スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オリンピック】トライアスロン女子5位!

日本女子5位とは凄い。
4年前とは違い、世界レベルに追いついていた。
井出選手のもつ素材というか、競技レベルも凄いな。
でも それ以前の競技レベルの高さが物語っている。↓
http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080818-00000019-maip-spo
__________________________

▽井出樹里 メダルが欲しかった。5位は満足は出来ない。
自分の力は出し切った。これが今の自分の力。

 ◇男女通じ日本勢初の入賞…歴史作った井出

 トライアスロン女子は55人が出場し、日本勢は井出樹里(トーシンパートナーズ・チームケンズ)が5位に入り、男女を通じて日本勢初の入賞を果たした。

 井出はスイム(1.5キロ)で4位につけ、バイク(自転車、40キロ)で15位に落ちたものの、得意のラン(10キロ)で追い上げた。6歳から18歳まで競泳に打ち込んで全国高校総体出場経験があり、玉川大では陸上部に転向して全日本大学女子選抜駅伝にも出場した。大学2年の冬に飯島健二郎・元日本代表監督と出会ったことで、卒業後にトライアスロンに転向。「競技を始めて2年で五輪でメダルという目標はありえないが、運などの力を借りてメダルを取れるようにしたい」と語っていた井出。メダル獲得はならなかったが、日本のトライアスロンの歴史を塗り替えた。【来住哲司】

___________________________


井出樹里 5位(トーシンパートナーズ・チームケンズ)
庭田清美 9位(アシックス・ザバス)
上田藍 17位(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)

優勝スノーシル (オーストラリア)
2位フェルナンデス (ポルトガル)
3位モファット (オーストラリア)

続きを読む

スポンサーサイト

手賀沼トライアスロン大会情報(水質汚染最悪のスイム?)

昨日、陸上部の鍋さんから「手賀沼トラ」の情報をいただいた。
いろいろ情報を流してくれるのであります。鍋さん。
トラは参戦しませんけど 周囲はトライアスリートが多いですので情報展開しました。
しかしですよ、こんな近場でなぜか不評なのであります。手賀沼。
少し調査してみたところ・・・なんと 水質が悪いらしい!!ひぇぇぇー。
こんなところで開催しちゃうのぉー?
臭いところで泳いだといえば、波崎トライアスロンも・・・結構すごいです。
泳いでいて「油の匂い」が漂ってきます・・・ぅぅぅ
水質も悪く前があまり見えなかったのを記憶しています。。。

・水質情報左斜め下
http://www5a.biglobe.ne.jp/~koikek/teganuma/p2page.htm
・大会情報左斜め下
http://komai.nu/teganuma/

【手賀沼水質汚染ランク はっぴょーー】
省の湖沼ワースト 
 <手賀沼の全国レベル>
   (CODの年度平均値)
 平成9年度  1位  全国の最悪
 平成10年度 1位  全国の最悪
 平成11年度 1位  全国の最悪
 平成12年度 1位 全国の最悪

 平成13年度 2位  前年比改善
平成14年度 9位 大幅に改善
平成15年度 6位 前年比悪化
平成16年度 4位 前年比悪化

なんなんじゃー!!こりゃーー!すごいっがく~(落胆した顔)
試泳の感想(大会HPから抜粋)・・・実際に泳いでみると臭いはほとんどありませんでした。思ったよりもきれいで、トライアスロンで有名な北関東の「W・・・」や利根川下流の「I・・」よりもずっときれいです。今年は試泳の時よりも更に浄化しているはずです。8月末には通常水を落として40cmほど水位が下がるのですが、今年はトライアスロンの日まで水位を保っていただけることになっています。たくさんのトライアスロンクラブ員が泳いだのですが、もちろんおなかをこわしたり・・という人はいませんでした。
=====
ぜひ、興味がある方は参戦して、感想を聞かせてくださいかわいい

参考資料
ワースト河川:http://www.mlit.go.jp/river/kankyou/suisitu/worst.pdf
☆多摩川も一時期はワースト5にランクインしていたんですねぇ
一昔は生活排水がそのまま川に流れていてひどかったそうです。
ワースト湖沼:http://www.pref.chiba.jp/syozoku/e_suiho/8_kosyo/8_3suisitu/8_worst5.html

新島トライアスロン出場者への応援メッセージ♪

とうとうきましたねー 新島トライアスロン
(見てるか分からないけど)出場される方々、日頃の成果を思う存分出してきてくださいーグッド(上向き矢印)
私は今年は行きませんけど、私にとっては思い入れの強い新島トラですexclamation
競技人生(すっごいおおげさ)の出発点!と言ってもおかしくないです。
新島がなければ・・・
 自転車も乗ってないし・・・ 普通のOL族でした。きっとるんるん
新島に魅せられた一人でございます揺れるハート

『トライアスロンなんて私には出来ない』って散々言ってたのにも関わらず、
どんどんドツボにはまって行き・・・、去年はロングにまで出た程。
『出来ない』なんてきっとありえないんでしょうねーやる気次第で。

新島トラには計4回出ました。
なつかしいなぁー
2001年 はじめてトライアスロンの競技を見る・応援(自分も来年は出てみたいと思いはじめる)
2002年 ショートトラ初デビュー(バイクはMTBで出場する・撃沈)女子19位
2003年 アイランドシリーズにて4戦参戦
     (新島トラ・大島トラ・式根アクアスロン・新島OW)
      全シリーズ入賞&ソウル旅行をゲット(全戦出る人は少ない)
2004年 更なるタイム更新を狙い、おしくも女子2位。若い子に勝てぬ。
2005年 ぎりぎりの6位入賞(バイクだけタイム更新)
2006年 不参加


振り返ると懐かしい。懐かしむって年取った証拠ってやつかなー。もしや・・・
今年は総勢30人が トラチーム「フル○○ズ」から出場されるようなので
みんなの健闘を心から祈ります。
そして、大勢の方がよい結果を残し、楽しい報告が聞けることを心待ちにしています。
離島はのどかで最高。
レースも一番の目的ですが、島で癒されて、大勢でツアー組んでわいわいやることが第一の醍醐味なのかもしれませんね。
離島の良さを楽しめるものトラならではかもしれませんねーハートたち(複数ハート)

ガンバッテ手(グー)

人生初めてのトライアスロンは伊豆の修善寺

今日、CDRの整理をしていたら まぁ古い画像が出てきてビックリ。
CDRやFDに保存してしまった画像って まず見ない。
HPにすると 目にしやすい言う事が実証されました
そんな中、たまたま偶然目にした画像は、
私が「初めてトライアスロンに挑戦したアルバム」でした。
私にも初めてというときがあったのです。

私が初挑戦したのは2001年11月のケンズカップという
ショートよりも短い距離です
(場所は修善寺のサイクルスポーツセンター)
(SWIM:750m BIKE:20km RUN:5km )

今では短すぎて「絶対出ない距離」です。
あの当時、この距離に出るのも怖くて不安でした。
ロードバイクなんて持っていませんからMTBでの出場です。
それから2002年の5月に初めてショートのトライアスロンに出場。
(そのときもMTBにて出場)
2003年の5月の新島トラで 中古で譲りうけたサイズのでかいクロモリのロードで参戦。
(こうやって履歴を振り返ると 徐々に徐々に始めていることが分かります)

人生で初めてトライしたトライアスロン2001年
レース模様はこんな感じ↓
●スイムスタート 
s-IMG_0009.jpg
修善寺には室内プールがあります。
サイクルスポーツセンターは、いろんな競技が行われますね。
ロード、MTB? そしてトライアスロン。
ひたすら往復して750m泳ぎ終わったらバイクへ移動

●バイク風景
 なんていうか 格好と言い、ポジションといい 初心者
s-IMG_0010.jpg
s-IMG_0013.jpg

そのままランへ。
ランの画像は無かった。
こんなの見るとホント 懐かしくなっちゃいます。
s-IMG_0008.jpg

●リザルト
1:44:16 13:32.94~64:08~26.36 初レースで大健闘!(23歳で挑戦)

CalfmanCup2005南関東ステージレースレポート

s-start.jpgs-run1.jpg
s-goal.jpgs-bike.jpg

開催日:2006年2月12日 天候:晴れ風強い
http://yukopanda.seesaa.net/category/452049.html

「冬トレ」の一環という位置づけでデュアスロンレースに出場した。
(デュアスロン=RUN5km→BIKE30km→RUN5km)
デュアスロンレースは初の試みであり、以前から興味があってのエントリーではあったが
当日の『やる気のなさ』はひどかった。
『主とするレースではなく 練習であるという位置づけに レースに対する意識の重みが無かった』のと『1人でのレース参戦だったので面倒』という心理が働いてしまっていた。 
とはいえ、このレース代は高かったのと レースをドタキャンしたことは無いので
当然ながらレースには出向いたのである。

受付は9:00~10:00であったが、私が床を出たのは9:00であった
起きてから準備を済ませた。ペダルを換えたり衣類を揃えたり・・・
当然空気を入れる時間も無く、決勝用ホイールにもせず、アンパン1個だけ流し込み、
9:30に家を出る。(これを読むと やる気のなさに怒られそうだ・・・)
10:10にレース会場である昭和記念公園の西立川口ゲートへ到着。
10分遅れたものの、支障なく受付を済ませた。
私のスタートは11:20分。レースは1時間後。
風冷たく寒かった。
サドルの調整を目分量で済ませ、トランジションエリアへセッティング。
参加賞で渡されたお菓子をほおばり、CCDというスポーツドリンクも入っていたので
補給用ボトルにそのドリンクを入れて、残りは自分で飲んだ。
まぁ、2時間のレースだしこれで十分だろうという感じであった。

この南関東ステージのエリートクラスにはオリンピック出場者や、去年のチャンピオンも出場していた。女性も同じく
どうやらこのレースは各地区で予選・ポイントシリーズ戦・さらには海外出場代表を出しているレースのようだ。
久しぶりにこんなに強い人がいるんだなぁ。と実感できる大会だった。
最初はキッズレースがあるのだが、本当に小さい子が懸命に大会に出ている姿をみると、自分の幼少の頃とは大違いで 関心させられてしまう。
トライアスロンの英才教育なのだろうか・・・
あんな小さい足と体。ヘルメットなんてやたらでかくて、その姿がかわいらしい。
しかしバイクの取り扱いは様になっているし パワーにみなぎってる。
あの、純粋にまっしぐらなパワーは 子供の秘めた魅力だろう。。。

◆レース報告
女性のクラスはけして多い人数ではないが、11:20にスタートを切る。
私は勢いよく飛び出すものの・・・どうも体が重くてすぐスタミナが切れてしまった。
練習していないのに、楽に走れるはずもなく、苦しいけど実際「頑張れない」
力が出ないといったほうが正しいかもしれないが・・・
レース時の服装は長袖バイクジャージに、スパッツ。そしてレッグウォーマー。
しかしそのレッグウォーマーが失敗だった。
ランの衝撃で左足だけウォーマーが足首まで下がってしまった。
レース時に支障は無いのだが見た目がかっこわるい・・・素足ももから丸出し。
気にせずゴールまで走ることにした。
しかし、ランからバイクでのスタート時、会場内のレース中継アナウンスで・・・私の姿を見ながら「女性の選手ですねー。あっ。なにやら片足 足が出ていますが、これは作戦なんでしょうかねぇー」 なんて言われる始末。
「作戦なんておもしろく言ってくれるじゃないかー」と思ってしまうわーい(嬉しい顔)
バイクパートに関しても同じで いまいちしっくりこないまま30km終えてしまった。
トラはドラフティング禁止。
久しぶりに、人から離れて走る。
いつもは金魚の糞のようについて走ろう走ろうだったが・・・
速い女性の走りを目の辺りにして まだまだ下の下の位置だなと再確認できて刺激になった。
やはりランでトップ選手と5分とか遅れをとったとしても バイクでラップされたくない。頑張らねば!
出場している速い女性を見ていて、ケシテからだが細いわけではない。
むしろ重そうに見える・・・・
やはりトライアスロン特有の がっしりした体系というのだろうか・・・
だけどパワーがあって速い。このごつさは、ヒルクライムやマラソンではいない・・・
競技によってこんなにも違うものなのか・・・
重そうなのに速い・・・ 
さらに2回目のラン5kmではヘルメットしたままランパートに入ってしまい、見知らぬおじ様に「おねえちゃん、おねぇちゃん、頭!頭!」っていわれて気づく始末でした。ラスト5kmランは、ここまでくればそれほどの苦しさも無く、無難にゴール。
予測通りの結果だった。1時間45~46分でゴール
仮にバイク1時間だとしてもランが22分 トランジションが2回。予測どおりだ。。
いい結果ではないけど、この時期に練習でやたら頑張ることはしないし、なかなか追い込めないので、まず一人では出来ないことが出来、良い刺激になったことには間違いない。
結果は掲載され次第、追記します。


↓参加賞のトレーナー。なかなか物が良くてデザインも素敵でした
s-SANY0108.jpg
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。