スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏風邪モード

うっひゃー。昨日から風邪モードに突入いたしました。
鼻水がとまらん・・・
原因を予測するに
・暑いけど網戸にして寝ると途中で寒くて起きる→冷えた
・夜更かしと月末の仕事の忙しさと重なった→寝不足・疲れ


いかんな。いかんな。これじゃ。
熱は出ないけど軽症の風邪は多し。注意せねば。
あと数日超えれば仕事のピークも終わるんだ!!
がんばれっ。がんばれっ。
おぅ。


ところで、最近はちみつにはまっています。
かわいいパンにはちみつ。
かわいいヨーグルトにはちみつ

はちみつは 砂糖よりいいですよ。

蜂蜜の効能http://syoku.e-johokan.com/kn-hatimitu.html

蜂蜜(はちみつ)の効能・効用
 はちみつは、ビタミンやミネラルを多く含んだ食べ物です。その中には、現代人が不足しがちな、カルシウム、鉄、カリウムなども多く含まれています。

 はちみつの糖分は、ブドウ糖と果糖が半々になって出来ているので、砂糖のように摂取してから体内でブドウ糖と果糖に分解する必要がありません。ですから、吸収されてからエネルギーに変わるまでが素早いため、スポーツ選手に好まれています。また、多くとりすぎても脂肪になりにくい性質もあります。

 そして、多くのビタミンミネラルを含んでいるので、成人病や貧血を防いだり、老化を防止してくれます。特に、鉄や葉酸に造血作用があったり、コリンやパントテン酸が肝臓を強化してくれます。

 また、はちみつは保存性にたいへんすぐれていて、何千年も前にエジプトのピラミッドから出てきたはちみつを食べることが出来ました。
 これは、はちみつの殺菌力によるもので、はちみつの中に赤痢菌を入れると10時間で死んだり、チフス菌や大腸菌も48時間で死んでしまったという研究発表があります。
スポンサーサイト

スポーツ愛好者必見!?(体臭がバラの香りになるガム販売)

面白いニュースを見つけましたぜぃー。
なんとま、体臭がバラの香りになる「ガム」が販売されるそうよ。
汗をかくかたって目にとまるニュースじゃないでしょうか?
汗をかいて数時間たつと「異臭」がしてきますよね・・・(-。-;
すぐシャワーを浴びれればいいんですけど、そういう状況じゃないとき、事前にこのガムをかんでおけば、数時間後にはバラ香りがぷんぷん”?
男性がターゲットらしいので、どうだろ。
バラの香りがする男性って・・・キスマーク
んー なんかいいかんぢかもぉ?しれません。
(一応 私はお昼にシャワー浴びてます。シャン&リン&ボディも!)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060628-00000008-maip-bus_all
機能性ガム かんで1~2時間後、体からバラの香り
かんでから1~2時間後に、体からバラの香りがする機能性ガム「オトコ香る。」
 
 カネボウフーズは27日、機能性ガム「オトコ香る。」<ローズメントール>を7月10日に発売すると発表した。汗とともに放出されやすいバラの香気成分を配合。かんでから1~2時間後に、体からバラの香りがする。
 同社の食品研究所によると、バラに含まれる成分「ゲラニオール」はにんにくやアルコールなどと同様に皮膚の汗腺から汗とともに放出されやすい成分で、滋養強壮成分が豊富な植物「マカ」も加えミント風味のシュガーレスガムに仕上げた。
 体臭や香りを気にする20~50代の男性がターゲット。9粒入り126円。駅の売店やコンビニエンスストアで販売する。
(毎日新聞) - 6月28日10時6分更新

バイク部品欲しい物リスト

ゆこぱんだの欲しい物(買いたいものリストメモ)

・決戦用ロードバイクタイヤ2本
・決戦用ロードチューブ2本
・MTBオフロード用タイヤ
(1組くらいは欲しい。シノラーからいただいたお下がりはかなりキテル)
・MTB用のアウターワイヤーとワイヤー?
・MTB用ブレーキシュー2組
・レッグウォーマー2組(もうボロボロ)
・メンテナンス用の油1個
・(できれば)バイクパンツ1つ

そんなもんかなっ。

エアエッジ→ドコモへ

docomo.JPG

今回7年くらい使い続けていたPHS(現在、エアエッジ)からドコモへ乗換え。
エッジ暦、たぶん7年くらい。
実際安さ・音質も良かった。
(あまり地方へ行く等なければお勧めします!)
パケットし放題(ブラウザにオペラが入っているのでネットし放題)で5千円ですむ。
実際、携帯端末からお店のHPにアクセスし限定セール品を発注かけたこともあった。
田舎へ行くと『圏外』になることを除いては・・・良かった。


・ちょっと田舎に行くだけで圏外。 
 しかも肝心なときに通じないのは問題。
・我が家の1Fでも圏外・・・
・圏外になる率が多い。その他いろいろな場所で。


また今回、今の使っている機種の電池のもちが半日、もっても夕方までの状態になっていたので買い替え時期のタイミングでドコモにした。
すべての割引を適用させ(ファミリー割引が大きい) エッジよりも低いプランで収まった

画質を落として撮ったカメラ機能(130万画素)
DSC00001.JPG

手組みホイールとは

お恥ずかしい話ですが まずはここから調べました・・・。
http://www.belleequipe.com/wheel.htm

ここでは一般的に言う手組みホイールについてです。


今は完組(最初から形になっているホイール一本ずつスポーク(細い針金)を通して作る、手組みがある。

手組のメリットスポークが多いため1本1本の調整がしやすく、少々リム(外側にある輪)が曲がっても乗れるまでには修正できることが多いホイールだ。
初めて乗る方は段差などで壊すことも多く、最初の1本は手組みを使うことが多くなる。

まずスポークをハブに通していきます。
スポークの太さは番手で表示してあり、番手が少ないほど太くなる。14番の方が15番より太くなる。実際1番というものは見たことがないが、最初の番手なので多分実在するのではないかと思う。

スポーク太さはリムの強度と重要な関係があり、リムが丈夫なほど丈夫なスポークが必要になってくる。これはどちらかが弱いと特にスポークが弱いと折れの原因になったり、腰が無い車輪が出来上がってしまう。

リムもハードアルマイト処理のものは強度があり、実際のレースで穴などの衝撃にはずっと強くなってくる。

穴数は多いほど強度があるが、その分重くなるのとスポークの方が強くなったりで経験ある人に相談するのが一番良いと思う。最近の完組は穴数が少ないように思われがちだが、実際は24本くらいなので軽量に組んだ28Hとはあまり変わりが無い。

組み方は各社色々言っているがベルエキップでの組み方はいわゆる逆イタリアンでこれは経験上折れにくい組み方でもある。
今だから言えるがイタリアン組は強度は高いのだがフリーのスポーク側が折れやすく、テンションのかかっている方が折れると走行不能になるという弱点がある。
一方逆イタリアンはフリーの反対側が緩むという弱点があり、時々チェックが必要となるが大きなトラブルには発展しない。
これはスイスにチームにいた時、全てのホイールを管理していたので色々と試した結果といえる。


組み方を決めたら組んでいく。おおよそ組みあがったらテンションをかけてこの時点である程度調整する。あまり張った後だと、リムに負担がかかり、調整がしにくくなる。
その後主に縦ぶれを取ってスポークを強制的に伸ばす作業を入れる。
これをやらないホイールはスポークが伸びやすく、だんだんセンターが右に寄ってくる。いくら完成時にセンターが出ていてもアッというまに変わるから金属は延びるという事を実感する。
その後縦ふれを取り、テンションを見ながら横ぶれを取る。

エンドはテンションメータは一切使わない。
理由は
クロスしているスポークは1本テンションを上げると隣のスポークのテンションも上がってしまう。
引っ張り側は緩くしておかないとブレーキ時に折れる時がある。
リムの真円度が均一でないのでテンションを均一にしても触れが取れない。
数字は大事だが、リム、ハブによって適正な硬さが出てくる。

その後数回馴染ませて完成となる。

ホイールは乗る人の体重、足の力、走る場所などでかなり変化するが、練習用に限っていえば丈夫な固めのホイールが一番良いと思う

良いリムというのは最近少なくなった感があるが、穴に落ちても横に広がらないマヴィックのパリルーべなどは素晴らしかった。なぜこのリムが人気があったかというと、高速での安定性、穴などで落ちたときでもそのまま使える。幅が広く乗り心地が良いといったことではないだろうか。
ホイールの振れの精度で色々語る人もいるが、多少の振れはあってもスポークが均一で丈夫なら問題ないというのがエンドの考えだ。そして丈夫でメンテがしやすいことに尽きると思う。


職人技だなぁ・・・ 難しい・・・。。。

穴の開いたタイヤ記念掲載

6年目に突入したタイヤ。とうとう寿命がきたようだ。
ここまでくれば、タイヤも本望だろう。
いままで有難う。
そして 記念に掲載します。

新しく入れ替えたタイヤはこれ
Tサーブ。1.5から1.25幅への乗り換え。これで立川にも対応させます。
またとことん、使い込みます。

左斜め下 穴の開いたタイヤ(取替え前)
060624_1732~002.jpg
060624_1732~001.jpg

左斜め下 生まれ変わりました!!
060624_1841~001.jpg

スポークが折れる(@-@;

最近メカトラ続きばっか・・・続くよ トホ。
パンクは続くし、まさか今日スポークまで折れるとは・・・思いもしなかった。
行きに爽やかに多摩川ロードを走ってたら・・・
いきなりタイヤの回りが重くなって・・・おかしいな。って思った。
最初はパンクなのかな?って思って 
バイクから降りチェックしてみたらパンクではなかった。
 フレームとタイヤがきっちりと擦っており、はめなおしてみたり ブレーキを調整してみたり、なかなか何度やってもなおらない。何かおかしい。

そんな繰り返しをずっとしていたら、知らないおじ様が心配して声をかけてくれた。  原因が判明した。
スポークが1本折れてしまったのだ。。。
たった1本折れただけで バランスを崩し、ペダルがまわらない事態に。
シマノのスポーク数が少ない上に、交差してる形状なので、臨時対応もできず、押す事態になった。がく~(落胆した顔)
自宅から15kmも離れたところでだ。。勘弁。
スポークが折れてしまっては、どうにもならないよ。
声をかけてくださったおじ様は、『ロードシューズでは帰れないから、と言ってスリッパをわざわざ、買ってきて戻ってきてくださったのだ』
本当にありがとう 感謝します。(;。;

土手を歩くとさてはて、何時間かかるだろう。ランだと1時間半だけど、歩くと・・・?
そうこうしているうちに 無理矢理乗ることに決め、タイヤもまわったのでゆっくり乗った。
立川のなるしまへ行くことを決意。
ようやく着いたのに「そのサイズのスポークはないから」で終わってしまった。。。 確かに取り寄せるしかない。なければアウト
なるしまチームではないので素っ気無くされてしまった感じ。
(仕方なし・・)

また土手に戻ったが、今度はバイクに乗れない事態になった。
おれたスポークが絡んで 乗れない状態になったのだ。
仕方なくまた歩いた。
歩いていると、なんとまぁ たくさんの方が気に欠けて止まってくださった。
「どうしたの?」って。。
お互い知らなくとも、自転車という仲間意識が助けてくれるのね。と。。。ありがたいです。。。ホント。
家に帰るまでに、5人くらい声をかけてくだったのだ。
ある なるしまジャージの方は、、
「歩いてかえるにはかわいそうだから、なんとか乗れるようにはしてあげたいよな」とおっしゃっていろいろ見てくださったのだけど、
やはり工具もないし かなりフレているので、結論的にはだめだった・・・
「わざわざ足を止めさせてしまって、見ていただいてすみません」といったら「明日は我が身だからね。気にしないで」とおっしゃってくださいました。
その間、他のチームの方にもとまっていただき、
ぶらぶらにぶら下がったスポークを邪魔にならないようにしてくださったりして なんとか乗れる状態になりました。
ワイズの前まで帰路方向が一緒で付き添ってくださいました。

結論
練習用ホイールの安いのを買います。
スポークを取り寄せて 取り替えて工賃かけてやるとお金もかなりかかるのと。それに、ホイール自体も結構使い込んでいるので、完全に元にはもう戻らないとのこと。
練習用だったら安いのでいいんだし、かっちゃったほうが確かに安いと思う。 しかし、まさか折れるとはなぁ。

シマノの本数少ないのは 物はいいけど、テンションが高くかかる上に、スポッと逝ってしまうことがあるそう。
また1本逝ってしまうと、緊急対応で利かせられないとのこと。
3年もメインで使っているし、マットウした気がします。
ありがとう。ホイール。。。よくココまで頑張ってくれた。。。


よく歩いた日だったなぁ。。

【体ケア】S治療院へ

前回 5/3以来の治療院へ。
(前々回行った時に、どんな具合でどこまで改善したのかブログメモすると決めていたのにも関わらず・・・前回の記録なしでした)

○今回の症状
・上半身の張り 
富士クラ数日前の寝起きで 左背中が寝違えた様な感じになった。
 レース時、自転車乗車時は問題なかったが、数日小さな痛みがきになった ものの 2日程休養したら痛みはなくなり何の支障もなし。
 それから10日あまり変化はないが、自転車はどうも上半身を使うようで
 下半身より疲労がたまっている気がしてならない。
・下半身
 疲れに慣れてしまっているのか鈍感なのか、気にならない。
 常に張りがある感じ。疲れていれば足が重くなる。

治療結果
・足自体もだいぶ凝り固まっているとのこと。
・ふくらはぎに結構 こりかたまりがあった。
・腕の柔軟性が少ない。→あまり動かさないからかな?

あまり鍼は好きではないので、マッサージ中心で 固まっているところを鍼でとお願いした。
硬く凝り固まっているところは 鍼で治療して頂き、マッサージ中心でだんだん楽になった。
いつも不思議なのが鍼をつかうと、さしたところがすこし痒い。
痒みは短い間であっという間に収まってしまうけど。
(金属アレルギーと関係があるのかなぁ?)

みっちりやっていただき終了。



 

続きを読む

【MAP】群馬CSCルート

群馬CSC:http://www.gummacsc.com/

群馬CSC1.gif
■電車の時刻を調べるにはこちら
■高速道路状況を調べるにはこちら
■群馬サイクルスポーツセンター・アクセス地図

群馬CSC.gif

オーバートレーニング症候群

運動と疲労と休養の付き合い方って難しい。
いつのまにか がんばり過ぎて過剰な練習になっていたり、
調子がよくわからず、疲労蓄積に気づかないまま続行していたり。

これって、入社してスポーツにはまってからの ずっと私の課題でもあります。
運動を始めた当初は、まったく「疲労と運動の因果関係」なんて考えませんでした。
「やればやっただけはやくなるだろう!!」って。かんぢで。
実際、はじめたばかりのころは量と比例してどんどん早くなりました。
私にとってわかりやすかったのは マラソンで身をもって実感できた気がします。
マラソンは怪我しやすい競技であるし、体の負担も高いし、でも練習量に比例して早くなるしで。
ですが、強い練習した後は必ず休養・回復させて ステップがあがると アドバイスはいただいていたものの
経験が少なく、どれが疲労なのか、これは疲れてるのか、状態が良いのかもわからずでした

実際、ただ量をこなしているだけでは 途中で記録は停滞モード。
今度 日々の生活に強弱を加えることでステップアップ。
経験が増えると、なんとなく感覚も養われてくるんだろうなぁ。

スポーツ疲労について
http://www.geocities.jp/miyadai0403/study/hirou.htm

疲れる理由

 一般人の健康維持,増進及びスポーツ選手の競技能力向上には、運動・休養・栄養のバランスが重要になります。簡単に説明すると、これらの要素に偏りが発生した場合に、何らかの問題が発生してくるのです。一般人に多くみられるのが、栄養過多で運動量が極端に少ないことで引き起これる生活習慣病などで、スポーツ選手にはトレーニングと休養のバランスが合わないことで引き起こされる、オーバートレーニング症候群です。どちらとも各要素のバランスが崩れることが要因であり、どれが多くても少なくても問題が発生します。

スポーツ選手の場合、これらの各要素が高いレベルで保てれば良好なコンディションが維持できます。しかし、スポーツ選手は日頃から過剰なトレーニングを行っていることが多く、それに見合った休養や栄養がとられていないのが現状です。スポーツ疲労というと、単に練習のやり過ぎというイメージがありますが、それよりも練習に見合った栄養や休養をとれていないことが主な原因

オーバートレーニングによる疲労

 オーバートレーニングによる疲労は、十分な栄養と休養でも補えなくなってしまった疲労の蓄積が原因となります。これは、指導者のトレーニング強度の設定ミスや、選手自身を自ら追い込んだ練習などが原因となるでしょう。指導者の設定ミスでは、強化時期の誤りや急激な強度増加,選手の疲労度の把握ミスなどが考えられます。選手自ら引き起こしてしまう場合は、執着性性格(まじめ,熱心で凝り性,正直)であり、徹底的に取り組んでしまうパターンと、強迫性格(規律正しく良心的,責任感が強い,些細なことにこだわる)であり、目標達成のために全身全霊で取り組んでしまうという、共通した性格者に多いといわれています。

当然、改善策としてはトレーニング質量の調節が必要ですが、心理的な面のケアも重要です。とくに熱心に取り組み過ぎる選手は、*オーバートレーニング症候群になりうる恐れがありますので、指導される方は陥りやすい選手の見極めが必要です。

続きを読む

今年第1段!!ウェディングパーティに参加

 たなさん.jpg

6/17土曜日の夕方、職場友人のウェディングパーティへ参加。
場所は・・・大人の街。銀座ぴかぴか(新しい)
なんにせよ、ほとんど私には無縁の銀座である。
パーティでもない限り、私には無縁だなぁーどんっ(衝撃)
久しぶりにちょっとだけ・・・正装。
ワンピースに黒いシースルーの羽織ものをしただけだけど・・。
ここのところ週末って、ジャージ以外着てなかったような気がするし。
やっぱり 女性の白いドレス姿は最高ですねぴかぴか(新しい)
んー 女でも惚れ惚れします。

2次会のくじ引きで、51番の番号札を持っていた私が、当たりました!
羊クッションをいただき、抱えて持って帰りました。
幸せをわけていただいた気分だったわ~
贈呈シーン&挨拶しました左斜め下
z-SANY0039.jpg
おめでとーねーかわいい

富士ヒルクライム【第3回大会山岳賞-TOP50-】

なんとなく富士ヒルクライムメインページにアクセスしてみたら、今更ながら「山岳賞」の順位が記載されていた。
記録としてメモ。
そういえば、前年度とかの記録もとっておけばよかったなぁ。
まったく意識外で覚えていないや・・・。


第3回大会山岳賞-男子TOP50-第3回大会山岳賞対象区間記録 男子TOP50
(19~20kmの間1km、平均勾配7.8%)

01位 2分18秒 吉田 将宏
02位 2分24秒 栗原 博之 (ビーチ10%)
03位 2分30秒 金尾 圭悟
04位 2分32秒 花里 高宏 (シロクマカフェ)
05位 2分34秒 萩原 孝之
06位 2分37秒 永瀬 勝彬 (フルーブ)
07位 2分37秒 島田 斗志也 (チーム新江古田)
08位 2分42秒 松本 孝信 (バンディッツ)
09位 2分43秒 飯塚 力也 (甲府工業)
10位 2分46秒 鈴木 子門
11位 2分48秒 佐藤 暁佳
12位 2分48秒 篠原 泰洋 (日本体育大学)
13位 2分49秒 井上 貴道 (F+L)
14位 2分50秒 田平 岳史 (八王子自転車会)
15位 2分52秒 細木 郁生
16位 2分53秒 関根 雅 (VOICE)
17位 2分53秒 池本 幸男
18位 2分53秒 安田 直樹 (日本体育大学)
19位 2分54秒 中村 哲也
20位 2分54秒 本柳 隆志 (チームWADA)
21位 2分55秒 北山 恵一 (バイクエイト)
22位 2分57秒 影山 善明 (オンザロード)
23位 2分58秒 田原 雅裕 (チーム右京)
24位 2分59秒 清水 琢矢 (風来坊)
25位 2分59秒 斉藤 雅之 (メイドさん学科)
26位 2分59秒 川村 宏樹 (ダイハツBC)
27位 3分00秒 カコイ 大地
28位 3分01秒 高坂 希太郎
29位 3分02秒 岡田 知之 (チームWADA)
30位 3分02秒 金井田 透
31位 3分02秒 新妻 大介 (パラメシウム)
32位 3分02秒 中田 崇志 (関東RC)
33位 3分02秒 佐々木 英雄 (りんりんクラブ)
34位 3分02秒 鵜沢 祐也 (早稲田大学WC)
35位 3分03秒 八重門 融
36位 3分03秒 津上 貴洋 (慶應チームJ)
37位 3分04秒 菅間 圭介 (チームコバリン)
37位 3分04秒 清水 辰則
39位 3分04秒 米倉 達也
39位 3分04秒 小林 輝
41位 3分04秒 中屋 昌平
42位 3分05秒 関田 尚浩
43位 3分05秒 宮嶋 然
44位 3分05秒 川村 雅樹
45位 3分05秒 南波 孝之 (O2千葉支部)
45位 3分05秒 石井 道則
45位 3分05秒 松本 学 (Beach10%)
45位 3分05秒 牛丸 尚久 (あづみの)
49位 3分05秒 長渡 康幸 (サニーサイド)
50位 3分05秒 興梠 武志


第3回大会山岳賞対象区間記録 女子TOP50
19~20kmの間1km、平均勾配7.8%)

01位 2分52秒 山島 由香
02位 3分35秒 矢沢 みつみ (シーナック)
03位 3分41秒 谷戸 仁美 (吉田高校)
04位 3分42秒 高松 美代子 (マリアローザ)
05位 3分44秒 野見山 聡子 (SBTM)
06位 3分45秒 沖崎 ゆかり (BWSZ OD)
07位 3分45秒 吉永 ゆかり (なるしま)
08位 3分45秒 澤口 仁美
09位 3分48秒 安田 佳奈
10位 3分56秒 小島 由起子 (なんくるないさ)
11位 3分57秒 岡島 由香 (日本体育大学)
12位 3分58秒 藤村 祥子 (日本体育大学)
13位 3分58秒 三溝 麻起子 (ヒラコ海風)
14位 4分01秒 寺田 真理子 (ちりりんRC)
15位 4分02秒 東海 香 (FLEUVE)
16位 4分05秒 渡辺 淳美 (河口湖高校)
17位 4分06秒 佐藤 珠己
18位 4分08秒 澤口 香菜子
19位 4分12秒 田口 久美子 (VOICE)
20位 4分12秒 依田 多香子 (VLAAMS)
21位 4分13秒 菊池 香 (鰯パン)
22位 4分16秒 桑原 敦子
23位 4分16秒 横田 喜子 (日野自動車CC)
24位 4分17秒 柏原 聡子 (FITTE)
25位 4分19秒 鶴間 てる子 (サルデレラ)
26位 4分20秒 山本 由実子 (PANIOLO)
27位 4分20秒 笛田 牧子
28位 4分20秒 山口 博子 (パワーキック)
29位 4分21秒 金子 広美 (ケッタバイクス)
30位 4分21秒 下村 美紀
31位 4分22秒 古川 博美 (スーパーラビ)
31位 4分22秒 金丸 絵里
33位 4分22秒 野中 優子 (YOUCAN)
34位 4分22秒 高橋 香世 (ノッタサイクル)
35位 4分23秒 佐藤 咲子
36位 4分28秒 片山 貴子 (AMUSE)
37位 4分28秒 田代 めぐみ
38位 4分28秒 山口 日出 (鯛焼バイカーズ)
39位 4分29秒 竹内 由美子 (DASTY)
40位 4分29秒 尾上 明子 (チームヤマシゲ)
41位 4分35秒 杉山 菜登子
42位 4分36秒 宮川 直子 (芦ノ湖倶楽部)
43位 4分37秒 古家 佑実 (熱風舎)
44位 4分37秒 中村 紗智 (スズパワー)
45位 4分39秒 西谷 恵美 (セントラル用賀)
46位 4分40秒 勝山 志津 (フレンド)
47位 4分41秒 小柳 穂澄
48位 4分41秒 遠藤 亜弓 (アライ)
49位 4分42秒 畑中 美佐
50位 4分42秒 大田原 綾子 (SEMAS)


★元さんが2005年の記録を教えてくれた(ありがとうございます)
第2回 富士ヒルクライム女子山岳賞 
因みに 水3:17、とま3:21、川3:51
1 矢沢 みつみ  3:07
2 高松 美代子  3:21
3 星井 あゆか  3:22
4 永島 律子   3:35
5 桑原 敦子   3:35
6 高橋 咲子   3:36
7 勝山 日佐子  3:39
8 寺田 真理子  3:47
9 風見 節子   3:49
10 和田 慶子  3:53
11 鶴間 てる子 3:54
12 下村 美紀  3:55
13 杉山 菜登子 3:57
14 小島 由起子 4:01
15 依田 多香子 4:05
16 小林 奈美  4:07
17 竹内 由美子 4:08
18 佐藤 珠己  4:11
19 菅原 麻美  4:12
20 伊藤 美保  4:12
21 大塚 知香  4:14
22 吉永 ゆかり 4:14
23 山本 みな子 4:15
24 山本 佳苗  4:17
25 菊池 香   4:19
26 品田 幸代  4:21
27 木村 友香  4:26
28 安達 潔美  4:35
29 田代 めぐみ 4:35
30 遊佐 麻衣子 4:37
31 若林 ルミ   4:38
32 浜田 陽子 4:39
33 山口 日出 4:39
34 野中 優子 4:41
35 飯田 暢子 4:41
36 牧田 理絵 4:41
37 高橋 由紀子 4:43
38 足立 智美 4:43
39 中野 陽子 4:44
40 片岡 久子 4:44
41 水原 沙和 4:45
42 横溝 恵子 4:47
43 竹内 美香子 4:49
44 芳井 範子 4:50
45 本間 香名子 4:51
46 小柳 穂澄 4:51
47 中川 円  4:52
48 高田 典子 4:55
49 木宮 晴代 4:55
50 塩貝 真弓 4:56

仙川湯けむりの里『岩盤浴』初体験

今日は久しぶりに寄り道しました~
花のOL、ゆこぱんだの寄り道は お風呂いい気分(温泉)
場所は仙川にある「湯けむりの里」(料金もお安いですからお勧めします)

今回はそこにある「岩盤浴(低温サウナみたいなもの)」を体験。
はやりのヒーリングってやつですね目

詳細:http://yukemurinosato.com/sengawa/ganban/index.html

25分間室内が40~43度に保たれた部屋で、支給された部屋着をきて、ごろごろしているわけなんですけど、息苦しくてつらかったなぁー。
心の中で「早くおわってくれ!」
「くそーこれなら ヒルクライムレースのほうがマシだよぉ」
って まじめに思いましたです。
なにをどうしても、自分では受身だから。
自ら進んで、苦しい事態を生んでるのとちょっと違う。
そんなこんな考えているうちに、汗はダクダク。
滝のように全ての毛穴から汗が出ておりました。
低温サウナは・・・
真夏の時の、部屋の窓を閉め切った状態で(無風)ゴロゴロしている状態です。ずばり。
それにプラス、音楽が流れ・雰囲気が良い・アロマの香りが凄いです。

終わったあとは少々疲れましたが、あのけだるさ加減と眠さは、
マッサージを受けたあとのようですっきりできました。
たまにはお風呂でマッタリもいいですねいい気分(温泉)

岩盤浴とは
温められた石のベッドの上に、専用着を着た状態で寝るものです。
スールガのベッドには、北投石のほか、生効石やトルマリンなどを使用しております。これらの鉱石は、マイナスイオンや遠赤外線を多く放出しており、体の芯から温め、深い部分からの発汗を促し、体内に溶け込んだ有害物質を排出して、細胞の新陳代謝を活発にするなど、健康促進のために様々な効果があると言われています。
室内は、40~43℃位に保たれ湿度が高く、高温サウナが苦手な方でもご利用いただけます。また、当スールガではこれらの効果に加え、立体音響からのやさしい音、心安らぐ香り中で、精神のリラックス効果や心身の機能の活発化などを寝転びながら一度に体験していただける25分間のプログラムとなっております。

効能: 疲労回復、美肌効果、肩こり、腰痛、冷え性、ストレス解消

手賀沼トライアスロン大会情報(水質汚染最悪のスイム?)

昨日、陸上部の鍋さんから「手賀沼トラ」の情報をいただいた。
いろいろ情報を流してくれるのであります。鍋さん。
トラは参戦しませんけど 周囲はトライアスリートが多いですので情報展開しました。
しかしですよ、こんな近場でなぜか不評なのであります。手賀沼。
少し調査してみたところ・・・なんと 水質が悪いらしい!!ひぇぇぇー。
こんなところで開催しちゃうのぉー?
臭いところで泳いだといえば、波崎トライアスロンも・・・結構すごいです。
泳いでいて「油の匂い」が漂ってきます・・・ぅぅぅ
水質も悪く前があまり見えなかったのを記憶しています。。。

・水質情報左斜め下
http://www5a.biglobe.ne.jp/~koikek/teganuma/p2page.htm
・大会情報左斜め下
http://komai.nu/teganuma/

【手賀沼水質汚染ランク はっぴょーー】
省の湖沼ワースト 
 <手賀沼の全国レベル>
   (CODの年度平均値)
 平成9年度  1位  全国の最悪
 平成10年度 1位  全国の最悪
 平成11年度 1位  全国の最悪
 平成12年度 1位 全国の最悪

 平成13年度 2位  前年比改善
平成14年度 9位 大幅に改善
平成15年度 6位 前年比悪化
平成16年度 4位 前年比悪化

なんなんじゃー!!こりゃーー!すごいっがく~(落胆した顔)
試泳の感想(大会HPから抜粋)・・・実際に泳いでみると臭いはほとんどありませんでした。思ったよりもきれいで、トライアスロンで有名な北関東の「W・・・」や利根川下流の「I・・」よりもずっときれいです。今年は試泳の時よりも更に浄化しているはずです。8月末には通常水を落として40cmほど水位が下がるのですが、今年はトライアスロンの日まで水位を保っていただけることになっています。たくさんのトライアスロンクラブ員が泳いだのですが、もちろんおなかをこわしたり・・という人はいませんでした。
=====
ぜひ、興味がある方は参戦して、感想を聞かせてくださいかわいい

参考資料
ワースト河川:http://www.mlit.go.jp/river/kankyou/suisitu/worst.pdf
☆多摩川も一時期はワースト5にランクインしていたんですねぇ
一昔は生活排水がそのまま川に流れていてひどかったそうです。
ワースト湖沼:http://www.pref.chiba.jp/syozoku/e_suiho/8_kosyo/8_3suisitu/8_worst5.html

富士ヒルクライム【リザルト&写真集】

WEBにリザルトが発表されましたねっ。
全体的なレベルを見ることができます。
エクセルベースリザルトをアップしました左斜め下
http://yukopanda.gozaru.jp/2006Mt.%20Fuji%20Hill%20Climb/result.htm

私の場合、30分では前回では表彰台はありえないタイムなので
やはり運が良かったとしかいいようが無いです。。。
そういえば去年 富士レース終了したとき(モチベーションがレース後だけやたらあがるが)は、来年は21、22分台まで持っていけたらいいな。なんて 思い描いておりましたが・・・程遠いタイムでした!
結果はうそつかず。 
来年も(エントリー費高いけど)可能な限りは、出場しようと思います

今年度のHR
HR.JPG

カメラ画像はall sportsのHPに写真が掲載されています

続きを読む

第3回Mt.富士ヒルクライム

開催日6月11日(日)
サンサンと雨が降る中、今年もヒルクライムレースが富士山にて行われた。

<2006大会出走人数>
出走人数:3,722名
完走人数:3,645名
完走率:97.9%
※速報値のため、修正が入る可能性のある数値です

メインHP:http://fujihc.jp/
高い出場費であるにも関わらず、第3回目は満員御礼右斜め上。随分とマンモス大会になったものだ。
(ちなみに1回、2回と開催数が重ねるにつれ、景品がへぼくなってるような・・・気が・・・たらーっ(汗)

今年のレースコンディションは雨雨レースだから乗るけど 普段なら勘弁してよっというかんぢの降りでした。とはいえ、下界はまだ平和。小雨がレース開始後上り始めたら本降りじゃぁないですか。
問題なのはこんな中、下山のための準備を怠った人なんて、下山は地獄だったに違いありません。 下山の際の武装が甘かった人からは寒さによる悲鳴があちこち聞こえておりました・・・。そのくらい5合目は雨、風、霧、寒い。

レース結果から言うと
なんと、、、(運良く)表彰台に乗ることができましたわーい(嬉しい顔)
ロード35歳以下の部の3位になりました。
タイムは例年では表彰台はあがれないタイムだと思うのですが、全体がタイム落ちしたようで?ふたを開けてみたら意外な結果。タイムはどうであれ、やはり表彰されるのはとても嬉しいです。
去年と比較したところ5分30秒くらいタイム短縮しましたるんるん

仲間内で 風さん2位。スケさん5位。
ムリくんも1?2?位。みなさん快挙でした。
初ヒルクライム参戦で不安を抱えながら、だけどめげずに挑んだトリコさんも完走。素晴らしいですわーい(嬉しい顔)

それから、レースに付き添ってくださり、サポートしてくれたミノ氏には感謝!本当にありがとうかわいい
本人はレースに出場しないにも関わらず、付き添ってくれ
前日のウォーミングアップ方法、当日も色々、聞いたりして。最後までフォローしていただきました。
一番の決め手は、日ごろの練習やアドバイス、小さな積み重ねです。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
私は恵まれてるなぁー。
ぴかぴか(新しい)

<レース感想>
・前日

 昼過ぎに現地につき、ブースをあちこち見ながら買い物。
 1000円グローブを2つ、バイクパンツ バーテープを購入。
 その後、ウォーミングアップ。
 (実は)まともにアップって自転車レースでしたことが無い。 
 前日は疲れるからっ。って乗らなかったりしてた・・・。
 ミノからアドバイスをもらい、アップは必須とのこと。
 1時間ほど強弱をつけて走り、レース前日を終える。

・大会当日
 起床4時、すぐ買い込んだコンビニ弁当を食べる、下山用の衣類を再度チェック。外をみるとザンザン降り雨
 「最悪・・乗りたくないなぁ」と思う。
 この雨の降りをみて、荷物を入れなおす。
 インナー、靴下、ジャージ、分厚いバイクジャージ、バイクパンツ、全て衣類を詰め込むことにした。山頂で冷えては、最悪な事態になる
5時に宿を出発。
コンビニでカッパの下も買う。(購入して大正解だった)
6時に荷物を預け、そのままアップへ向かう。
ひとまず会場の前の道を下って上る。その程度であったが、やってよかった。とにかく一度心拍をあげておこう。
7:03に女子の部がスタート。
s-DSCF0125.jpg s-DSCF0126.jpg

スタート位置は前方の方面を取る。
スタートし、計測所まではゆっくり行くつもりだったが先頭が早い。
あっというまに先頭の一部は前にいってしまったが、私も計測所から一気に上げる。HR190超える。(今回のレース時 Ave189であった)
先頭のかたまり(数人だとはおもうが)は さくさくと前方に消えてしまったものの、今回は去年よりは踏めるので 抜かされることも無く徐々に 前にはしっていた女性を捕まえていく感じになった。
途中、トライアスリートの旧セントラルの女性を発見。
第1回、2回と連敗中だったので、今回も早いなぁ。と思いつつ、走っていたが、途中で追いつき2合目?3合目?あたりで追い抜く。
やはり、トライアスリートには負けられん!(笑)と思った次第。
ここで連敗モードはクリアされた(^。^;
結局、ほとんど前方に女性がいない状態になった。
走りながら入賞は間違いないな。と確信(笑)。
以前だと、女性の部の後にスタートした 男性軍の軍団がどんどんあらわれ抜かされていくのが落ちなのだが、今回は集団めいたものはなく、ちろちろちろちろと早い男性に抜かされる感じで終わった。
ゴール付近手前?トンネル前?、風さんに追い抜かされた。
やはりきたな オヌシ。
風さんは気づいてない模様。
ゴール手前の坂はきつかった。。。
足が回せなくなってきていた。。。。
なんとか、無事ゴール!雨はしきりに降っていた。

ゴール会場で今ー中さんに「おつかれ」と声をかけられた。
今ー中さんにはゴールの手前の坂で抜かされたかも?

ゴール後、風さん発見、挨拶言葉を交わし、そのまま着替え直行。
おかげで私はヌクヌク状態。
それでもすごく寒かったから、他の人ってやばかったんじゃないかなぁ。
下りは霧もすごくて5、6m前が見えないくらい真っ白であった。
雨のレースなんていやだけど、すごく心に刻まれた思い出になった。
(結果は出ましたら掲載予定)

◆表彰の様子
風さん表彰/ゆこぱん表彰
s-DSCF0136.jpg s-DSCF0132.jpg

◆みなさん、お疲れ様
 ミノさん、いろいろありがとう。ホント助かりました。
s-DSCF0138.jpg

富士チャレンジ200参戦検討中

富士チャレンジ200にトライしてみようかと検討している。
10月29日が開催日らしい。これは出るしかないかも!
ちょうど ツールド沖縄の2週間前で良い刺激入れになりそうだ。
ツールド沖縄は どうあがいても50㎞の部しか選択肢がない。
本当はトラ出身もあって、耐久性のほうが強いと(自分では)思っているので、
長い距離のほうが好きなのです。
50KMって・・・一体・・・。かなり短い。
(とはいえ沖縄ではのぼりで切れそうになったが・・・くだりで巻き返し)
あーあたしってのぼりに弱いのね。。。と 実感。。。
短いにせよ、レース中はきついのは変わらないけど、
苦手なスプリント勝負!ってかんぢ。おうのっぅ。がく~(落胆した顔)

富士、200㎞・・・制限時間7時間と短く完走率が半分くらいらしい。
・7時間補給なしで走るの?
・なに食べるの?
・立川の4時間エンデューロ時の走行距離はから考えると7時間って・・・げっ

トータル的に考えると これって厳しいのじゃぁんっ!

っておもったんだけど でもでもーー よーーく考えたら・・・
去年佐渡ロングで190㎞ ドラフティングなしで走ってるジャン。。。私。
それもアップダウンもあるし、我慢できずトイレにもいったし・・・で
7時間ちょいだったはず。

ってことはだよ・・・
ロードレースだからドラフティングしてokでしょ。
、食べ物も持ち歩いて(ポッケにご飯いれて)さらに
ベントボックスに食べ物つめて 走りながら食べればいけるんじゃないのぉー?
っと 思いはぢめました。

こりゃ、エントリー開始早々、登録して出てみよっかな揺れるハート

ツールド奥武蔵Photo

先月開催されましたツールド奥武蔵の写真が届きましたカメラ
http://yukopanda.seesaa.net/article/18200916.html
レース自体とても どのレースでも味わえない楽しさだったのですが、
さらに最後にリザルトとたくさんの写真。それから暖かいコメントの入った手紙まで送っていただけるとは感激いたしましたグッド(上向き矢印)
スタッフのサポートあってこそ楽しめた大会だったので、
本当にいろいろと感謝しています
 
 ぴかぴか(新しい)ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
(ピックアップして写真を掲載します)

集合写真。レース前
x-page-0012.jpg

左斜め下クリックすると拡大画像が見れます
第二ステージのパレード走行中
page-0011.jpg

レース風景
page-0002.jpgokumusa.jpg
page-0003.jpgpage-0001.jpg

残りはメインHPに掲載します
これからのシーズンにむけてまたがんばりましょう!

ツールド奥武蔵リザルト他

かわいいツールド奥武蔵リザルトのデータ版をいただくことができましたかわいい
記録は1つの練習の励みとなるので、大事にとるべし。
しっかし、皆様、ガツガツと練習されてるようなので、自分のなまぬるさを実感している今日この頃だったりします。
でも自分は自分だ!!!
自分のペースでつづけるぞぉー手(グー)

リザルトは以下をクリック左斜め下
ツールド奥武蔵集計雛型風チェック3(総合順).htm

■第1戦「日刊スポーツツール・ド・ジャパン2006」開幕、http://www.nikkansports.com/event/tour-du-japan/06/tour2006.html
この結果は本日の日刊スポーツ新聞に掲載されていました。

「日刊スポーツツール・ド・ジャパン2006」に出た人は、
下記のレースにも多数エントリーしていました。
2006年 第10回ツアー・オブ・ジャパン市民ロードレース 5/21(日) 結果
http://www.jcrc-net.jp/nikan/2006/r06nikan.html
ツールド奥武蔵と同日に行われた大会です。

来年は出てみたいわね。

第4戦J1富士見パノラマXCレースPHOTO集

ぴかぴか(新しい)スタートからレースシーンまでぴかぴか(新しい)
動画を静止画として掲載しました。(後でHPにもしておこうっと)

◆召集され、ポイント順にスタート位置に並んでいきます。
 名前が放送されピットイン。緊張・・・

1.jpg
待つ選手達
2.jpg
スタート前の様子。
3.jpg

◆選手たちが砂埃をあげて一斉にスタート。
シングルコースは最初混み合い押しになるという・・・ 

スタート.jpg
スタート2.jpg

コピー ~ スタート3.jpg

スタート直後から上りがはじまる。
SANY0015.jpg

◆サポート地点を通り過ぎ、シングルトラック→ふたたびスキー場のコースに出てきたところ。見上げるところまで選手はのぼっていく。
3周目
2周目1.jpg

2週目みの.jpg

2周回みの けんじゅ.jpg
4周目
4週目.jpg
7周目くらいの竹谷選手。
竹谷選手.jpg
今回は白石選手がダントツトップでゴールを切った。。。

<撮影コメント>
今回、レースにデジカメ動画(サンヨーMZ3)を投入してみました。
サポート兼撮影のため、どうしてもエイドポジションの周辺撮影しかできず、見所のシングルトラックやテクニカルなコースの撮影はできません。
今回も、スキー場の芝生、上り調のみの撮影をしました。
また、デジカメ動画はズームもききませんので小粒ですが、レース時のぺだりんぐやフォームを見るのには十分適しております。
今使用しているCF120MBだと4分くらいしか動画が撮れないので、次回またサポートする際までに1GBまでサイズをあげて、色々なメンバーを撮ってもいいかもしれないなーっと思った次第です。

続きを読む

第4戦J1富士見パノラマXCレース報告

第4戦の富士見パノラマでのレースサポート行ってきました。レース日6/4
土日ともに暑い天気でレース日和。選手にとっては暑すぎるかな?という天気でした。
s-SANY0018.jpg
MTBコースは本当に、ハードコースで、見ているだけでゾッっとします。
パノラマスキー場の上の方までコースがあり、急勾配とバランス感覚、テクニック、体にかかる高負荷は他の競技に比べ・本当にハードだと思います。
やってもないのに何でわかるんだって。。思うかと思いますが、
私なんて、あのバランスの悪いところちょっと走っただけで心拍180超えて、呼吸困難?!になるんですから、あれがレースだとおもうだけで気持ち悪くなりそうです。ぅぅぅぅおぇ。。
私自身、人生の中で一番ハードだったと思うレースは、ロングトライアスロン(スイム3.8km バイク190km ラン42.195km)
でもMTBのほうが、もっと苦手だなぁ。。なんか。
私的にはロングのほうがマシだろうなあぁ。
結局は好み・・かぁ。
体力勝負っていう、、技術はなんか無くても・乗りこなせてしまうからなぁ。


さて、そんな話はさておき、MTBレースを見たばかりなので興奮気味です。
あたしも何かしなくちゃ!!って気になります。
サポートできて、今度は私ものるぞ!!!ってかんぢ。
応援も大好きですが、あたし自身も動く方が大好きなので、やっぱやらなきゃね!
っということで、土日はおとなしくしていたわけでなくMTBを持参してレース会場へ行きました。
一見したら、私立派に選手みたいにみえますです(笑)
前日の試走の日は、入笠山を1本ヒルクライム。
一人だったしマイペースにあがったけど 調子はよくわからない。
あまり踏めなかったような、進めなかったような・・・?
レース当日も入笠山をヒルクライム後、レースサポートへ。
結局のところ、土日でヒルクライムを1000m→1800m頂上の山登りを2本のみやりました。 
なんだか、本当に富士で上れるのかわからんくなってきたけど、まぁいいやーっ。
楽しもう。前回よりもタイム向上でいきたいけど あんま考えてもショウガナイ
 もういまさら、遅いぞーっです。(笑)

○エリートクラスの出走はpm2:00遅い。。
 スタート前の緊張は私もなんか緊張・・・。ほんとどきどきしちゃう
 
 スタート後、砂埃を上げながらエリート集団がガガガーットのぼっていきます。
私は補給場所で待機。残念ながら補給場所はスキー場のコースしか見ることができません。裏のシングルトラックはどうなってるんだろうなぁ・・・。
トップでは格段の差をつけて走る、竹谷選手。白石選手とのバトルでした。
ずばぬけて早いです。世界が違います。
電化、K田さん、K10さん ムリくん、ミノール 着々と、なんというか知り合いがやたら同じ位置でかたまって走っているので、みていて面白い。
すぐ目の前にいるよーー。って叫びたい感じです。
知り合い密集、バトルバトル!!
みんな4周回でタイムアウト
私はミノールさんのサポート。みていて、調子よさそうに見えたよ。
スタスタと上れていたように見えた。
普段、J以外のレースだったら、どんなレースでも上位へ食い込む人たちなのに、
Jレースは厳しい。。
トップ集団の熱い塊・・・っ。どの人みても、すごい早い方たちばかりなのに、
その中で争う厳しさ・・・。
ほとんどのエリート選手がタイムアウトされていくのだ・・・。
信じられません。。。。。。
厳しい世界です。ひぃーー。。。。
見ているだけで 走っても無いが、気持ち悪くなりそう・・・。しかし懸命な姿をみれば私も力がもらえそうでやる気がでます。
みんなポイントももらえたし、まだこれからですね!!
また応援させていただきますよっ。
そして私もエネルギーに変えるのだ!!

本当にお疲れ様でした次は田沢湖ですね猫
ps画像は後ほど追加掲載します

<祝>ロードシューズを購入

は。はっ。は。。は、っ初めてロードシューズを購入しちゃいましたっ揺れるハート
よーやく、物が届いたの~っ嬉しいなっ。
履いてみたら ほんとピッタリ。いやー、こんなにフィットするなんて。
ワイド型を選択して正解でした。人影左斜め下
シューズ.jpg

ロードシューズの変わりに、いままで1ストラップのトライアスロンシューズのシマノを愛用していました。
これも履き心地は良いのですがトラ向けなので、フィット感にかけていました。足の中に少し遊びが生まれる感じです。
1ストラップのせいか固定力も低い気がします。気のせいかなぁ。
とはいえ、それほど気にならないのでトラ以外の全てのレースでも使用してました。
ちなみにトラ用としては抜群に良いとおもってます。
1ストラップはトランジションのタイムを大幅に縮め、ショートトラでは効果を発揮する1足であります
これ左斜め下左斜め下
シューズ1.jpg
こんな感じで磨り減ってる・・クランクとこすっていたのかなぁ・・?
シューズ2.jpg

ロードシューズ、大事に大事にそしてたくさん使ってあげようと思いまするんるん

続きを読む

ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。