スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月27日の誕生日☆


9月27日は誕生日でした~
(あ、あたしのですっ)


事後報告!
 何事もなくいつも通りすぎました。
育児専念ですっかり自分のことはあとまわしです
いや、毎年、特別なことはしてないけど。
今年は、ミノールさんの誕生日も私が産気づいた開始日だったし、
つづいて2日がマメちゃんの この世の誕生。
そして私。
あわただしく年とりました。。。
もう ○×歳になってしまいましたが。。。(汗)

そんな中でも おめでとう~♪ なんてメールをわざわざ打ってくれた方もいて ありがたいなぁと思っているこの頃です☆
落ち着いたら、ミノール、マメ蔵、ゆこぱんの誕生会をまとめてやりたいです~。
(でも母乳にはケーキは厳禁らしい・・・)
産前の食事内容より産後のほうがより食生活に気を使うようになることが判明。
(母乳の場合ですが)
油もの、生クリーム、乳製品、等々。。。
お乳を詰まらせるそうで、そうなると相当痛いらしく大変らしい。
(私はまだ経験ありません。からあげ食べても大丈夫だし 牛乳も好きで飲んでるけど大丈夫です)


さて、また1つ年をとった今の想いは、

自分のことではなくて

マメ蔵の 無事な健康な成長と家庭円満!

これに尽きます!!
3人で笑顔を絶やさない家庭をつくる!ってところかな~。

二人でもたのしかったけど、さらに まめ子が増えて、大変さも増えるけど、
楽しさ よろこびが ふえる!!っておもって 育児ライフを楽しみます!!

半年もたてば、おでかけもできるかな~♪楽しみです!




スポンサーサイト

出産時のビデオ観賞をしました


おはようございます。
毎日細切れ睡眠のゆこぱんです。
不思議ですが、細切れ睡眠であっても、体が そういうシステムに対応できるようになっているのが、さほど眠くはありません。まとめた睡眠というのはしばらく無縁となるのかもしれないけど、体が自動的に2時間おきとかで目が覚めます。
よく泣いて色々、アラームをあげて知らせてくれる子だけれど、
たまによく寝てくれるときがあります
(よくねるっていっても、3時間とかだけど)
ギャン泣きせず ぐずぐずして常に寝むそうにしてるときですが、
あまりミルクの間をあけるわけにはいかないので、3時間、2時間たてば せっかく寝ているのに起こして授乳したりします。
少しでも大きくなってほしいって思いもあるからね~。


昨日、ミノールさんが撮影・編集してくれた出産時のビデオをみました。
入院前~誕生に至るまでのストーリー仕立てです。
これは、当人や家族、いや、自分たちにとっては本当に貴重な内容(記録)です。

私自身は出産当日、
「苦しんでいるところとか 生々しいところはとらないで!!!」と撮影は拒否していたので、
さすがに ひーひーいってる 力んでいるところはありません
その時はミノールさんも出産のヘルプに徹していたのでビデオどころではありませんでしたし。
それでも、陣痛の合間をみて撮影してくれていました。
時間の経過と周囲や私の様子、うまれた赤ちゃんの処理の様子。
ぜーーんぶ うつっています。

私は(出産当人)は、もう それどころじゃないし、ビデオを取られていたって意識がいかないので
「あれ、こんなの撮っていたんだ?」って驚くところも多々ありました。

昨日あらためてみて、忘れかけていた出産の記憶がよみがえりました(いい意味でです)
陣痛中の悲痛な顔、、
正直、自分で自分を直視はできなかったけど(笑)
ふぅふぅ つらそうにしている 陣痛のシーンもあるのだけど、あぁつらかったよな~って 見てて目頭があつくなったぞ。
こんなおもいして産んだんだもん。。。
分娩室からの時間も長かったこと。。。。

そして、産んだ後のあかちゃんは???
 私にはわからない状況までリアルにわかりました。
産んだ後は、私自身は先生の処置にはいります。
縫ったり、胎盤だしたりとか、、結構時間かかります。
私は うまれた赤ちゃんを 看護師さんがケアしているのを横目でながめていました。
体重計にのせられたり、へその緒の処理、目薬、血液検査、あちこち手際よく看護師さんがケアします。(これはビデオをみてわかったこと)それから、髪の毛をあらってもらっていました。
今は、退院するまで沐浴はしません。
お腹の中にいたときのあかちゃんの体全体についている胎脂?は 体を保護する意味があって、洗わないところが多くなったんです。
なので沐浴指導は実践ではありませんでしたが、なくてもなんとかなっちゃうから大丈夫です!

ものすごい元気な声でふぎゃふギャーーーっと泣いています。
うまれ出てきた瞬間の泣き声は本当に大きく元気な声でした。
すべての記録を全部、おっかけて撮影してくれました(笑)
時代の流れですね。
こうやって、出産から出産後に至るまで、全部撮影できちゃうんですから(笑)

こんなシーンをみたら やっぱり思い出して泣けてきちゃいます。
この世に誕生するって凄いことだなぁ
こんなんがお腹に入っていたんだ。。。っておもうと 改めて驚かされます。

当人にとっては最高の記録です。
ぜひ、出産ビデオ、撮影することおすすめしますよ~。


バスローブ


出産してから2週間


出産という大イベントを終えてからは2週間がたちました。
もう、出産時の記憶が消えてきております。

うんだときは「もう二度とできない」って真面目に思いました。
そして人生最大の痛み?苦しみ?と思ったのは事実です。

出産前の助産士さんからの指導では「出産はフルマラソンを完走する体力が必要」といわれていました。
「フルマラソンなら大丈夫だな」っとおもってみたりして。

現実は、フルマラソンどろじゃないやんけー!!!
ふるのトライアスロンどころでもない!!!
たぶん、100キロマラソンどころでもない!!

とかおもっちゃうくらいな 感想。。。

未知な世界だったけど 未知な体験だった
だけど わすれつつある。
おそるべし。。。。

もはや、出産時は、理性をうしなっていたかも。
なきわめきや しなかったけど。。。

さすがに力む 最後のときは、声だして力んだし。。。

痛い!ってことばは 言わないようにした
(いったかもしれないけど あんま記憶ない)
だって、いったところで どうしょもないじゃん。
いって楽になる訳がない!!

いや~
おわったあと、「もうこれ二度と経験したくないわ」みたいなことは いった。。。
世の中の女性、やっぱ凄いと思います。

産前の休暇は 実はそれなりに暇~とか思っていた時期だったけど
いまとなっては重要な休みだと思います。
自分のためだけにつかえる時間だし、なにより そのあとに出産というイベントがまっていて、そのイベントのことの大きさ、私にとっては 大きいことだったので。
しかし産休にはいるときには臨月。
この臨月も不快な体になっているので、さすがに、、、自由が本当にきくってのは産休入った前半。
後半は、正直なところ動くのが億劫なほど、体が重いです。

この二週間の間には、
あとから退院したマメちゃんの退院。
それから母乳育児の大変さ。。。。
外に出る余裕はほとんどありません。
休みは 赤ちゃんにつきっきりです。
それから、自分の体調は、胎盤がまだ子宮にのこっていて、再度病院にいって、残った胎盤を取り除く処置をしてもらったりなど・・・・

出産・退院がゴールではなく、始まり なんだなぁと 感じている今日この頃です。

命名「まめちゃん」

とうとう名前が決まりました!
いや 出生届を父ちゃんに出してきてもらったよ!
これで1人口増えました。おめでとう

名前は「非公開(すみません ブログではマメちゃんのままにします)」と名付けました。
名前の候補はいくつか妊娠末期にあがっていたけど、絞られたのは最後の最後。
最後は顔をみて決めたよ~
名前決めに関しては本当に色々あったんだけど・・・それも いい思い出。
子供のことを思うからこそ 色々考えたのだし・・・
あかり という名前(音)は決まっていても漢字がとても難関でした。

キラキラネームはやだ。
アテジみたいなのはやだ。
画数の運勢は?

とかとか、もうそりゃー悩みどころ満載。
親の想いだけでなく、この名前を一生背負っていく子供のことを考えて、
彼女がいい名前をつけてもらったな~♪っていってもらえる日がくるといいな。

まめまめ をどうぞよろしくお願いいたします。

記録に残したい出産日誌!



あかりちゃん

でっかーい 、あくびです。
赤ちゃんの名前は決定しました。
明日、出生届をだします!!!!
明日記事に名前アップします~♪


絶対これだけは書こう!とおもっていること。

出産の日記。
できれば早いうちに。(もう忘れつつある)

前駆陣痛3日間と30時間の出産はドラマ!

夫の立ち会いも出来た。
陣痛からつきあってもらい、明けがた、分娩台から立会い

陣痛の波がくるたびに、おっとにテニスボールで、肛門をおさえてもらった。
私はりきむ。夫は抑える。
これを2時間繰り返す。

看護師さん助産士さんはなれたもので、うちら二人でやらせて、たまに様子を見に来る程度。

おもわず、

「これ、ミノがまさか赤ちゃん取り上げるの・・・?????」と 言ってしまう始末。。。。

そこから ようやっと促進剤を打って、最後の よくテレビドラマであるような
赤ちゃんの頭がでてくるよ〜 という流れになるまでが ながかったこと。。。。

いや〜
こんなに立会出産が共同作業になるとおもわなかった。
もはや 夫は、、、助産士かと思うほどだった。。。(笑)

そろそろか?というときに助産士さんが 付き添うようなってくれて、誘導してくれて。
今回 助産士さんに相当たすけられた。
看護師でもなく、先生でもなく 助産士さんのアドバイスが凄い!!!とおもった。。

そんな うまれるまでの記事を っかきたい!!!
ゆこぱん's baby誕生カウントダウン!
KT*info
ご訪問人数!
プロフィール

ゆこぱんだ

Author:ゆこぱんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。