗鞍も徹底的に満喫したようです!山仕様メカもすごいです(^O^) ベストタイムも更新!

x-suke1.jpg

そして私
x-yuko2.jpg

☆ミノールさん元さん画像発見できず。

続きを読む

スポーツ中の突然死

ふと、ヤフーニュースをチェックしていると飛びついた記事は以下

トライアスロン出場の63歳男性、競泳中に突然死・・・

 (続きの記事は文末の「続きを読むをクリック」してください)

そう、佐渡トライアスロンで起こった事故である
去年私は佐渡ロングに出場したこともあり過酷なレースなことは私自身が身をもって体験はしている。
 今年は出なかったにせよ、他人事ではない。
どんな競技にせよありえることだし 良く耳にすること
突然起こる事故をどう事前に自ら把握するべきか。
無理しない・体調管理 等々・・当たり前のことではあるのだが、見極めは難しい
「今日は心拍があがらないから体調不良だ。じゃぁレースやめよう」ってわけにもいかない。多少の風邪だったら出ている。大会だからこそ多少無理することすらある。寝不足だって出たりする。
この日のためにと思えばなおさらであろう。
ただ、こういうケースはレースだけじゃなく普段の練習時でも良く耳にする死亡事故だ。

突然死詳細
以下を読む限り、ひとまず生活習慣・ストレス等改善して、健康的な生活をして普段からきをつけよう。ってことだなぁ・・。

http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000369.html

■突然死って?

「ううっ!」と痛みを感じ、様態が急変してしまう。ある日突然のごとくやってくる死。
事故や自殺などの外因性の原因がなく、それまでまったく病気がないか、あっても安定した状態にありすぐに悪化する気配がなかったのに、突然病気が発症して24時間以内に死んでしまう場合」を突然死と呼んでいる。とくに、発病から1時間以内に亡くなってしまったケースを「瞬間死」ということもある。

突然死を起こす直接の原因の約半数は心臓。残りは脳(くも膜下出血や脳内出血、脳梗塞など)や呼吸器系に原因があると言われている。

実際に突然死した人の実態を把握するのはとても難しい。なぜなら、突然死というのが死亡の原因ではなく、死に方の問題だからだ。ただ、突然死する人は意外に多く、亡くなる人の5人に1人が病気を発症して24時間以内に亡くなっているとも言われている。

■突然死はどんな状況で起こるのか

予防医学の専門家・川村孝氏(京都大学保健管理センター長)らが、愛知県内の勤労者男女約20万人を対象に、1989年から7年間にわたって調査した中に、突然死した264人のデータがある。


● 40代、50代が最も多い
● 女性より男性のほうが約2倍の確率で起こる
● 月別にみると4月が多い(平均的な月に比べて1.62倍)
● ウィークデーに比べて日曜日は1.9倍、土曜日が1.36倍と、週末に起こるケースが多い
● 深夜から未明にかけて起こることが多く、午前0時から3時は、午前9時から12時の1.71倍の確率
● 死因は、心臓血管系が半数以上。原因がわかっているものでは、急性心筋梗塞が最も多いが、8割方が原因不明で、心不全である(正確に言えば、心不全は死因ではなく、心臓が機能しなくなって停止したということ)
● 勤務中に突然死する確率は2割弱、勤務外が8割強。その内訳は、睡眠中が20%、入浴中が5%、用便中が5%と、自宅で倒れる確率が多い




このデータによると40代・50代の働き盛りの男性が突然死してしまったケースが目立つ。
また、 4月や週末に多いのは、おそらく職場や家庭の環境の変化などが精神的・肉体的ストレスとなっていることも原因ではないかと考えられている。

続きを読む

‘オススメ’国立博物館(上野)

久しぶりに博物館に行ってきました~
DSC00051.JPG
 ぴかぴか(新しい)今回もトテモオススメスポット 国立博物館ですぴかぴか(新しい)
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00

ん? 上の写真は誰かって??
そりゃもう、人間のご先祖様ですよ。なんてワイルドなのー揺れるハート
乳は垂れていますが 立派な男性(オス)です。
精巧に出来ているので じっくり見ていても 腕の血管とか本物と見間違えるほどの作り・・・。
帰りのお土産ショップで彼の模型を買うか迷いましたがやめたくらいです(笑)
もう少し人間に近づいてくると左斜め下こんな感じになってゆくのですね

DSC00052.JPG

いそう!!こういう人!! 身近に!!

で、話を元に戻すと、国立博物館ものすごーく見ごたえがあり、すんなりと頭に入っておもしろいのです。
今回、とてもじゃないけど見切れなくて・・・
入り口1階の「地球の多様な生き物たち」
B1F「恐竜館」
B2F「恐竜絶滅後の地球の誕生&哺乳類の誕生」

これだけしか見られなかったーふらふら
さらに科学や宇宙のゾーンや、逆に地上の2F&3Fのゾーンまであったのです。 んーなので次回繰越しますよ。これは。楽しみーグッド(上向き矢印)

迫力があります。
頭上に実物大の生物の骨格がぶらさがっていたり、ものすごい量の剥製。
リアルで精巧な再現された 情報が目でみて楽しい。さわって楽しい。
子供も興味深々になること間違いないでしょう。

alt="DSC00054.JPG" width="320" height="240" border="0" />

地球上って、考える領域を越した不思議な生命や力や、物体がほんと存在するんですね。
ごくごく人間が小さな点に過ぎないと感じてきますスケール。

DSC00055.JPG

真下から見上げた骨格よぉー んんんー!うっひゃー右斜め上
歩き疲れたけれど いやはやオススメですなー。博物館
ちなみに入場料は500円なりー。チャリーンっ。

続きを読む

ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。