スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草は発ガン物質7m先まで飛ぶ

気になるニュースだったので掲載(末尾参照)
私はタバコを吸わないので、ホント臭いし体に悪いし 結構迷惑なので
「歩きタバコ禁止」は大賛成です。
思うのですが、たばこの税金はもっととるべきじゃないかと思います。
他の税金ををあげると言う前に まずタバコですタバコ!
1箱500円、いや1000円とかすれば ・・・。
タバコ愛用者は減少するまちがいないです。
それに日本のタバコの税金は他の国に比べると低い国のようです。
デンマークやポルトガルのように税率を80%以上とっても いいかと思いますよ。
(参考:http://www2.health.ne.jp/library/0500/w0500078.html)
そうすれば体を壊す人たちももっと減少しますし 平和です平和。
(ついでに排気ガスも減ってくれー)
私の父親もタバコを吸いますが、やはり吸ってほしくはないですね。
健康を維持してもらうためにも。
自転車のりや、スポーツやる周辺はひとまず 本当にタバコを吸う人は珍しい感じです。

========================
路上は全面禁煙に=「発がん物質7メートル先まで」-学会が自治体に提言

 屋外での受動喫煙を防ぐため、日本禁煙学会(理事長・作田学杏林大教授)は31日の世界禁煙デーに合わせ、路上や公共施設の敷地内を全面禁煙にすべきだとの提言をまとめ、自治体などに送付した。「歩きたばこの禁止」が広がる一方で、屋外に灰皿を設置する動きもあるのを問題視。「煙やにおいは7メートル届く。直径14メートル以上の空間を確保できなければ灰皿を置くべきではない」としている。
 送付先は、東京都中央区長や佐賀県知事、静岡市長ら。銀座歩行者天国を抱える中央区など「受動喫煙の問題がある所」からピックアップした。
 提言で同学会は、屋外の受動喫煙に関する米国の専門家の論文を引用。たばこのにおいや発がん物質は無風の条件下、1人の喫煙者の周囲7メートルまで到達し、4メートル以内では目の痛みやせきなど急性の健康被害が起きるレベルに達すると指摘した。 
(時事通信) - 5月31日6時0分更新

抜粋:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060531-00000016-jij-soci
スポンサーサイト

人の縁って不思議

最近、なんだか自転車での人の縁を感じる。

本日も「いつもの練習場所の帰路中の喫茶店」で新しい出会いがあった。
自転車をメインとする女性だけのチーム。
女性2名に声をかけていただき「ぜひうちのチーム練にきてください」と声をかけていただいた。とても楽しそうに話すお二人。
チームがどうこうという縛りもなさそうで、自由に感じた。
それに女性だけというのが気兼ねなくていいかな。
男性と練習するとレベルがおっつかないので。
それを承知の上で練習してもらう形になります。
私にとってはありがたいです・・・揺れるハート
本日あった、女性2人も、壁の無い素敵なオーラを出していた。
気軽にウェルカムしてもらえそうな感じである。
荒川を主体で月1で楽しく走ってますよとのこと。
これも何かの縁ですし、同じ趣向の仲間が増えるまたきっかけかもしれません。

この世界って狭いので、あちこちの大会で同じ顔ぶれがあったりして、
実は名前は知らないけど・・おととしから毎年、挨拶するような女性もいたりします・・・。
去年も2戦くらい一緒で ロードチームに所属している女性のお二人と 会えば話をします。
めちゃはやくて ヒルクライムで毎回負けております。
はやいっ。

顔あわせて、挨拶して、会場で普通に話すんだけどナー。
いまだ・・名前すらしらないだよね。。。じつは。。。(笑)
(リザルトでわかるか・・・)

話なすようになったきっかけはおもしろいです。
第一回目の富士山ヒルクライムで、下見に友人と2人で車飛ばしていきました。
下見試走中にそのお二人と遭遇することに。
試走しているお二人をみていて、長年のローディだと察した。
まず「足つきが違う」筋肉の付き方とか。
あたしは、下見の時点で圧倒されたものだ。。。。
富士山の山頂で「下見ですか?」って話したのがきっかけ。
ただそれだけ。
富士山には必ずきてるかただから今年もくるだろう。
はやいんだよなーーーほんとっ。
でもすごく、楽しみだし目標になるかな。

雨天の稲城里山

予報通りの雨雨
わかっていたけど 降りはひどくないようだ。
五日市は取りやめ、短時間でスパッと、安全性を重視してMTBでお出かけるんるん
ロードからMTBに乗り変えるとズシッ おも~っあせあせ(飛び散る汗)
今日は初めて稲城の山のオフロードに行ってみたけど、嫌いなのによく行くよな。。と思いながら向かう。
逆に雨だからこそ、行くかって気になる。不思議と・・・
雨でロードに乗る気は起きないし・・・
一応決戦ロードバイクも兼ねて1台なので掃除も面倒だし・・・
富士見以来 ブロックつけっぱだったこともあり、短時間で効率よくいこーってかんじで行って見た。
不思議と迷わず到着。
しかし、山の中の滞在時間20分。おそるおそるで怖いと思い、歩いてしまったんで。(それもたいしたとこじゃない道だよ)
山の中は分岐が多かったが、なんかまぁ、勘でいくか勘っってかんぢで。
雨のせいか、道がヌメヌメ。。。ズルズル・・・・
こういう土みたいなところ乗るのはハジメテカモ。。
以前の富士パノの林道は、道がガレていて、ヌメヌメ道じゃなくてジャリジャリ道で石がごろついて滑る感じだったけど、、
土は土でつるーーーんって感じで
あぁ勘弁。
すぐ元の道に引き返しました。
きっとエリートライダーなら どんどんいけるのかしら?

人は誰もいませんでしたが、雨の中のライドも面白いかも。
それに、お遊びMTBなので神経使わないし、どんどん汚れたまへ!ってかんじです。
家にかえってから がんがん水で汚れをおとし、綺麗さっぱりー
オフロードはたいして走らないで逃げて帰ってきたけど
楽しかった~ハートたち(複数ハート)

電車通勤の人間観察

東京人の通勤時間は1時間以上は当たり前の世界。
私も当然ながら頻繁に電車を利用する一人である。
私の朝の通勤時間は1時間半である。
密閉されたところで、最悪な手段の1つではある
私の利用する京王線は、ひどい混み具合。人もさることながら、電車自体が本数が多く電車渋滞を起こしているのである。
ちんたら走ってはとまりの繰り返し。
山の手なんかよりたちが悪い。
ちょっと私がラッキーなのは、人が混み始める前に乗車できるので、通路の中に行ける、手すりもつかめ、ギュウギュウ地帯に入らないことが救い。
大勢が終点新宿へ向かう中、座ることは至難の技である。
がっ、あたしには戦略が<一応>ある。フフッ。
ポイントは「誰の前に立つか」である。

その1
・一番良いのは、同じ時間の電車・車両に乗ることであろう。
 「この人は○駅で降りるから この人の前に立つ」
 その名も『ストーカー戦略方法』
 本社に行き始めたころはこの方法使っていました。
 なので次の駅から座れました♪
 (今はこの方法は使えない→いつもバラバラ出勤&適当)

ここからは(私がなんとなくしているポイント)
(1) 私服の人の前にたつ
(2) 起きている人の前に立つ
(3)一番端の座席の人の前に立つ

(*これはラッシュ時は避けるべき→入り口付近で混む。だが、ラッシュを少しずらした時間だと有効)

理由
(1)学生さんが途中下車する・仕事じゃない人?スーツじゃない系は都内まで行かないケースあり。
(2)起きてる人は、次の駅で降りなきゃ。と神経ぴりぴりさせてるかも。たいてい新宿まで行く人は最後まで寝てる人が多い
(3)んー。たぶん端っこに座っている人って、始発の八王子で乗っているから、すでにこの時点で長い間乗っているので、途中でおりるかなぁ?という程度。


ひとまず(3)は 今私はやってないので別として
(1)(2)は必ずやってます。かわいい
どうだろうねぇ。効き目あるのかどうかは?
自分では効き目あるとおもっております。
でもたまによく いいタイミングで座れるのよね。
(ここに公開したら ライバルが増えるか!)
あ。でもきっとココ見る人は、、手段はバイクか。。。。(-。-;

【MAP】富士吉田近辺

富士ヒルクラに向け近辺サーチをメモ。
FUJIYOSHIDA.gif
河口湖近辺
fujiyosida.gif

☆山梨県富士北麓公園 http://www.mfi.or.jp/hokuroku/
☆山中湖情報 http://www.yamanakako.gr.jp/
(こんな立派なページあるんだーぁー)

●温泉サーチ(いく予定はないけど)
(1)山中湖平野温泉「石割の湯」
【住所】 山梨県南都留郡山中湖村平野1450
【電話番号】 0555-20-3355
【営業時間】 10時~21時
【定休日】 木曜日(7,8月は無休)
【料金】 700円
【源泉名】 山中湖平野温泉
【泉質】 アルカリ性単純泉
【泉温】 25.6℃
【湧出量】 185L/分
【 ph 】 10.0
【分析日】 平成7年1月31日

(2)山中湖温泉「紅富士の湯」
【住所】 山梨県南都留郡山中湖村山中865-776
【電話番号】 0555-20-2700
【営業時間】 10時~21時(12月~3月の土日祝 6時~21時)
【定休日】 火曜日
【料金】 700円
【源泉名】 山中湖温泉
【泉質】 アルカリ性単純泉
【泉温】 25.6℃
【湧出量】 243L/分
【ph】 9.7
【分析日】 平成8年4月17日

(3)道志温泉「道志の湯」
【住所】 山梨県南都留郡道志村道志7501
【電話番号】 0554-52-2384
【営業時間】 10時~21時
【定休日】 火曜日
【料金】 500円
【源泉名】
【泉質】 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉(含芒硝-石膏泉)
【泉温】 17.8℃
【湧出量】 35.6L/分
【ph】 8.7
【分析日】 平成3年10月24日


なるほど。山中湖と河口湖は近いわね。
でも道志道って、交通量おおいーわよねー。
交通量多いところは嫌々病になってます。
あーーー!!都内なんで最悪だー!交通規制賛成!

続きを読む

OHポラール復活!

ポラールをOHに出して待たされること約2~3週間
ようやくポラ子が戻ってきてくれた黒ハート
どーやら、2月に購入して私の使用頻度ですら14ヶ月しか電池が持たなかった。ということは他の人ならもっと短い寿命であろう。
1年後もまたOHするであろうし、参考に記録を残しておくことにする。
自分いじってミスるよりか1年に1度の3千円の出費だったら安いものかもなー。
自分でやれば電池代だけになるけど。

<症状>
PC読み取りが悪い・途中まででタイムアウトが頻繁になる
トランスミッターと時計心拍表示がされない。エラー表示が多い。

<改善方法>
レシーバー電池残量(2.75v)容量不足のため電池交換
トランスミッター(0.07v)容量不足のため交換。
トランスミッターのベルト部分ボタン穴の汚れて入るため通電不良
→ベルトのみ新品交換
スピードセンサーテスト測定はOK。

<交換物品>
電池・パッキンピス・ストラップベルト

まだ一度も付属のスピードセンサーをつけたことが無いんだよね・・
せっかくあるんだからつけてみようかな・・・あせあせ(飛び散る汗)
s-SANY0059.jpg s-SANY0060.jpg

s-SANY0061.jpg

ツールド奥武蔵レポート

今回 初めてツールド奥武蔵の模擬レースに出てきました。
結局当日の交通手段は「芦ヶ久保駅」までリンコウし、そこからスケさん車に
拾っていただきました(本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)
まぢで、拾ってもらってよかった・・・。
あー このレースを甘く見すぎていた。
なにせ第三ステージまであり全部山岳レース。
従来通り一度頂上まで自走なんてしたら、真剣モードで乗れなかったでしょう。全力を出し切るつもりで備えて出なくてはexclamation×2
(とはいえ認識不足だった私がいけないのです)
スケさんにアドバイスいただいて、便乗させていただいて大正解でした。

レース会場に付き、総勢25名の色々なチームのメンバーが集合。
見るからにみなさん、ローディ体型?引き締まってます。
最初から不安モード。
中学生の女の子が1名いて私も含め女性は2名。
一通り召集・点呼をすませ、ウォーミングアップ。
軽いギアでひとまず、のぼったり降りたりしてました。

このレースの構成は
第一ステージ:1.3kmのTT(1分置きスタート)
第二ステージ:山岳地帯34km?ヒルクライム(丸山林道?)
第三ステージ:10kmヒルクライム(正丸峠)
       第一ステージのタイム順スタート


レースレポートは私の場合、集団にはいないので集団のレース展開はみえませんでしたが、きっとデットヒートがあったのでしょうね。私の孤独な旅をレポートします(笑)

◆第一ステージ
緩やかなのぼり&平地のTT
・私は17番目スタート。こんな真剣モードで1kmのTTなんてしたことないよ造。緊張ー。
なんておもっている間に自分の番になりスタート。
率直な感想「ありゃ・・」とおもっている間に終わったかんじ。
1kmのTT経験が無く、練習でもスプリントはやらないので、
エンジンが着火する前におわっちゃった・・・。
(結果:23位) 


第二ステージ
丸山林道のコース
スタート地点までひたすら下り、スタート地点まで結構走る。
299国道でのハイペースで あたしは撃沈気味・・・
スタート前にすでにお疲れモード。
コースは34kmのコースは正丸峠の頂上まであがり また一度くだり、また上るというコース。息つく暇もないハードな道のり。
いっせいにスタートするものの、集団の男性軍に付いていけたのは入り口まででした。
その後ちぎれました。
んー あのハイペースは私にはむりだぁ。ふらふら
早速一人旅。数人周囲にはいるものの、ベーシックなヒルクライムレースっぽくなった。
最近は足より心拍があがり過ぎて辛い症状がでる。心拍が先にだめになります。
意外に頂上まですんなり来た。その後のくだりは慎重に。
前日の強風と雨で道は荒れてますし、ゆっくり下るのがベストです。
その後また急激なのぼりが続いてゴール。
最初から最後までマイペースにやりましたわーい(嬉しい顔)


◆第三ステージ
このステージは一番頑張ろうとおもったステージ。
単純にヒルクライムオンリーだし、タイム差スタートのTTだから。
私はタイムの遅い順で3番目のスタート。
目標!「誰にも抜かされたくない」(後ろから追い上げられたくない)
1分置きにスタートしていくので後ろから仕留められる可能性は大。
追われているとおもうと、さすがに気が気じゃないわ。。。あせあせ(飛び散る汗)

1番手が出走して3分後私のスタート。
あれよあれよと、前方の2人を抜かすことができた。
ダンシング、つかれたらシッティング、ダンシング、シッティング。
最初の10分は非常にペースがつかみずらく辛かった。
全力モードでいくと、心肺機能がオーバーするせいか、下腹部が痛くなる傾向にある。今回だけの話じゃなく毎回なので。(困ったものだ)
お腹の痛みだけは なんとか避けたい。辛くて棄権したい気分になる。
前半、お腹の様子をみつつ、お腹に手をあてがったりしながら上る。
息が落ち着いてきたころにお腹の痛みも治まってくる。
スタート直後、飛ばしすぎなんだろうなぁ。きっと。
ようやく落ち着いてきて痛みも消え 乗るのだけに集中できるようになった。
相変わらず心拍はやたら高いようで(たぶん)190オーバーしてそう
5km地点を過ぎたあたりで後ろを振り向くけど誰も来ない。
こりゃ、このまま誰にも食われずいけるかも!
私の目標は 誰にも食われない。これしかない!!
1分置きスタートはハンディキャップだとおもって上ればいいのだ!
 たびたび後ろを振り向きつつ、自分の出来る範囲で上る。
10kmヒルクライムは短いけど 第一、第二をやった後だし結構こたえます。
やっぱりゴール手前3km、2kmになっても後ろから誰も来ない。
やったねー!!!!右斜め上
あとチョット頑張ればいいんだぁるんるん

しかし・・・手前1kmぐらいで なにやら後方から気配が・・・
げ・・・
スススーッ。
なにか物体が通り過ぎる!

「あぁぁああ くわれたぁあっぁぁぁ」
さらにショックだったのは・・

「ミノール氏に食われたぁ・・」

冗談でしょ!!!!
私、正直いって、ミノールさんは私の10分、いやもうちょい後かな?
スタートしてるはずなんですよね!
正直、抜かされる標的としては頭の中に無かった・・・
まさか10kmTTで抜かされることは無いだろうと思っていたのです
はーっ。
抜かした正体を知った時は・・・ゲッって感じでした・・・がく~(落胆した顔)
そして私の遅さを痛感・・・
ミノール氏が早いんだけど、でもなぁ。。ハンディもらってたのにぃーどんっ(衝撃)
くやぢぃexclamation×2
この悔しさをバネに 次回の大会へぶつけて見せます。。。
なんでも、悔しさから次へつなげなくては!!!


なんにせよ、楽しかったです。
たぶん第3ステージは、第1ステージよりかは順位もあがったはずだし、
最後は私なりに頑張れた。
なんとなくヒルクライムレースの感覚が戻りました。
なにせ今シーズン初のレースだったので、すごく良かった。
突然、公式レースにでて あたふたするよりも安心感というか感覚が取り戻せた、そんな感じがします。

総合優勝はミノールさんでした。おめでとう!
(次回の富士見につなげてくださいねっ)
また毎年ハイレベルになっている大会だそうですが、
私自身、普段 競う場という状況が無いので非常に価値がありました。
刺激になったし、いろいろな頑張っている人を見て、自分のパワーにもつながるし、たくさんプラスにすることが出来ました。
そして純粋にバイクが好きな方が集結されているのもまた新鮮でしたるんるん

ぴかぴか(新しい)企画・運営してくださり、またアドバイスしてくださった・お誘いしてくださった方、ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)

続きを読む

新島トライアスロン出場者への応援メッセージ♪

とうとうきましたねー 新島トライアスロン
(見てるか分からないけど)出場される方々、日頃の成果を思う存分出してきてくださいーグッド(上向き矢印)
私は今年は行きませんけど、私にとっては思い入れの強い新島トラですexclamation
競技人生(すっごいおおげさ)の出発点!と言ってもおかしくないです。
新島がなければ・・・
 自転車も乗ってないし・・・ 普通のOL族でした。きっとるんるん
新島に魅せられた一人でございます揺れるハート

『トライアスロンなんて私には出来ない』って散々言ってたのにも関わらず、
どんどんドツボにはまって行き・・・、去年はロングにまで出た程。
『出来ない』なんてきっとありえないんでしょうねーやる気次第で。

新島トラには計4回出ました。
なつかしいなぁー
2001年 はじめてトライアスロンの競技を見る・応援(自分も来年は出てみたいと思いはじめる)
2002年 ショートトラ初デビュー(バイクはMTBで出場する・撃沈)女子19位
2003年 アイランドシリーズにて4戦参戦
     (新島トラ・大島トラ・式根アクアスロン・新島OW)
      全シリーズ入賞&ソウル旅行をゲット(全戦出る人は少ない)
2004年 更なるタイム更新を狙い、おしくも女子2位。若い子に勝てぬ。
2005年 ぎりぎりの6位入賞(バイクだけタイム更新)
2006年 不参加


振り返ると懐かしい。懐かしむって年取った証拠ってやつかなー。もしや・・・
今年は総勢30人が トラチーム「フル○○ズ」から出場されるようなので
みんなの健闘を心から祈ります。
そして、大勢の方がよい結果を残し、楽しい報告が聞けることを心待ちにしています。
離島はのどかで最高。
レースも一番の目的ですが、島で癒されて、大勢でツアー組んでわいわいやることが第一の醍醐味なのかもしれませんね。
離島の良さを楽しめるものトラならではかもしれませんねーハートたち(複数ハート)

ガンバッテ手(グー)

【MAP】埼玉県民の森

   『埼玉県民の森』
 ●情報:http://www.zenmori.org/hureai/sisetsu/11kenminnomori.html
開設期間 3月1日~11月30日
利用時間 9時~16時30分
連絡先 県民の森管理事務所
埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保字丸山北平896
TEL:0494-23-8340
FAX:0494-23-8340

最寄駅:芦ヶ久保駅
    (駅にコインロッカー有り)
 ●情報:http://www.seibu-group.co.jp/railways/unyu/ekimap/1153.html

☆☆県民の森までのルートが写真付で掲載(参考)☆☆ 
(芦ヶ久保→県民の森まで7.5km)
http://www.ne.jp/asahi/diver/hrk/bicycle/T0204G2/index.html
kenmin.gif

    

続きを読む

隠れ人気商品じゃがポックル★★★★

久々の食べネタ~
最近バイクネタばっかりでしたのでね、たまにはるんるん
それに体を動かしてたくさん食べるのが資本ってなもんよ揺れるハート食べてるとき。寝てるとき、あぁあたしって幸せーっ。ぴかぴか(新しい)
体を動かすとさらに幸せ度倍増ってなもんよっグッド(上向き矢印)

20040319021028_2.jpg
これ知ってます?北海道限定の人気商品だそうexclamation×2
その名は『じゃがポックル』左斜め下左斜め下

職場の子からおすそ分けをいただいちゃいました。
北海道土産といえば、白い恋人やら、バターサンド、メジャーなのは制覇しているんでございますが、これは初耳。
どうやら隠れたブーム?をしているらしく
ネットでひっかけたところ、ネット購入はできるけど(購入できる個数が制限されてます)
ネット販売:http://www.hokkaido-omiyage.com/shop/index.asp?sGR=7&IDNO=764
さらに。。。なかなか現地でも売り切れが多いようです。
現地で買うにせよ 一人5箱まで とか数が決まっているようですよーーーどんっ(衝撃)
ってことで稀少価値のあるお菓子をいただいたので、記念すべくブログメモすることにいたしましたー揺れるハート
今度私も北海道にいったらたくさんかっちゃおうっと黒ハート

じゃがぽっくる情報:http://www.narinari.com/Nd/2005034156.html

続きを読む

富士見パノラマへ

土日と富士見パノラマ(富士パノ→ゆこぱん風略称)にいってきました。
2回目のオフロードに少しだけ挑戦しましたが、全く乗れないのでレベルは初心者一般人以下です。ちょっとしたくだりでも体が硬直して動けません。
バイクに対して異物として受け入れていて、自分と一体化しないといけないくらいまで扱いをベテランにしなければならないね。と講師のミノ氏にいっていただきました。
また まだまだ素人領域、問題ありまくりだそうです。

今回はたいした距離も・場所も走っていないのですが、
神経を使いまくってしまい、疲労感たっぷりでした。ふらふら
オフロードに乗ったっていっても、ほんと山のふもとをウロウロと乗った程度なんですけど。。。
上半身がバランスを取ろうとして がっちがちになってしまい、上半身が疲れまくり。腕も疲れまくり。息も緊張で過呼吸状態になってしまい散々でした。
ましてや小高いところから見下ろすと ゾゾゾーとして震えが来るので強度な恐怖症に襲われます。体もガタガタ震えるので・・困ったものです。
この恐怖心、どうやったら取り除けるんだろう。体の奥からゾクゾクきちゃってどうにもならんのですよねー普通の人ならなんともおもわないところなはずですのに。。。

どうみても私は人より10倍くらい乗れません。はい。

まぁそれはそれとして、
バランス感覚の悪さを(前から分かっていたけど)痛感。
ロードでいかにバイクにズシっとすわり、バイクに頼って自分が乗っているかということが分かりました。
MTBはごまかしが全然きかないので、自分の苦手部分が丸出し・・・。
右足ついてスタートできるけど 左足ついてスタートできないとか他にもたくさん、そんな初歩的なところがジャンジャン・・・出てきて、
これでよくロード乗ってるなってかんじです。
少しずつでもいいから克服していこうとおもいます
(第三者が気づかないレベルでのステップから私の場合は始めなくてはなりませんが 私自身が少しでも出来るようになったと感じればそれで良しだし、きっと小さなことが向上すればロードへの扱い方も変わってくるであろうしるんるん
頑張って体力をつけることも大事だけど 初歩的なことを私は全部 見ないようにしていました。
小さいことを改善していくほうが 少しでも乗りなれることへの近道かもしれません。特に私は一般人以下の以下なんですから。。。

さて、そんなこんなであっという間の土日を終えました。
土曜日は雨がサンサンと降っていましたが、完全防寒具により雨にぬれることなくライドも出来たしキスマーク
なんでも工夫次第なのね。

日曜日、富士パノではアドベンチャーレースというのが開催されていました。
私は良く知らないレースだったのですが。
トライアスロンよりつらい競技があったのだと!!!
いや辛いレベルからすれば、どれもレースというのは 辛いのですが、
なんというか聞いただけで過酷っていうのかな。。。
辛いというより過酷という表現があっていそうだ。
アドベンチャーレースとは、トライアスロンの山バージョンみたいなもの。
標高差の激しいところをMTBで走ったあと、激坂、山道、をランをする。
最初コースみたとき、どうみても走るところには見えないところ、はいつくばって上りそうなところ、スタスタ走ってるのには目を疑いました。
それにスキー場コースだから勾配は、トライアスロンとは比にならないっよー
見上げる感じですよ人がのぼっていくのを。
本来ゴンドラで上るようなところランしてるんです!
あたしゃーーーすごい世界を見てしまった。
私の頭の中にはトライアスロンという世界しかなかったのだが、
こんな世界があったとは!!!!!
MTBでさえ、激坂+DHだって気が休めないのに、そのまま激ランですかっ
(思わず感情的な書き方になってしまうよー)
起伏と勾配と足場の悪さと、なんか悪条件がそろいまくっているレースがあるんですね。。。はぁ。すごい!!
これをやられる方々は皆さんすごすぎます。ははぁぁっ。あせあせ(飛び散る汗)

アドベンチャーレースにはMTBのエリートトップ集団がたくさん参加されていました。
MTBノミの部に出ていた模様!
んー 世の中って 上は上でホントきりが無いくらいいろんなことがあり、
色々な人がいるんですねっ。
自分の視野の狭さに実感してしまいました。

左斜め下帰路で飲んだ信州ビール♪フルーティでおいしかったぁ

060514_1755~001.jpg

本当にお疲れ状態になり 今回は頭痛もするし
大変なことになったけど またチャレンジしますかね

自分自身の自転車開拓

前提として自分やるべきことはやる。 これは当然なのだが(まあこれ自体もまだまだ出来てないけど)
もう少し頑張って競技に出たいという思いが最近は強くなった。

たぶん想いが強くなった1つとして、Jシリーズ戦を目の前に見て、
またそれに挑む人たちを 自分の目で見てきてるからだろう。
良い刺激になっているというか・・・なんというか。
懸命に挑む姿は心に打たれるものがある。
(もちろんトライアスロンでも、マラソンでも変わりは無い)
私にはまだ そういうったものが確立されているようで、されてないような気がする。
もちろんヒルクライムメインで少しでもタイムをあげるという目標だけでも大きく大変すぎなのだけど・・・。んーっ。
水泳出身の私にとっては ロードの世界はよくわからないのも現実。
またレースに出たくとも、なかなか仲間がいないのも現実。

そこで、自転車チーム開拓に出ることにした。
私はすでに「なんくる」に所属しているので 他チームに所属しようという意味でなく、
まず、自分が本当に「練習に出やすい環境を開拓」をすること。
なんくるチームは場所的にも遠すぎたりして なかなかむづかしいのだー
常に定期的に練習が開催され 自由に参加でき、また刺激を受けて争える場。
(1つ目処はつけたのだが・・・)
それが先決。視野をもう少し広げてみよう!
私はたぶんまだまだ視野が狭い。考え方も狭い。
その分野の仲間が出来れば 少しずつ自転車の世界が開けてくるはず。
まずは自分から開拓せねば この先は無い!と考えた。
いろいろな情報を流れ込む状況を自らつくり、、もうすこし視野を広げたい。
まずはそこからスタートしようとおもう。

続きを読む

SCHWINNのタイヤ交換

いや~っ。今日はなんと通勤MTBにブロックタイヤを履かせてみました。
060510_2229~001.jpg
ずばり、スリックタイヤ 使い続けて早、5年。
週末(もしかしたら)オフロード乗るかもしれないので変更してみました。
Schwinnを購入してから(約8万) このSchwinnにブロックタイヤが付いたのを見たのは今回で2回目。最初に見たのは購入したとき・・・それ以来です。グッド(上向き矢印)
もともと購入当初バイクには米式バルブのブロックタイヤが付いていました。スリックに替える際、米式バルブ→仏式バルブにアダプタをつけて変更。
そして・・ブロックタイヤはゴミ箱行きに・・・。
以前、シノラーからブロックタイヤのお下がりをいただいてたので、今日はそれをつけてみたわけですexclamation×2

今日は気合を入れてタイヤ交換だっ。
それもMTBタイヤなんて5年はいじってないですので。
(まるで大イベントが待ち構えてるかのように大げさです→素人)

しかし!!
いざやってみたら、すんなり出来てしまった目
確かに10分でいけるかも・・・。
(まぁ伸びきってたから入れやすかったのが一番の原因だろうけど)
(今回はタイヤの入れる向き、方向を調べたので時間がかかったけど)
MTBのタイヤってロードより入れやすいのかな?
以前、ロードの決勝用マビックホイールにタイヤ入れたときは苦戦しまくり。
ひーひー言って入れてたので、今回のMTBはパコパコ入ってしまった。。
それにロードマビックの説明書に「レバーは絶対使わないでください。手で入れてください」って注意書きあるんですよ。絶対無理!!(レバー使用した・・・)
ニュータイヤはめ込むときって・・・
練習用ホイールにはめて伸ばしてからマビックホイールにはめるのかしら?・・じゃナイト無理だよ。硬すぎ。手だけでなんてありえん・・・っ

それからもう1つ。
去年シノラーに私のMTBを貸したとき、
シノラー:「ゆこぱんのタイヤってWOだけど タイヤとチューブが一体化してるんだね。こんなタイヤ初めてみたけどすごいね。どこでかったの?
楽でいいねー。どこで買ったか教えてほしいっ」みたいいに言われてたんだけど・・・
今日、はずしてみたら・・原因判明
タイヤとチューブが外れないほど?張り付いていただけだった・・・
つまり劣化して合体してしまったようで・・・。
お店の人にきいたら「年月たつとくっついてなかなか外れませんよ」って言われました。
ってことで一体化したタイヤなんて売ってないそうです・・・。

参考【ゆこぱんの疑問】→タイヤは前後左右が決まっているのか?
【回答】→イエス 
★サイクルベースあさひからの抜粋
タイヤをはめる前に、タイヤの向きと、メーカーのロゴの位置に気を使ってください。タイヤの向きは大抵タイヤに書いてあります。タイヤのサイドに矢印が書いてある方向に回るように取り付けてください。
また向きのないタイヤもあります。パターンに方向性がありませんので、こういうときは、メーカーやモデル名のロゴがある方を右側(チェーンのついてある方)にするのが、「お約束」です。
ロゴの位置にもお約束があります。ロゴをバルブの真上にする/ロゴをバルブの真反対にする、が「お約束」です。またメーカーのロゴの対極に商品名のロゴがある場合もあります。この場合はメーカーのロゴをバルブ側にするとかしないとか、というお約束はありません。

そんな風にタイヤの向きとロゴを入れたら、まずは片方のビードを全周リムにはめます。次にチューブをタイヤに入れます。チューブは先にタイヤに入れておいてもいいのですが、これは好みです。
次に反対側のビードを入れます。スタートする場所はいつも必ずバルブのところからです。バルブ付近のチューブは肉厚になっていますので、ビードとリムにかみこまないようにくれぐれも注意してください。最後のひと入れの時には、できるだけタイヤレバーを使わないようにしてください。これはコツと慣れ(技術)です。場数をふめば、上手になります。また、ケブラービードはワイヤービードよりも入れやすいので、初心者にもオススメです。
空気を入れたら車輪を持ち上げてから回ししてください。タイヤが振れていないかチェックします。

ツールド奥武蔵エントリー

ツールド奥武蔵 エントリー完了!

グフフフ。以前からお誘いを受けていたツールド奥武蔵(手作りレース)に
ようやく参戦することになりました♪もっち練習レースです。
手作りとのことで皆でカンパしあってレース形式でやるそう。
私もなにかカンパするものが無いか早速探しておこうと思います。
身内レースらしいので 今回はサブさんのツテです。
ありがとうございます揺れるハート
きっとこの時期の高負荷練習にはもってこいです~っ。
今年はツールド八ヶ岳をパスしてしまったので、ぜひとも練習レースを組み込みたかったので。
それも大好きな奥武蔵っ揺れるハート(きついけど大自然が大好きなのです)

ってことで
ぴかぴか(新しい)ツールド奥武蔵→富士ヒルクライム→乗鞍ヒルクライム+ツールド沖縄ぴかぴか(新しい) 
と私なりに徐々に体調を上げていこうと思いますーっ手(グー)
そのほかにも。つなぎで良いレースがあったら出たいのだけど、
どんなレースがいいのか、どんなレースを組み込んだらいいのか、素人で分からないので・・・あせあせ(飛び散る汗)


第14回 ツール・ド・奥武蔵要項

開催日時 平成18年5月21日(日)
集合時刻 午前8時30~45分(受付)
集合場所 埼玉県県民の森駐車場

     参加者は受付にて氏名、ゼッケンNoを確認してゼッケン等を受け取って下さ
い。(例年通りカンパをお願いします)
ゼッケンは各自で、自転車の前三角の前部にハッキリ確認できるように取り付
けてください。
集  合 参加者ミーティングを9時より受付前で始めます。
     コース説明及びゴール位置等重要事項の打ち合わせがありますので参加者は
必ず参加して下さい。
走  行 ※第1ステージ(軽い登り1.3kmのタイムトライアル)
     9時31分ゼッケン1番より各車1分おき(参加者が多数の場合は30秒おきになる場合があります)にゼッケン順にスタート(スタート予定時刻にスタート出来な
くても計測は始めます)
※ 第2ステージ(正丸峠、刈場坂峠等を使用した約35km)
10時00分同時スタート(正丸トンネル入り口交差点まで先導が入るので追越禁止)12時00分までにゴール出来ない場合は(但しコース延長の場合は12時30分で以下30分繰下げになります)、第3ステージのスタートが出来ない場合がありますので、ご承知おきください。
※ 第3ステージ(丸山林道登りを使用した10kmのタイムトライアル)
     13時00分第1ステージ成績の逆順で各車1分おきにスタート
     (スタート地点まで集合場所から約20分掛かるので注意して下さい)
(スタート予定時刻にスタート出来なくても計測は始めます)
表 彰 式 14時30分中段の駐車場
計  算 各ステージ(1位30ポイント、以下1ポイントずつ減点)を与え、各ステージのポ
イントを合計します。
     但し、第1ステージは1ポイントに0.5、第2ステージは1.5を掛けて、合計ポイ
     ントの多い順に3名表彰します。
     シニア部門はトップの方を(総合3位までに入った場合は次点の方とします)
表彰します。
注意点  ①下り坂では十分注意して(頑張るのは登りだけ)一般車、ハイカー等との
接触及び事故等の無い様、ゆっくり走ってください。
     第2ステージは例年通り、正丸トンネル入り口交差点までは追い越し禁止です。
     故意に追い越した場合はその場で失格とします。
     第2ステージ途中が土砂崩れ復旧工事のため多少路面の荒れた区間があり
ますので決戦用の軽量リムを使用の方は十分注意をして走行して下さい。
     ②万一自転車の故障、けが等走行不能になった場合は緊急の場合をのぞ
き、その場で追い上げ車を待ってください。
     又、練習会ですので他の参加者がトラブル等の場合は協力して下さい。
     集団走行の時は出来る限り右左折、停車、障害物の合図をして下さい。
     ③スタート、ゴール地点には、食料、飲料水等自販機はありませんので必ず各
自で用意してください。
     トイレは駐車場にありますし水道はトイレにあります。
     ④この駐車場は埼玉県の許可を受け使用しています。次回も許可が取れ
るよう各自注意して、ごみ等は必ず持ち帰ってください。
又、火気厳禁ですので注意してください。
     ⑤自転車は特に検車はしませんが、各自でしっかり整備をして、忘れ物
の無い様に(特にヘルメットを)。
     ⑥途中事故等あった場合はその場で中止としますので、そのつもりで注
意して走ってください。
     ⑦最後にお楽しみ?抽選会をおこないます。景品等ありましたら当日ご
持参下さい。
それでは雨が降らないことを祈って、当日お会いしましょう。
ツール・ド・奥武蔵運営スタッフ一同

第2戦J1箱館山XC【レース】

当日のレースはエキスパートが10時半スタート エリート1時。
エキスパはマイク。エリートは電化さん、キッタさん、ミノ、むりくん4名。んががががっ みな頑張れっどんっ(衝撃)
クリスマスレース後マイク&レース前みノー左斜め下ミノー&ゆこぱん
レース前2.jpg レース前1.jpg

コンビニで最終補給食を買い込み、私はそのまま、またヒルクライム練習を兼ねて林道から現地へ向かう。選手とは頂上で合流だexclamation×2
今回は上っているとエリートメンバーがアップを兼ねて林道を走っている人が目立つ。オフロードの上り地点では無理君と会った。
私がバイクを引きずって歩いてるのを見て笑顔で挨拶。ザザザーと駆け抜けてゆく。んんーっ。なんか皆さん世界がちがうっ。
MTBのレース観戦は結構楽しい。私は毎回サポートなので、サポート地点から動けないのだが、周回タイム時間を予測して補給を渡すタイミングを考えているとレース中のサポート時間なんてあっという間に過ぎます。
ただ、他の地点(面白いテクニカルコース)で観戦が出来ないのは残念。
後からシングルトラックのコースを見に行くと 歩くのでも大変だっていうところを選手が走っているんだぁ。って びっくりします。
崖みたいなところもあるし、やっぱロードとかトラとは全く別次元です。
左斜め下チーム右京さんチームカー
レース前3.jpg

エリート軍団のスタート
猛スピードで走りぬけ、砂埃が立ち前が見えなくなるほど。去年エキスパ中心に応援していたのとは やはり 違って凄いことになってます。
あっという間に選手が遠のいてゆきます。
今回のお仲間軍団はみな周回するたびに同じ順位あたりに固まっていてみていて面白かったです。(選手は必死ですが)

左斜め下スタート後のリアルタイム画像。

スタート1.jpg

スタート2.jpg

スタート3.jpg

スタート4.jpg

スタート5.jpg

スタート6.jpg

スタート7.jpg

スタート8.jpg

スタート9.jpg

スタート10.jpg

んんっ。だーれだぁっ。
みの.jpg
あぁあんな上までコースがあったのね。拡大図。
MINO.JPG

このハードなコースを最後まで見ておりましたが、最後は竹谷選手と白石選手の一騎打ちになっていました。
みんな健闘しました 調子がどんどん上がっていきますね
そしてハイれべるな争いは見ていて自分自身への闘志にもつながった気がします。特にレース前の やはり普段とちがったぴりぴりした様子なんて、こちらまでゾクゾクします。
MTBのコースは負荷が高くて、こんなところ何周もするなんて。。。
なかなか女性人口が少ないのも納得です。-。-;昭和記念公園レースってわけにはいかんし。。(笑)
本当に今回もみんなお疲れ様ー。
次回はメカトラブルだけは避けたいですね。メカトラブルなんてくやしいぃもの!
またサポート頑張るね!
レース後のスマイル写真♪
ゴール後.jpg

続きを読む

第2戦J1箱館山XC【試走】

とうとう来ました!!この日が!!
J観戦&サポート。第1戦はすでに八幡浜で開催されましたが、私は第2戦から応援へ行くことにしました。【場所:滋賀県 箱館山】
 実は去年も行ってるので二回目の箱館山
今年は新幹線(行き:こだま=各駅)で3時間40分程かけて京都へ。
京都からさらに約1時間で近江今津駅。諏訪湖沿線を走るのでのどかな景色は心を癒されます。そんなこんなで長旅であーる。

行きのこだまはグリーン車で 広い広い。本来横に5列あるシートが4列。足も一杯に伸ばせる豪勢列車の旅っです。ふらっとごたまチケットで手配したので1ドリンクサービス。昼前から缶ビールあけちゃいましたるんるん
新幹線にはこんな感じで立てかけるのがグット手(チョキ)
s-SANY0001.jpg

現地へ付くなりすぐに選手は前日試走です。レース会場は山の上でゴンドラで選手たちはあがってきます。
私はゴンドラチケット片道800円けちって、もち、林道で山をあがってゆくわけですよ。ふぉふぉふぉ。
ゆっくり上って45分。
ろくにメンテされていない通勤MTBをキーキー異音を響かせながら上ります。
途中、猿と遭遇。目線を合わせず上っていきます。
最後はオフロードに変わってしまうので仕方なく、バイクを引きながら上るのですが(スリックタイヤなので)傾斜もそれなりにあるので つらい。ずるずるバイクと足を滑らせながら上っていきます
HAKODATE2.jpgHAKODATE3.jpg

清清しい景色ぃーるんるん
HAKODATE4.jpg
HAKODATE1.jpg

頂上手前
HAKODATE5.jpgGONDORA3.jpg

ゴンドラ乗り場地点。たくさんの選手が試走していました。
頂上からゴンドラ乗り場まで少し下るのですが、トロトロ下っていたら転倒。 はずかしー。トップライダーがさくさく走ってる中、ガシャーンッ
大丈夫?といわれる始末でした。
だって 滑ったんだもん。痛かった・・・。ふらふら
少しだけミノーのMTBを借りてコースを乗ってみました。
おそるおそるなので下の方だけですけど、ごつごつしたところを走る時点でおっかなびっくり。
でも今回のコースはテクニカルじゃないそうですので、スピードコース。
どんな展開がレースで見られるのかドキワクしました。
CHOUJOU2.jpgCHOUJOU1.jpg

試走組みと合流し、くだりはコンドラで下山しました。
宿では今年は7名。夕食はBBQ。9人中4人が応援だったのも驚きました。サポートだけでくる子も多いのね♪
ぐっすりぐっすり眠って明日の本番を待つのみです。
エリートサポート、気合入ります。

GONDORA2.jpgGONDORA1.jpg

5/4BIKE合同練in五日市

GW連休に急遽、合同で練習しようという話になり、
合宿でやる気になったそうな珍と、松茶、筋腹さん、ゆこぱんの4名で五日市ま出てライドすることになった。(5/4の話)
8:30に我が家に集合してもらい、モーニングコーヒータイムをしてから出発喫茶店
メインは現地で懸命に乗ること。
現地まではアップをかねて走り、心地よかった。
1年前くらいに珍と走った時と違い、珍が遅れずに付いてこれるようになったし、疲れた表情もみせずイキイキしている様子。
始終楽しんでいるようでした。
今回往復コースにしたせいもあって、おき楽でした。
だいぶ距離は走ったけど 集中して走ったのは2周目のみ。
今回は松茶さんも居たので良い刺激となりました。
高負荷で短期集中で気がします。
それに前回走ったときよりもペダルも回せるようになった気がするし少しは成長したのかな?
3時過ぎに山猫亭で喫茶タイム喫茶店
おいしいケーキとコーヒー そして遅いランチでおなかを満たせました♪
近いうち山猫のリンクも貼らせていただきます♪

060504_1552~001.jpg060504_1550~001.jpg
060504_1534~001.jpg060504_1357~002.jpg

続きを読む

八ヶ岳合宿バイクメンバーの紹介

今回 八ヶ岳合宿に参加したバイクメンバーをご紹介します。
(バイク写真が無い場合は他の写真を流用しました)

まずは常連メンバーから
ミノール選手。
もともとミノと合宿でもしたいね。って話をしていて
GWに日程を作って私が他のメンバーをお誘いしたのがきっかけです。
MTB選手であるが、MTB以前はロード実業団出場選手。
s-060430_03.jpg

ゆこぱん選手
まだまだコレカラ。練習好きです。
たまにみんなで乗るのもいいですね
s-060430_20.jpg

とまとま選手
ロングトライアスロンをメインとしています。
s-060430_17.jpg

松茶選手!
トライアスロンをします。3種目どれをとっても抜け目ございません。
s-060430_14.jpg

松クン選手
セクハラの王者。バイクに乗っていても彼の言葉はとまらず。
s-060430_19.jpg

川ちゃん選手
細い身のこなしはヒルクライム向き。
練習しないのに早いから悔しい限りです。(影でしてるのか?)
s-060430_01.jpg

ぬめ選手&ぬめっち彼女初参加
ぬめっち選手は、、、、山中湖ライド中に空腹に耐え切れず、
ポテトチップスをライド途中に2袋?たいらげて乗ったという伝説が。
観光も楽しんだようです。
s-060501_05.jpg

珍選手
女性常連メンバー。合宿をきっかけにまたバイクに対する意欲が戻ってきたみたい。嬉しい限り。
無理せず、周囲は周囲、自分のペースでいこう!
マイペースが一番お気楽ですぜ。
s-CIMG1359.jpg

竹のしも選手。
1年ぶりのライドらしい、だけど帰り道はサポートカーに乗らず、
最後まで乗り切って喜んでいました。水泳も初めて基礎体力が付いてきたそうです。
s-060430_29.jpg

さぶ選手
サポートカーをかって出てくれ、去年も最後尾について面倒をみてくれています。おかげでみなが安心して乗れています。ありがとうございます。
朝練習でかっとばして走っているようです。
集中して走れる人の限界時間は1時間ほどらしい。
s-060430_33.jpg

初参加バイクメンバー
金腹選手
金腹さんは食べ物に目がない方♪自転車のって4キロやせたと喜んでいましたー。(水分抜けただけでは?笑)
左の方↓
s-060430_34.jpg

先ほども紹介したぬめっちの彼女(木カワさん)
怖いもの知らずだそうですよー。お疲れ様。また乗ってくださいね。
s-060501_05.jpg

よしとみさん
初めてだとは思えません。ビンディングでもないのにグングンと。。。
麦草峠もなんなく完走。(さすがバタが27秒台の持ち主です)
特化して練習すれば れべるとして良いとこまですぐいけそうですのにね。
s-060430_16.jpg

元選手
メインはランナーです。100kmマラソンとかに出場しているのでスタミナは抜群です。また幹事サポートも徹底してる方です。
s-060430_13.jpg

HP画像を収集中です。
50KB以下までサイズ小さくしてデータいただければまとめます。

八ヶ岳合宿レポート

開催日:2006年4月29日~5月1日晴れ
2泊3日の八ヶ岳合宿第二回が無事終了しました。
今年は総勢17名で大賑わい。大所帯になったものの、こうやって皆と集まるとかけがえの無いものだと実感します。
今回は本当に色々な人の協力があってこそ大成功しました。
サポート無くしては、大変なものです。
手伝ってくれた皆さんありがとう!!
s-20060430chari.jpg

 さて八ヶ岳合宿練習メインレポートをします。
【1日目】
10時に保養所前に集合。
富士パノ・白州組方面ライド・観光の3手に別れ練習へ
私は富士パノの入笠山へヒルクライム。
半日スケジュールではベストな場所です。
まだ咳も出るし調子もいまいちなので、様子を見ながら。
マスクをすると苦しい。息もすぐ上がる・・ 
っということで下りのみマスク使用。
くだりは寒いのだが、マスクをすると普通に下るより暖かいようだ。
やはりいつ上ってもヒルクライムは辛い。結局1.5本上って終了。
一緒にいったミノールさんはヒルクライム&ダウンヒル。別練。
TOMATOMAさんは私と同じくヒルクライム練でした。

そのまま宿へ戻る。
宿は標高1400mに位置する場所なので戻るのもヒーコラ大変。
でもこの肌寒い時期だったら上り返して終わりたいので体も温まりちょうどよかった。
八ヶ岳はどこへ行ってもアップダウン。贅沢コース三昧でするんるん

18時ごろからBBQを開始する。レストラン
食材はたんまりと。たかこさん&おぎさんが手配してくださったお肉やらフルーツやら贅沢三昧
去年とは大違いの贅沢なBBQでした。
火に辺りながら囲炉裏を囲み、団欒の感じが新鮮。お酒も食事もすすむ。
出来立てのトン汁は、スパイスが効いていて。生姜が効いていてうまいぃ。
お腹いっぱい一段落した後に 
4月、5月のお誕生日お祝いイベントまであり!!
なんと4月、5月のお誕生日が7名も居ることが判明!おおいっ。
ぬめ、ぬめっち彼女、おぎさん、とまさん、たけのしもさん、よしとみさん、金ちゃん
みんなおめでとう!!!
たらふく食べた後のケーキもまた贅沢ぴかぴか(新しい)

s-bbq01.jpg

【2泊目】

朝7時起床。7時半朝食。
今回は観光組みもいるので2日目は観光する人・バイク乗る人で別れる。
ミノール氏は別練で富士パノへ。このまま解散となった。
その他バイクは全員で麦草峠へ行くことになった。
とはいえ初心者も居るので一部メンバーは上り口付近のセブンまで車で向かう。
他のメンバーは自走。
ひたすら下りまくりでふもとまで着きました。
そびえ立つ山の山頂を目指して、みなで向かう。
途中脱落はok。さぶさんがサポートカーで着いてくださったので、気が楽に望めたとは思うがやはり初心者には厳しいコース。
もっとサイクリングに特化したチームと 脱落もできる練習チームに分かれたらキツイだけのサイクリングでは終わらないような感じですね。
しかしいつかは登頂するんだ。という目標が出来れば、今回途中までのぼって棄権でも来年の目標になるかもしれません。
とはいえ 久しぶりにみんなでまとまって行くのは刺激になりました。
それに、コースもあらかじめ決まっていたことだったので みなさん動きやすかったようです。
コース計画はぜひ、来年も自主的に発案して、メンバーを募ると良いと思います。
山頂2100メートルはとても寒く、雪がこんもり道路わきにありましたが、達成感は最高でした。
それに同じペースの仲間もいたので、一人よりかがんばれたし手(チョキ)
s-060430_23.jpg
s-060430_11.jpg

【3日目】
本日は帰宅日。まともに乗れないことは分かっていたので、朝練をすることにしていた。
朝練メンバーは松茶、川ちゃん、元、ゆこぱんの4名。
みんなおきてくるとは驚いた。5時スタート。
早朝からハプニング発生。
行きは清里方面に向かいひたすら下る。
車も走っていない道路に なにか横断する動物が!!
なんと 鹿の群れです。鹿。きょえーーー。こわいっ。あせあせ(飛び散る汗)
鹿は夜になると、川べりまで降りてきてねぐらにしているらしく、早朝姿を見れるようです。
昨日も長さんが、早朝3:30に起きて散歩していたら(つーーか、はやすぎぃ。。。)
川べりに行き、鹿の群れと出くわしたそう。
30頭の鹿の群れが自分に向かって突進してきて、長さんを避けるように二つに分裂して走ってきたそうです。。げーーー。こわっ。ふらふら
聞いたときは冗談でしょう。30頭!?とか思ったんですけど、
実際 今朝道路を横切る群れをみて、ぐわぁぁっぁっぁあっぁ!!ってかんじでした。
都会っこからすると 鹿の群れ見ただけで 腰抜けそう&良い朝になりました
朝練は、まっちゃんが行きからガシガシと先に行き姿が全く見えなくなるほど。。
残り3名で話をしながら走り、35分たってから引き返しました。
帰りはなんとなく気合を入れてはしり、のぼり行程を3人で競争するような形で
走ったので 朝からヘロヘロ・・・
競い合う気持ちで練習に非常になりました。
そんなこんなで練習は幕をしめたのでございます。

帰路は小淵沢のアウトレットに寄って買い物。
うふふ。ちょーーーかわゆいワンピースを買いましたかわいい
それからシンプルな飾り気の無い白のサンダル。安いので1夏使えればいいやで購入!
たまにはワンピもきるぞーブティック

皆様 お疲れ様でした。
最高な環境。またいきたいわー

s-20060501shugou.jpg

(元さん画像を拝借いたしました)
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。